passage

| LOVE | TOPIC | LOG | LINK | ME | OTHER |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    2014.07.19 Saturday ... - / -
    #距離があると人は燃える
    恋をする人の中には、片思いの時が一番幸せだったという人もいる。
    これは恋する相手とのある一定の距離があることや近づけないことにより、見なくてもいい部分を見なくていいし、知らなきゃよかったと思う部分を知らなくていいからなんじゃないかなあと思う。また目や手が届かないので、余計にその人物が謎めいていて惹かれるのではないだろうか。

    何故こんなことを書き出したかというと、
    hydeの歌詞にもそういった謎めいた人物への憧れが表現されているところがある、
    と感じたからだ。

     もう誰も手に負えない
     君が見えなくて
     けど いつも そこまで
     もう 僕は二度と帰らない


    このように「君」が「僕」が何かに覚醒し、また何かをまとっていて「私」には届かない場所にいるという歌詞がある。つまりは、hydeは(hydeだけでなく、曲が好きなファンもかもしれないが)手の届かないところにあるものや人物に対しての憧憬の感情が強いということではないだろうか。歌詞を書く人は、主に経験上のことを書く人かその人の勝手な妄想のことを書く人かのパターンに、もしくはそのミックスに分かれると思う。その中ではhydeはどちらかというと妄想上のことが多く書かれているのではないかなあと思う。そう、それが"絶対現実感"を持っていることなのではないだろうか。だからこそ、ラルクの曲には日常感があまり沸かないのではないだろうか。そんな私たちはきっと歌詞の中の「君」に恋焦がれているのだろう、だからこそ曲が好きになるんじゃないかなあと思う。

    ってなんだか話が読めない気もするけど、そう思ったのだ。
    つまり、タイトルのとおり、距離があると人は燃える、のだ。

    BGM:DRINK IT DOWN/L'Arc〜en〜Ciel
    (「君にも流れ込む」のところのhydeさんの仕草が好きだ。)
    0
      2008.04.06 Sunday ... comments(0) / trackbacks(0)
      #彩る
      「雪の足跡」を聴いていて、思ったこと。
      それは当たり前なことなのかもしれないが、冬にも様々な色が、顔があること。

        振り出した雪が辺りを染めて
        彩る冬を歩いて
        白いキャンパス落書きの路面
        二人で描くように歩いていく


      上記は歌詞の一部。
      こんなにもところどころ、"色"に関してのことが書かれている。私は冬がそんなに好きじゃないから余計分からなかったのかもしれない。(でも冬景色は好き)冬といえば、白色とか銀世界なんて大概使うので、質素な景色しか思いつかなかったのもある。けれど、この曲を聴きながら、冬の町並みを一人歩いてたら、「あ、なんか違う…」と思わされたのである。たしかにほとんど白とかモノクロ。でも時たまでる日差しでまぶしくて、鮮やかな黄色が付け加えられる。雪が日差しに反射して、きらきらと輝く。秋の枯葉の残りが落ちていたり、赤い花が寒さに負けず咲いていたり。

      ・・・こういった目に入る色だけではなく、「君」との世界や夢にも(MY HEART〜じゃん!)、自分の心模様を表すキャンパスだということで、冬景色を表しているのではないだろうか。

       澄んだ空気に心は洗われてさかのぼる

      本当歌詞のとおりなんだよね、実際。どす黒い気持ちになんてなれやしないさって感じで。冬=寒いだからこそ、冬の曲=あたためる。ほんわか優しい、けれど春のような陽気さ暖かさはない、ちょっと切ないさめた感じもある曲って感じ。そして「winter fall」もそうだけど、誰かを思う気持ちになりやすい季節なのかもしれないなあと思った。

      どうでもいいんですが、ついついこの歌は失恋することを前提に考えてしまうのだ。冬恋人だと、春当たりに分かれている可能性が高いと勝手に思い込んでしまってるんだよなあ…失礼だけど。儚い夢心地の世界、みたいな?そんな切なさが感じ取れる曲でもあるのだ、自分にとっては。

      冬景色に色を描いてきた。
      さあ、その先には鮮やかな春が待っている。

      BGM:雪の足跡/L'Arc〜en〜Ciel
      0
        2008.03.03 Monday ... comments(0) / trackbacks(0)
        #陰と陽
        +、明るい、光、陽。Pretty girl。
        −、暗い、闇、陰。砂時計。


        「砂時計」という曲は、無機質である。触ったら冷たいと感じるような曲である。


        歌詞というのは、おおよそ"陰"からなるものと"陽"からなるものに分けられると思う。悲しみや苦しみ、切なさは陰。前向きな気持ちや楽しさ嬉しさは陽。妬みだとか悩ましい気持ちはまた違うだろうが、大概はこの二つに分けれるだろう。こういう歌詞の積み重ねで曲ができているわけなので、曲もこの二つに分けれるだろう。陰のある歌詞がどれほどあっても。陰→陽へと変化すれば陽な曲になるだろう。(曲調とは別に考えるとして)また逆に陽な歌詞が散りばめられていたとしても、陽→陰という流れがあれば陰な曲といえるであろう。そんな簡単に分別するのはよくないかもしれないけれど、全体的に捉えると曲とはそういうものだ、と思う。

        ここで砂時計の歌詞を見てほしい。"陰"の要素の歌詞が、言葉が多いことは誰からも納得できうるのではないだろうか。しかも「悲」「偽」「残酷」「けど」などといった直接的"陰"用語も数回にわたり使用されている。さらに流れは、陽→陰 陽→陰→陰といった"陰"な流れ。また語尾が「〜ね」だとか「〜さ」という語り口調である。これは親近感のありそうな気もするが、実は真逆で、他人じみていて見えない隔たりがあるような感じがする。まるでもう諦めてる人の口調のようだ。このようなことから、無機質で繊細でひどく冷たい曲なんじゃないかなあと思うのだ。

        誰にも止めることのできない砂時計。天地をひっくり返し続けているからどちらが天で、どちらが地なのか分からなくなったのだろうか。そして、天地を定める「神の裁き」を待ち続けているのかもしれない。

         *

        またハー火長野レポより引用】
        (簡単すぎる絵で申し訳ないが・・・汗)
        砂時計
        hydeだけに緑のライトが、はじめ上から細い円錐のようにあたっているんだが歌うにつれ、その円錐の円が広がって大きな円錐になっていく。まるでクリスマスツリーのように。・・・でも今考えたら、あれはまさに"砂時計"の砂の落ちていく様子をライトで表現していたのかもしれない。そしてサビに近づくにつれ、さらに円は円錐は大きく太くなり、サビの頂点では観客席に緑の光線が降り注ぐ。そしてまた細長い円錐に戻る、の繰り返し。


        このLIVEの時のライト演出にものすごく感動したのを今でも覚えている。fateのLIVE版演出みたいにレーザー光線が印象的で、曲にあってたのだ。

        tetsuさんってhydeの歌詞に(も)憧れてるよね、なんかそういう風に歌詞から読み取れるんだが。だけどやっぱhydeとは違うなあと思う。同じor似たような言葉が繰り返されてるあたりがtetsuさんだなあって思う。だけど、サビ前の英詞はtetsuさんすげえな!って褒めたくなる。(余計なお世話)あと、この曲は冷たいとか散々書いたが、大好きなのであしからず。

        BGM:砂時計/L'Arc〜en〜Ciel
        0
          2007.12.07 Friday ... comments(0) / trackbacks(0)
          #いやらしくないエロさ
          足を広げて のぞく景色 を
          足を広げて もがく景色 だと勘違いしてた・・・ごめんよ、kenちゃん。もがくって・・・もがくって、
          どんだけやらしくさせたいんだよ、お前!みたいなね。

          でも実際「Pretty girl」は、想像いや妄想するとエッチい曲なんじゃないかな、「Lover Boy」然り。「Lover Boy」の時はもうマシューが言うように子宮にキューゥとくるアダルディな雰囲気があったけれど、「Pretty Girl」はイェーイ!大好きだゼ!的なねっとりした危ない世界に入っていかなければならないオーラがなくて、楽しんだもん聴いたもん勝ちなところがある。hydeは声が野太くなってて男性的な部分大きく表れてるし、それとは逆にユッキーのドラムはノリの良い軽さ。そこに根元でぶよぶよんと動くベースに楽しいぜ音楽というにゃんにゃん声の特徴的なkenちゃんのコーラスにギター。LIVEことやその時の映像を思い出すせいもあるだろうけど、夏の花火のような曲。光がまばやくて掴んでみたいんだけど、いつまでも手に入れることができないみたいな。

           ないものねだりじゃきりがない あるものばかりじゃつまらない

          この言葉に限るというか、まさにその通り!とうんうん頷き納得してしまう歌詞。kenちゃんは頭がきれてるよなあ。パッと閃いたら誰でも脳の回転が速くなるんだろうけど、kenちゃんは人の倍回転が速くなるんじゃないかなあ。ちょっと脳内メーカーじゃないが実際に脳内どうなってるか見てみたいもんだ。っていうか上記の歌詞はまんまkenちゃん自身でもあるなあ(笑)。飽きっぽいからこそ出てくる言葉なのかもね。でも自分にも、世のほとんどの人に当てはまる言葉、しかも難しい言葉じゃなくてありきたりなものをうまい流れで表現してるんですごいなあと思う。ハッとさせられた、歌詞だ。

          あと関係ないけど、「Lover Boy」にもDon't be shy!という歌詞あるんだよね。照れるなって相当言いたいんだね、kenちゃん。そうだよね、こんな思い切った歌詞書いたのに皆照れてたら嫌だよね。

          BGM:Pretty girl/L'Arc〜en〜Ciel
          0
            2007.11.30 Friday ... comments(0) / trackbacks(0)
            #Feeling Fine[words:hyde music:ken]
            Smile
            Smile

            ここに書いてる歌詞解釈はあくまでもウチ・春菜の思考であり、
            歌詞を書いたhyde氏の意味するものとは異なるところも多々あると思われます。
            また人によって解釈の仕方も様々だと思いますのでウチのもその一つの例だと思ってくだされば幸いです。
            というか嬉しいです。笑
            歌詞については著作権はもちろんL'Arc〜en〜Cielにあります。
            歌詞解釈するにあたって、やむを得ず一部を「引用」という範囲でのせています。
            「転載」は不可能なので、お持ちの歌詞カードなどを見て読まれることをお勧めします。

            それでは上記のことを理解なされた方はどうぞ。
            続きを読む >>
            0
              2007.05.22 Tuesday ... comments(0) / trackbacks(0)
              #『FAITH』その3
              FAITH(初回生産限定盤)(DVD付)
              FAITH(初回生産限定盤)(DVD付)
              ここに書いてる歌詞解釈およば感想はあくまでもウチ?春菜の思考であり、歌詞を書いたHYDE氏の意味するものとは異なるところも多々あると思われます。また人によって解釈の仕方も様々だと思いますのでウチのもその一つの例だと思ってくだされば幸いです。(笑)歌詞については著作権はもちろんHYDEにあります。歌詞解釈するにあたって、やむを得ず一部を「引用」という範囲で載せています。「転載」は不可能なので、お持ちの歌詞カードなどを見て読まれることをお勧めします。

              それでは上記のことを理解なされた方はどうぞ。
              続きを読む >>
              0
                2006.10.09 Monday ... comments(0) / trackbacks(0)
                #『FAITH』その2
                FAITH(初回生産限定盤)(DVD付)
                FAITH(初回生産限定盤)(DVD付)
                ここに書いてる歌詞解釈およば感想はあくまでもウチ・春菜の思考であり、歌詞を書いたHYDE氏の意味するものとは異なるところも多々あると思われます。また人によって解釈の仕方も様々だと思いますのでウチのもその一つの例だと思ってくだされば幸いです。(笑)歌詞については著作権はもちろんHYDEにあります。歌詞解釈するにあたって、やむを得ず一部を「引用」という範囲で載せています。「転載」は不可能なので、お持ちの歌詞カードなどを見て読まれることをお勧めします。

                それでは上記のことを理解なされた方はどうぞ。
                続きを読む >>
                0
                  2006.05.06 Saturday ... comments(0) / trackbacks(0)
                  #『FAITH』その1
                  FAITH(初回生産限定盤)(DVD付)
                  FAITH(初回生産限定盤)(DVD付)
                  ここに書いてる歌詞解釈およば感想はあくまでもウチ・春菜の思考であり、歌詞を書いたHYDE氏の意味するものとは異なるところも多々あると思われます。また人によって解釈の仕方も様々だと思いますのでウチのもその一つの例だと思ってくだされば幸いです。(笑)歌詞については著作権はもちろんHYDEにあります。歌詞解釈するにあたって、やむを得ず一部を「引用」という範囲で載せています。「転載」は不可能なので、お持ちの歌詞カードなどを見て読まれることをお勧めします。

                  それでは上記のことを理解なされた方はどうぞ。
                  続きを読む >>
                  0
                    2006.04.29 Saturday ... comments(0) / trackbacks(0)
                    #Lover Boy[words&music:ken]
                    Smile
                    Smile

                    ここに書いてる歌詞解釈はあくまでもウチ・春菜の思考であり、
                    歌詞を書いたhyde氏の意味するものとは異なるところも多々あると思われます。
                    また人によって解釈の仕方も様々だと思いますので
                    ウチのもその一つの例だと思ってくだされば幸いです。というか嬉しいです。笑
                    歌詞については著作権はもちろんL'Arc〜en〜Cielにあります。
                    歌詞解釈するにあたって、やむを得ず一部を「引用」という範囲でのせています。
                    「転載」は不可能なので、お持ちの歌詞カードなどを見て読まれることをお勧めします。
                    ※アダルティーな表現が含まれてますので嫌いな方は読まないで下さい。

                    それでは上記のことを理解なされた方はどうぞ。
                    続きを読む >>
                    0
                      2005.03.19 Saturday ... comments(2) / trackbacks(1)
                      #ブラックデー
                      今日がブラックデーだと思ってたら、ヤフーで検索してみたら違うかもしれん…
                      まあ皆も検索してみてくだはれ。
                      ウチは
                      "バレンタインデーの次の日がブラックデーで嫌いな人にチョコをあげる日"
                      って確か昔ラジアンで聞いた気がするんだけどなぁ。
                      なんか検索してちっらと見てきたら、どうやら4月14日がブラックデーらしい。
                      チョコをあげたりするんじゃなくて「黒いチャジャンミョンを食べる」らしい。
                      韓国で生まれた記念日だそうだ、うん、どうでもいい(笑)
                      でも確かにラジアンで上記であげたウチ的ブラックデー言ってた気がするんだけど…
                      たぶん10時台の時のラジアンで言ってたはず。
                      そしてユッキーは確かホワイトチョコが苦手、いや嫌いだって言ってたはず。
                      そうそう昨日のラジアンのあるか・ないかクイズはhydeさんだったわけですが、
                      GYO座餃子って…餃子がそんなに食べたかったのか、単におなかが空いてたのか。
                      そうとう餃子が美味しくて人気のお店に注文したんだろうな。
                      これでもうラルクのメンバー出る雰囲気なさげだったなぁ…tetsuさんの低音ボイス…
                      オレンジレンジが何かするみたいだけど聴いてる自信がないな、寝そう…(おい)
                      最近さらに"おれんじれんじ"でここに来る人多いから怖っ!
                      "オレンジレンジ"じゃなくて平仮名で書くのがミソらしい、アクセスupしたい人は。笑
                      というか昨日バレンタインデーってことよりもCDでーた発売日じゃんって思った。
                      つうことで今日買ってきた…ぎりぎり500円財布に入ってて助かった…;
                      先月のラルク表紙のやつ、最近ちらっと写真とか見て流れ読みしただけなんで
                      日記とかに何も書いてなかったんすけど、
                      インタビューとかはもうほっといて(殴)テッツプレスについて書きたいと思う。
                      先月は『不思議の国のアリスのSM的なトレーナー』
                      今月は『ムキンポが目立ってるミッキーマウスのトレーナー』
                      どっちもメタルバーガーの商品だそうだが…いやもうなんて突っ込めばいいか分からん。
                      んでも先月の不思議の国のアリスの見た時は、

                      そんなにサドだってことアピールしたいんかい!!

                      って思ったましたさ。
                      ま、今回のそのムキンポミッキー(略すな)もtetsuさんらしさに溢れてるな。
                      来月もこういうシリーズのトレーナーだったら面白いのに・・・
                      あとは「今度引っ越したら買おう」発言がやたらと多いのは何故だ?何故なんだ?
                      もう更新貧乏なのは分かったから!
                      Mac miniは良いなぁとウチも思う、というかMacは機能はどうかしらんがデザイン好き。
                      えー使ってないスピーカーが沢山あるなら分けてください。(こら)
                      加湿器をコイツ呼ばわり(別に意味はない)…うるさくてキレてる姿が目に浮かぶ…
                      タクミだよ、サドなところとかサドなところとかサ・・・略

                      今日とっても良い雑誌を見つけて思わずCDでーたぎりぎりのお金なのに
                      その雑誌もレジに持っていく勢いだった。
                      あ!この前違う本屋でも欲しい雑誌を見つけたんやった…買える可能性低し。
                      今日見つけたのは『snolo』っていう雑誌で
                      ミュージシャンとか芸能人が写真家とかスタイリストとコラボみたいなのした
                      写真を扱った雑誌で、外面から見ればちょっとした写真集ってぐらいな感じだった。
                      ああ、栗山千明も載ってました。
                      あとミュージシャンらしき人(失礼)の
                      スタイリストにチャコさん=荒木尚子さんの名が載ってて思わず反応してしまった。
                      こういうちょっとした発見は嬉しい。
                      で、この間発見して欲しかった雑誌が『snoozer』
                      これは公式サイトに小さい写真でちらっと載ってるんやけど表紙チバだんだったんだよ!
                      表紙見た瞬間惚れた、すっごいかっこよかったんでニヤニヤしちまった。
                      本当これはお金さえあれば即買いしてたこと間違いないぐらいに写真良かった。
                      ベストチバさんってぐらいの髪の長さになってたし!ほんまかっこよろし!!

                      ん…なんか書きたいこと沢山あるのに今テンション下がってきてるな…
                      頭の機能停止寸前…おいおい
                      今すっごく久しぶりに『DUNE』を聴いております、何ヶ月ぶりやろう。汗
                      で夜は『REAL』を聴きつつ寝てます。
                      (CD聴かないようにしてるんじゃなかったけ?っていうツッコミはせんといて)
                      『REAL』のあの破壊衝動的でイかれた感じがすっごく好きでたまらんたまらん。
                      んで"bravery"って曲を病気的に半端なくよく聴くんだが
                      あの曲は一番歌詞解釈したくて一番歌詞解釈したくない厄介な曲だなと思った。
                      え、矛盾してる?いやほんまにそうやから。
                      他にもそういう曲はあるのだろうけど、考えれば考えるほど違う考えが出てくるというか。
                      まとめれねーってやつですよ。
                      いや別に今そんな力入れて歌詞解釈しようとしてるわけじゃないんだけど、
                      なんか聴いてたら色々考えてしまうんだろうね、あの曲は特に。
                      んで今現在携帯のメモに書いてたもの載せておこうと思う、なんとなく。笑
                      深い曲だよ、あれは。
                      なんていうか。こうやって聴きながらちらっとメモ取るのも稀な感じがする。
                      にしても"予感"が好きかもしれない。

                       君達が見てるのは本当の僕らじゃないんだ。
                       作られたものなんだ。
                       勝手に理想像作りあげて僕たちに夢を抱かないでくれ。
                       昔なんかに戻れはしないのさ。
                       言葉だけじゃ僕たちの気持ちなんか分からないだろうけど。
                       思い出を美化して作り話を作らないでくれ。
                       人間なんだ僕たちも。
                       悲しみ怒り喜び生きているんだから。
                       僕たちのことを分かりきったように何でもいわないでくれ。

                       braveryが悲しく感じるのは
                       tetsuさんのコラースがすごい切ない声だからだと思う。
                       あとhydeの声も何か違う。
                       落ち着いた感じ?優しいとかではない。


                      0
                        2005.02.15 Tuesday ... comments(0) / trackbacks(0)
                        | 1/2 | >>