passage

| LOVE | TOPIC | LOG | LINK | ME | OTHER |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    2014.07.19 Saturday ... - / -
    #7月5日(土) Kiramune Fan Meeting in NIGATA 夜の部
    JUGEMテーマ:声優全般
    ※当然のごとくネタバレもろあります。
      そして、相当の記憶違い(だいたいのニュアンスで書いてる)や酷く痛々しい妄想的な部分(主に神谷さんに対し)が多々ありますので、苦手な方やそれでも読む方は超ご注意を!!
     申し訳ありませんが、読んでからの苦情は受付ません。ごめんなさい!!



    新潟ファンミパネル

    【7月5日(土) Kiramune Fan Meeting in NIGATA (夜の部) @ りゅーとぴあ新潟市民芸術館 劇場】
     <出演メンバー:岩田光央[CONNECT]・鈴村健一[CONNECT] ・神谷浩史柿原徹也江口拓也[Triganal]>


    一度は体験してみたかった、キラミューンのファンミーティング。

    (ちなみにKiramuneとは、男性声優さんが所属する主に音楽活動などを行うレーベルのことです。ファンミーティングというのは、そのレーベルに所属するメンバーさんがトークやライブしてくれる会のことです。
     さらにただいまKiramuneに所属しているメンバーは、CONEECT(岩田光央鈴村健一)・入野自由神谷浩史浪川大輔柿原徹也・(KAmiYU(神谷さんと自由君のユニット))・岡本信彦Trignal(江口拓也木村良平代永翼)・吉野祐行、です。
     だいたいその声優さんのあだ名というか呼び名はあるんですけど、私は順に、みっちゃん・鈴・自由君・神谷さん・浪川・カッキー・ノブちん・えぐー・きむりょー・よなが・よっぴー、ってだいたい呼んでいます。)

    今年はキラミューンが5周年っていうことで、全国5か所での開催があると発表され、その第二弾として新潟がありました。発表時に、「新潟!!?近いような遠い…でも新潟なら、沖縄や札幌より断然行けるんじゃないか!!?」っていう思いと、出演者メンバーを見た時点で、「あっ…これは是非是非行かなければ…!!」という使命感にかられ、応募しました。

    が、キャパ数の少ないところでの人気声優さん達の集まりとなると、もちろんチケット取りもそうそう上手くいくものではなく、すごーーーく高倍率なんです。」
    恐ろしいほどに…恐ろしいほどに…(大事なことなのでry)
    そんな中での当落結果発表の日は、もう心臓がどきどきばくばくもので大変でした…!
    しかもチラっと覗いたTwitter上ではなんという落選祭り!!??
    で、自分にも当落結果メールが来て、開いた瞬間に、一瞬目を疑いたくなりました。


    チケットがご用意できました


    だと!?!?
    うひゃああああああああああああ。当選したーーー!!やったーーーー!!!!やったよお母さん!!!泣
    そんなわけで、無事行けることになり、すっごく嬉しかったです。
    あー、あと今回の当選は実際はどうか分かりませんが、私が新潟の隣県に住んでいたこともあるのか、と。そうじゃないと、こんなあっさり当選なんてできるはずないんや…と思います。
    しかも福岡の時にあった公式の二次先行はなく、残りは一般発売のみで瞬殺でしたからねえ…ひええ;
    と行けることになった経緯はこれくらいにして。
    いざ当日のお話を。


    行きのバス内で、すでに早朝からグッズ物販のために並んでる人が多くいることを知りびっくり!
    きっと主に缶バッジ目当ての方々なのだろうけど、それでもなんかすごいなあと。限定品らしい限定品はそれだけだし、事後通販も(限定品以外)きっとあることだろうし。声優ヲタを最近やってて、バンドのライブよりも何か違う恐ろしさを知ったような気がします。(世界は広いんだなー)

    その後、新潟に到着し、まずは少しでも荷物を減らすためにホテルへ向かう。
    っていうかね、っていうかね、地元とか昨日まで雨だったので天候を心配していたところ、すっごい晴天でしかも30℃もあるという暑さに、これまたびっくり!

    さすがビバ晴れ男神谷さん!!
    こんな日にハレはじ(「ハレのち始まりの日」の略)とか歌われたら、最高やろうなあ〜と思っていました。

    でホテルにて荷物を預かる際に、スタッフさんに「今日なにかあるんですか?」って聞かれる。笑。
     私「…え?なんでですか?」
     ス「皆、同じ場所のこと聞いてくるんで。(りゅーとぴあの場所のこと)」
     私「声優さんのイベントがあるんですよ〜」
     ス「へえ〜誰のですか?」
     私「えっと・・・色んな人です。神谷さんとか…」
     ス「ああ!!」(え?あれ?知ってる系…?)
    ってそんな悠長に語ってる場合やなーい!今日の私の相方Kちゃんが待ちくたびれてしもうとるんやないかーい!と、念のため、それでもりゅーとぴあへの行き方を聞いて、駅にレッツゴー。
    そしたらKちゃんと、お互いに反対側にいて、会うまで時間がかかった;申し訳ない;そしてやはり知らない土地での待ち合わせ危険…。
    でもなんとか無事合流ができたので良かった良かった。
    その後は、お昼を食べて色々語りつつ、渡すもの渡しつつ、涼しいところでのんびりして、結局お金で物を言わす形でタクシーに乗って、会場へ。
    そして、その前にすでに夜の部の缶バッジ終了のお知らせ。うひゃーせっかくだから記念にちょっとはできると思っていたけれど、500円玉しっかり両替してきて準備万端でしたが、ありゃまあ〜残念;まあその分得したとしか思っておくしかない(笑)

    りゅーとぴあ看板
    りゅーとぴあについたら、まずそうは言っても物販へ。
    外まで列があるわけではなく(結構日陰のあたりは風が気持ちよかったけど)、会場内でのちょこっとの列だったので、それなりにすんなり購入することができ、ありがたやありがたや。
    購入グッズ紫ブレスレットチャーム
    ちなみにタオルとアクリルチャームと神谷さんぬいぐるみ2個とカッキーぬいぐるみ1個購入後、
    Kちゃんが購入して早速付けていたチャームブレスレットも可愛かったので、結局そちらももちろんのごとく紫色(神谷さんの担当色なのです)の購入!

    その後は一旦お外に出て、謎のモニュメント撮影をしたり、風に流されてほんわかしてた。
    というかその時に気づいたんだけど、隣の施設ではどうやらfrumpoolさんのライブがあるらしく、そのタオルをかけてる人がちらほら…。こちらのファンミのタオルをかけてる人とのカオス感さがたまらんかったです。笑。んでもうそろそろ昼の部終わってもいいかなあ、くらいのちょっと前にまた会場に戻って、まったーりしてると、昼の部が終わった瞬間に、一番最初に出てきた人が超急いでどこかに向かい走っていかれたので、思わず「勝訴」の紙が頭を過るなど…(おい)
    それから続々と昼の部の人達が出てきて、ちょっとTwitterで情報みたり、周りの感想に聞き耳立ててみたり。(おい)

    そしてすぐに開場時間に迫ってきていて、開場列作りのスタッフさん達がオロオロしてて、おいおい大丈夫か?とちょっと心配になったり。しっかりしてー!!でもまあ怒られていましたが、なんとかなるようになったので良かったよ…ほっ。
    そんな中、夜の部以降に合流する予定だった、Rちゃんを発見ー!!
    昼の部にも参加してたので、色々教えてもらったりしてちょっと会話し、入場列がだいぶ落ち着いたところで、いざ入場!!

    …して、すぐに近くにいた男性スタッフさんに、Kちゃんが鞄につけていたラグべべちゃんを見て、

      「あ、ラグべべ!!?」

    と叫ばれて、口あんぐり…(爆笑)
    え、まさかのまさかでこんなところで、スタッフさんにべべちゃんの存在知られてるとは何事!!?
    ってことで、その方に聞いたところ、ゆるキャラサミットで担当していたとかなんとかで。
    いやーまさかのまさか過ぎて、二人でめっちゃ笑ってました。すごいね、べべちゃん!!笑。

    そして座席へレッツギョ〜!
    席は1階の13列の上手側席だったんだけど、劇場の作り方もあって、見やすいし、超近い!!テンション上がりまくり!!
    こんなキャパのところで、なかなかの良い席になれて良かったあああ。
    スクリーンに映し出されるハレヨンの神谷さんとすごい目が合うんですけど!!見るたびにうひいいいってなってた。
    そして、カッキーにただならぬ色気を感じた…何あの子…なんなのもう!!ノブちんは安定の可愛さで、浪川さんはかっこええんに、絶対笑いが起こってしまっていて、まあ笑った。え。
    ちなみに開演前のCM映像は、
    CONNECT→Trignal→カッキー→神谷さん→ノブちん→よっぴー→みゆくん→浪川さん→キラフェス2013→KAmiYU2013
    、という流れだった気がしたけど、たぶん順番間違ってる確率高すぎるので、まあ気にしないで下さい。(おい)

     


    そんなこんなでほぼ定刻通りに開演。
    まずは、あのおにぎりじゃなくて農家マスコットになったメンバーが公演にあたっての注意喚起する映像がスクリーンに順に流れる。(あれ、音声なしだったけど、KAmiYUの時みたいに音声あった方が良かったなあ〜と思ってみたりも。)
    そして下手側よりメンバーが次々に登場。
    位置的には、右から鈴、みっちゃん、神谷さん(センターとかさすがですね!)、カッキー、えぐー、の順です。


     
    まずは順番に自己紹介とちょっとした新潟地元食材ネタタイム的なお話

    早速皆のえぐーいじりが始まってましたとも、ええ。えぐーは「キリン」としか呼ばれないくらいである。笑。
    さらに自分で自己紹介する時(だったかな?)、ゆっくり間をおいて喋るのが戦場カメラマンのようで、まさに神谷さんたちからそのツッコミを受けてました。
    そしてTrignalはまともな人間がいないんじゃないかという件に発展していくわけで。
    妖怪(河童)とキリンと酒飲みと、だっけかな?

    でこれ(夜の部)終わったら、飲むぞー!!!と意気込む皆さん。
    新潟にはメンバー前乗りしてたらしく、昨日からすでに美味しいものいっぱい食べたそうな。
    でもお酒は今日のイベントがあるので控えていたそうな。だから今日は浴びるほど飲むそうです。笑

    それで昨日の夜は、神谷さんはひたすら蟹を食べていたと。ひたすら綺麗にまさかの蟹二杯半も食べていたそうな!!
    なんかその様子がふつうに想像でき過ぎて困るよ!笑。そしてDGSのカニ谷浩史ネタを思い出してしまう私…
    とまあ蟹は美味しく食べれて良かったんだけど、
    「ホテルの自室に帰ったら、すっげ生臭い匂いすんの!で、なにこれ?って嗅いでて、よくよく考えると、ああ俺自身じゃん!!」
    となって大変だったとのこと。
    しかも「まだ手とか匂い残ってるから…」とのことで。

     あ、そうそう!!大事なことを言うの忘れておりました…!!


    神谷さんがジーンズの半パンでしたあああああ!!!!膝こう見えてましたあああああああああ!!!!!すね毛なかったです!!!!!剃った模様です!!!とぅるんとぅるんの綺麗なおみ足でしたあああああ!!!ふうううう


    まじご馳走様です!!!

    って話逸れたがな。
    新潟地元食材は、笹団子から始まり、お酒だとかヤスダヨーグルトとかとか。
    あ、あと鈴がファンミin新潟をin沖縄と間違えて言った件。(ローマ字だから分からなくなったらしい)
    あとみっちゃんが何故か信濃川推しでした。え



    鈴進行ターイム ≪キラミューン特ダネスクープ記事
    ここでメンバーは用意されていた丸椅子に座るんだけど、その前に置かれてる丸テーブルの位置から遠かったらしく、鈴が必死にテーブルに届くよう意地でも座ろうと頑張っていました。他のメンバーはまあずらすなりなんなりしてたけど。でも鈴が進行しなきゃならんから、あんまり必死に座った意味がないという;
    でタイトルどおりに、メンバーが同じキラミューンにいるからこそ言える特ダネ記事を順番に発表していく企画。

    まずは鈴。
    「おのゆーがキラフェスに持ってきてくれたお菓子が美味!」
    今年のキラフェスだっけかな?そのまんまなんだけど、おのゆーがキラフェス見に来た時に、楽屋に差し入れにお菓子(和三盆)を持ってきてくれたそうな。だいたい差し入れ持ってきたら、箱ごと置いて皆さんで食べて下さい的な感じになるはずなのに、おのゆーは一人ひとりに一個ずつ挨拶してちまちま渡していたとのこと。あいつ変な奴!って言われてました(笑)うん、そだね。おい。 で鈴はそのお菓子がすごく気に入ったらしく、今ではお取り寄せしているとのこと。うひょ〜気になる。そしてむっくんを思い出す私…サーセン; で、みっちゃんが「そのうちキラミューンメンバーになるんじゃない?」&鈴「あいつお菓子のおかげでキラミューン入るんとちゃうか?」的なことを言っておりました。

    次、みっちゃん。
    「キラフェス2009に来てたよっちんにメンバーがめっさ絡みに行く件」
    中打ち上げの時って言ってたかな?その時によっちんにキラミューン入れよ〜とか言ったりと、主にみっちゃんが絡みに言ってたんだそうな。でも、そのおかげなのか(!?)、本当に去年からよっちんがキラミューンメンバーになったのですごくないか!!?とのこと。
    本当だよね〜まさか新メンバーがよっちんだとは私も思いませんでしたよ…!

    次は〜となってるところで、いきなりキリンことえぐーが張り切って手をあげる。
     江「はい!はい!!これすごいやつ!!」
     鈴「ほな、最後にしとこうか。」
     江「えっ、今、先にーーー!!」神「はい、じゃあ次は俺で。」

    ってことで神谷さん。笑
    「キラフェス2014の中央スクリーンの罠」
    今年は横アリであったキラフェス。幕張とだいたい規模は同じだけれど、縦に長いから奥の人も見やすいように中央にスクリーンが作られたそうな。4面の。で、それがちょうどステージで上がってる時にすごく見える位置で、自分が踊ってるのがワンテンポ遅れてスクリーンの映像に表示されてて、それ見ると、「あっ、自分間違っている!」と一瞬思い、戸惑うんだけど、「いや、違う。俺があってるんだ!」という感じになるので大変だったというお話〜。

    お次もキラフェス2014ネタでカッキー。
    「楽屋のメンバー映像、アップにしすぎじゃね?問題」
    準備とかで間に合わなかったのもあるんだろうけど、初日の土曜日、ずっとメンバーの顔アップばっかりでいたというお話。皆、それぞれダンスするわけやから、全体の動きを確認したりしたいのに、ずっと肩ぐらいまでしか分からなくて、腕上がったかどうかくらいしか分からなかったらしい。
    で、それでノブちんが歌ってる時にきむりょーが、「ノブ可愛いなあ〜」ばっか言ってて、「カッキーはどんな顔で歌うのかなあ〜?にやにや」みたいなことを言われたので、カッキーが画面越しにきむりょーを意識しないようにカメラを意識しないように頑張っていたそうな。なんだそれ、可愛いな(笑)

    で、ただ、顔アップの中でも例外が一つあって……
    浪川さんだけはどうやって汗が噴き出てくるのかすごい分かりやすい映像だった、とのこと。笑。
     岩「何もないところから、いきなり岩清水のように…」
     鈴「岩清水みたいに綺麗やない!!」

    でお待たせしました、ラストえぐー。
    「待ち合わせ時間に、神谷さん、ノブ、きむりょが来ない!!」
    何故か立ち上がって説明し始めようとするえぐー。
     江「あさ、しょう…」
     神「お前今、朝青龍って言った?」
     江「待ち合わせ場所に!!」(頑張るえぐー)
     神「お前それどっから説明すんの?」
     江「えっ!?」
    ってな感じになり、結局神谷さんが補足説明というか、ほぼ詳細な事情を話てくれる状態に。笑

    去年の札幌ファンミの時のことで、ノブときむりょーと人狼していたから、と。
    なんかノブちんがカードゲームやらボードゲームがやたらと好きで、札幌に行ったときも沢山持ってきていたらしい。
     鈴「あいつ、なんかと勘違いしてんなあ〜」
    で、朝食後、ノブちんが「神谷さんしませんか?」と首を傾けながら誘われて、きむりょーもいたから三人で部屋に行ってやったそうな。で、いつも神谷さんが時間通りにくるし、他のマネやスタッフも安心しきってて、大丈夫だろうと思ってたらしい。で人狼の他に、花火っていうやつをしたらしくって、でも神谷さんはその時ぼけーっとしてて、ノブちんがきむりょーに「やっとルールだいたい一通り覚えましたね。じゃあ…」ってところで、ノブちんが携帯?時間?に気づいたらしく、「着信がいっぱい入ってるんですけど!!あわあわ」ってなって、やっと皆遅刻してることに気づいたそうな、ってお話。
    そこから
     神「えぐーは何で来なかったの?呼ばれなかったの?」
     江「えっと…誘われましたけど、断って寝てました!ドヤッ」
    みたいな感じになって、結局えぐー駄目じゃん!!って話になっていって、とうとう最後には
     神「お前、札幌の時ひっとつもいいところなかったからなっ!!」
    と言われてしまう始末。
    えぐーは札幌に行く時、半袖で鞄一つ(ちっこいの?近所行くくらいの、ね)で来たらしく、パンツとかも皆に買ってもらったらしい。
     神「「神谷さん、寒いですね〜寒くないですか〜?」とか言って後ろちょこちょこついてくんの。
       俺と浪川から離れないんだよね。」

     江「浪川さん、鞄重たくないですか?とか言って、鞄持とうとしてました。」
    みたいなことがいっぱいあったらしい。
    そして最後には、えぐー本人は一銭も出さず、両手にいっぱいお土産の袋抱えて帰ることになったらしい…す、すげーし、なんだかんだで他メンバー優しい…!
     鈴「お前の近所はどこまでやねん」
     岩「そのうち海外とかも身一つで行けるくらいになるんじゃない?」
    って言われてしまうまでに…笑。えぐー・・・君は・・・。



    ひろC進行ターイム ≪キラミューン秘宝写真館
    ここでは、表には出てない、これからも表に出ることはないだろう、
    キラミューンメンバーの超貴重お宝オフショット写真を紹介しますよ〜、なコーナー。

    ・Trignalの1stソロライブの関係者さん挨拶の時の紙コップを持ったえぐーの写真
     神「ちょうど牛久大仏くらいの大きさです」
    ってことでここでも身長ネタでいじり倒されるえぐー。牛久大仏とかこれまたDGSを思い出したしまう始末である。笑
    そして、紙コップに目をつけたCONNECTのお兄様方。 検尿?検尿だったけど、これだけしか出なかったよ〜;っていう感じ?

    ・「GENERATION」PV撮影で学校に窓から侵入する場面の左右確認を練習している休憩中のピースカッキーの写真
     神「俺、このPV好き〜」
     岩「なんか異様に指そってない!?」
     鈴「これは検尿を出した後の写真?」
    みたいに、まだひたすら検尿ネタをつっこんでくるメンバー勢(笑)。
    なんだっけな?その流れで何か神谷さんが言った後(ドイツは医療が進化してるんだね〜、っていう前に)に、「ドイツは医療進化してないです!むしろ遅いです!」って言ってたのが印象的だった。

    ・キラフェス2014楽屋にてモニターを見つつ、よっちんの時の踊りを練習するKAmiYUの後姿写真
    はじめ赤はみゆくんだと分かったけど、神谷さん自身が自分かどうか定かじゃなくて、俺かな?状態。
    でモニターにはその時歌っていたであろう鈴が映っていて、その鈴の代理で練習に付き添っているみゆくん。
     神「なんか俺が鈴に向かって放尿してるみたいじゃん!笑」
    とのこと。

    実際はどうだったのかというのを、鈴と二人で再現してみることになる。
    そしたら、たぶん一番前のお客さんが神谷さんが放尿しようとジッパーを下ろそうとしたので、ぎゃあああああって本気な悲鳴を上げたので、みっちゃんが「すごく正直な反応!!」って言ってた。
    (私だったら、それすら嬉しくて、きゃああああああってなると思うが。おい)
    で「正直すまないと思っている」とジャック・バウアーの声真似をして謝る神谷さん。鈴が「それ言ったらなんでも許されると思うなや〜」と即座にツッコミ。
    で気を取り直して、
    コマネチ神谷さんと、それを煽る(目立たせる)ために膝を立てて手をひらひらさせる鈴を正面で見せ、
    それを後ろ姿にしてみると、あらびっくり写真のまんまのできあがりー!状態に。

    ・キラフェス2014パンフ撮影の途中のCONNECTの二人とそれを撮っていたカメラマン花井さんの写真
     岩「これまだ花井さんが完全な状態前のやつですね」
     鈴「そうやな。まだパンツ履いてはるもんなあ〜」
    みたいな。
    ここで一同花井さん話に花を咲かせる。そして花井さんの物真似に。
     岩「イエスイエスイエス!パシャパシャ…オオ〜イエス!パシャパシャ(花井さんの真似)」
    でも花井さんはどうにも納得いかない時があって、その時は言葉が詰まるというか濁るらしい。
     岩「イエス!パシャパシャ…ン〜〜〜オ〜〜〜…(花井さんの真似)」
     鈴「そしたら俺ら焦って、もっといい表情せなあかんて、必死になるんよな。」
     神「これ(みっちゃんの物真似)、大げさにしてるように見えるかもしれないけど、こんなもんじゃないから!!」
     柿「神谷さん〜かっこいいいいいいい!!!抱いてえええええええ!!!パシャパシャ(花井さんの真似)」
     鈴「あの人に、キラフェスの時の(会場客混ぜての)全員集合の写真の撮って欲しいなあ〜。」
     神「あの人忙しいから!!」
     鈴「いや、あのその全員集合の時間の時だけに呼び出して。笑。
       しかもちゃんといつもの集合写真撮るカメラマンさんとはまた別で。」

    ということで、皆に愛されまくっている花井さん。是非是非本当に撮影の時の様子を伺いたいわ!笑

    ・キリンの被り物をした下パンイチのしゅっとしたえぐーの写真
     神「これが本来のえぐーの姿です。化粧を落とすとこうなります。」
     江「違いますよ!!」
     鈴「いっつも化粧時間長いねん。」
    と、まあここでもキリンネタでいじられるえぐー。
    本当は、Triganalのライブの演出映像の影絵をするために被ったそうな…
    へー、で本当のところは?っていう。おい
     神「この足の間にエッフェル塔が入ってしまいます。」
     鈴「あそこに置いてある(自転車のタイヤだったかな?)のは、宇宙一でかいパラボナアンテナ?」
     江「違いますううう!どんだけ時空歪んじゃってるんですか!!!(必死)」

    ・ニューアルバム曲の「ダンディギ」PV撮影途中の倉庫内でのひと時の様子のカッキーの写真
     岩「えぐーとの写真の差!」
     柿「今回はアメリカンスタイルの感じにしてて…」
    昼公演では庭の写真だったらしい、どうやら。で設置されているもの全部そこにあるレンタルの撮影所だったそうな。倉庫内に太陽光がいい具合に入ってて、本当にえぐーとの写真の差を感じられる、イイ感じの写真でした。
    んで、何故か周りに座ってる他の人達が誰それに似てる話へ。
    カッキーがセンターにいて左隣の太鼓叩いてる人がスリムクラブの声がハスキー(?)な人で、右隣の人がちょと若いころのギバちゃんで、立ってる人が平川大輔さんに見えると。ありえないけど…特に平川さんが。笑。

    ・ハレはじのPV撮影時に超ド派手なダウンジャケットで撮影場所の外で寒さを凌ぐ神谷さんの写真
    これは雑誌でもチラッと似たようなの見たことあったので、ああ〜!となってました。
    その超ド派手なダウンジャケットというのが、ナイキのなんか有名なやつらしくて、日本では一つしかない超レア物だそうでして。でもあまりにも派手すぎて着るの恥ずかしかったそうな。なんかスタッフさんが珍しいからと言って持参してきたらしいです。
     神「で、このダウンジャケット、その後どうなったと思う?皆(メンバー)も知ってるある人の手に渡りました。」
     他「え?誰!!?誰??」
     神「花井さんです!(笑)彼もこのナイキのやつが好きらしくってね。
       「神谷さん、それいいですね〜!!パシャパシャ」って言って、その後引き取って(買い取って)いました。」

     他「あ〜!!!!(一同納得)
    ここでも話題になる花井さん。しかも違和感ないですね〜とかも言われてたました。笑

    それからPV撮影の時のお話。
    たしか撮影場所が那須高原ミッシェルガーデンコートなんだけど、その日建物の外は真っ白なもので埋まっていたと。
     神「この白いのは塩じゃありませんよー。雪です。最近流行りのなんとかと雪の女王の雪です!!」
    ってコメントした神谷さんにウケるお客さん達。私も、さらりと上手いこと言うものだから、すごいなあ〜と非常にウケてましたが。笑。そしたら、
     神「え?今のそんなに面白かった?結構低レベルなやつだったんだけど。」
    とあっさり言われてしまいました。ツボ浅くてすいません。だって、さらっと、さらっと言っちゃうからー!
    で雪があるけど、発売日の関係もあって、ハレはじは""らしいPVになるはずなのに!!ってことでスタッフが雪かきすることに。だから、撮影は建物内からお願いしまーすと言われたんだけど、外を見ると必死にスタッフが雪かきしてるわけで…。
    そして、外の一部分だけ雪かきし終えてて、地面が見えるようになったところがあって。
    監督さんが「できましたー!」って言って、ええええ!??ってなったそうな。どうみても""じゃないじゃん!!って。で、しかも屋根に雪あったんだけど、監督さんが「神谷さん、屋根の雪は気にしないで下さいね。フェードアウトしますんで。」って。
    と、そんな感じでなんとか撮影しました的なお話。

    ・キラフェス2010年時のCONNECTの二人と神谷さんの楽屋での写真
     神「なにこれ?」
     鈴「いつのや?全然思い出せへんわ。」
     神「あーたぶん2009、いや2010年のキラフェスの時かな?その前の年に自分の持ち色を言われて、準備した衣装な気がする。(ピンク色だから、かみゆのかな?)」
     岩「なんか俺、Mr.マリックに見えない!!?」
     鈴「なんかエリンギみたいな頭してんな〜(みっちゃんが)」
     神「何したかったのか分からないけど、なんかいえーい!!って馬鹿やってる僕たちです。」
     鈴「馬鹿二人と(エリンギ)一本、な!」



    えぐー進行ターイム ≪2013年までの発表曲で各々の人気曲は何!?なランキング発表
    これはTrignalがいつも担当している、ラジオ「Trignalのキラキラ☆ビートR」内で取り上げた企画のコーナーで集計した結果のものを改めて、ファンミにて発表したもの。
    (そ、そんなことしていたなんて知らなかった…なんていうのは内緒だぞ!殴)
    ちょっとここは全て把握してないので、省略し、各々の一位のみ書いておきます。


     CONEECT 「Say Hello」
      圧倒的に1位だったそうな。ご本人たちもこの曲が大切で、毎回キラフェスでどこに入れてくるか悩むとのこと。
     神谷浩史 「ハレのち始まりの日」
      2位がたしか「For myself」で、僅差だったとのこと。本人も思い入れあるし好きな曲で嬉しいとのこと。
      しかし、なぜランキングにSabaがなかったんやあああああああ。あってもいいはずなんだけど!と私は思う。
     柿原徹也 「Call My Name」
     Triganl 「Darling」



    カッキー進行ターイム ≪キラミューンカルトクイズ
    ここではキラミューン関係に関しての、キラミューン所属なら知ってるよね?的な常識問題から、あれ?ってなる難問までをクイズにしたのをカッキー以外のメンバーに答えてもらおう!っていうよくあるクイズコーナー。

    しかも優勝した人への景品も準備されてる、っていう。
     柿「景品はこちらになります!…って出てこない!?あれ準備できてない?スタッフー!!」
    となかなかすすっと出てこなかった景品達。
    そこに並べられていたのは、新潟の名酒飲み比べミニボトル5本セット(っぽいの)とおつまみにサーモンの燻製(だったはず)!!
    景品が現れた瞬間、皆一斉に立ち上がり、景品の乗った台の近く(下手手前側)に集まり始め、既に手を出そうとして怒られる大人たち…カッキーが駄目だと必死に制止してました(笑)
    そして、この時、鈴になにやら耳打ちする神谷さん。何なに〜?って気になってしまったわ。
    そしたら神谷さんに、
     柿「マイク持って喋って下さいよ!」
    とこれまた注意を受けておりました。笑。
    (※神谷さん、マイクはテーブルに置いたままでいた)

    そんなわけで景品をめぐってのクイズスタート!

    ・Q1.2009年から始まったキラフェスですが、1度だけしなかった年がありますが、それは何年でしょうか?
    答えは「2011年」で、鈴以外(「2009年」と解答。2009年から始まった、って書いてあるのに。笑)全員正解。

    ・Q2.(各々のメンバーのデビュー月が書かれていた後に)では、岡本信彦君のデビュー月は何月でしょうか?
    答えは「5月」で、みっちゃんだけ正解!
    これは他のメンバー皆バラバラの月、書いてたなあ。私も分からなくて、6月くらいだったかなあと思ってた。
     鈴「あー俺、数字あかんわ〜;」
    と連続不正解で焦る鈴。がんばれ鈴。

    ・Q3.キラミューンメンバーの中で、唯一キラミューン公式サイトのページにブログを持っているのは誰?
    答えは「入野自由の『自由帳』」なんだけど、 神谷さんがほぼ完璧な正解書いてて、さすがかみゆの相方ってなってました!
    あとはみっちゃん以外全員正解。
    みっちゃんの解答が、「俺じゃないからよっちんかな♡」って書いてあって、よっちんへの愛が伝わってきました。笑

    ・Q4.キラミューンメンバーの中では、稀に曲名(表記は違う)が被ってしまいます。(ex.カッキーとノブちんで『グッドラック』)
      では、例え以外で、誰と誰がどんな曲名で被ったでしょうか?

     これはちょっと難問で皆う〜むと悩んでる模様。
     柿「これヒントになるんですけど、最近とある有名声優さんとも被ってしまいました!」
    それでも悩む一同。神谷さんなんて個人的にヒントを書き込んでもらう始末…おいおい。
    で正解は、「CONEECTとカッキーで『ヒカリ』」。
    (さらに付け加えると、最近被った、とある声優さんっていうのが羽田野渉君です。)
    タイトルの「『ヒカリ』はあってても、被ってる人達が結構ばらばらで違ってて、皆不正解!

    そんな中タイトルすら合っていなかったえぐーの解答が、
    CONNECTと浪川さんで『君に君にHow do you〜?』。笑
    メンバー皆にどんな曲やねんって突っ込まれてました。そして歌わさせられることに。

     江「君に君にHow do you〜?君に〜君に〜How do you〜?(爽やかっぽいCONNECT ver.)
       君に〜君に〜君に〜君に〜How do you〜?(ちょっとロック調な浪川さん ver.)」


    と頑張って歌い分けたえぐーに一同大爆笑。
    次のTrignalの曲にしたらいいんじゃないかという案までできあがっていました!え。

    そんなこんなでクイズは以上!
    で全員の正解数を数えたら… 皆さん。お分かりにいただけるだろうか?
    二問正解者ばかりの中、一問のみ、いや一問しか正解できてない人がいることが…。そうです、鈴です。鈴以外のメンバーは皆二問正解はしてるのに、出だしから不正解出してた鈴は、一問のみ!
    っていうことで、景品があたるのは鈴以外!なんてこったい!!

    そして、
    メンバー一同早速おつまみと一緒にお酒を飲もう飲もうといわんばかりにさっさと景品の所に移動。
    5種類程ある中から、""という日本酒で乾杯する皆。
    日本酒「夢」
    (↑帰りにお土産屋で発見。このお酒かと。)
    普通にごくごく飲んでました。笑。おつまみもめっちゃもぐもぐ。神谷さんが一番率先して、飲んでたように思えたのは贔屓目だろうか…いや、そうじゃないと思いたい。
    でこっそりと皆に混じって、お酒を頂戴しようとする鈴。
    が、それをすぐに見つけ、鈴の持っていたお酒も自分が奪って飲んでしまう神谷さん。
    厳しい!だがそこにしびれるううう!あこがれるううう!!
     江「鈴村さん、鈴村さん。なんか面白いことしてくれたら、飲んでいいそうですよー?ニヤニヤ」
    と他メンバーを代表して、鈴に無茶ぶり展開を促すえぐー。
    それを聞いて、「分かった」と納得しだし、何かを始めようと舞台正面に一人立ち尽くす鈴。


     鈴「ブ、ブ、ブラジルの、人………」
       (ブラジルの人聞こえますかー?でおなじみのやつを使おうとする鈴)
     神「俺ら、ぜってー助けないからな!!ドヤッ」
     客「がんばれー!!」
     鈴「うるさい!!頑張ってるちゅうねん!!これ以上どう頑張れってか!!??」

    とまあ気を取り直して、

     鈴「ブ、ブ、ブラジルの人〜・・・・・は今ちょっとワールドカップで忙しいみたい。
       ガ、ガラパス諸島の人、聞こえますか〜?」

     皆「(シーーーーーーン)」
     鈴「助けて、ドラえもーーーーん!!!泣」


    ちゃんちゃん。ということで茶番(こら)は終了し、皆舞台袖にはけていく。
     岩「この後はライブも楽しんでね〜」



    ファンミ新潟不参加組メンバーの一部からのビデオメッセージ、という名の宣伝

    浪川さん
     大きめなソファでファンミ福岡の時のあまおうTシャツ、ピンクなパンツを履いて座る浪川さん。
     はけていないメンバーの名前を必死に呼んでみる。笑
     「カッキーはいい加減敬語を使いなさいよ!なんで俺だけタメ語?先輩の威厳が…」みたいなこと言ってた。笑
     相変わらずカッキーと仲良しみたいでいいですなあ。
     新潟といえば…米粒発言。ええええ
     そして、さりげなくソファの端に置いてあった自分のCDに、さも突然気づいたかのように見せつけての宣伝。

    よっちん
     ホテルの一室みたいなところ(でもすごいぼんやりしてて暗い)でティッシュ箱を持ちながら立ち尽くすよっちん。
     シングルとミニアルバムのリリース告知(日程も)を連続でしちゃう!
     そして、最後皆買ってね〜買わないと泣いちゃうぞ〜みたいな感じで泣き真似しながら、ティッシュを数枚ばら撒いて終了。

    ノブちん
     開演前のCM映像と同じく、次発売のアルバムのPVの格好(シルクハットハット被ってステッキ持ち)での出演。
     そのアルバム発売とソロライブ開催のお知らせ。
     ライブには「友達100人連れてきて下さい!」と。
     シルクハットを結構気に入ったらしく、キラミューンメンバーでは帽子と言えば、きむりょーか鈴の印象だけど、
     自分も負けてないんじゃないかなあというくらい自信があるし、これからも被っていきたいとのこと。
     あと新潟と言えば、やはりお米!だと。
     この歳になって、白米の大切さ美味しさを実感するようになったので行きたかったなあ〜と。



    LIVEパート
    まずはセトリはこのような感じ。


     1.『延長線上のFriends』Triganal(江口拓也)

     2.『一番星』 神谷浩史
     3. 『ハレのち始まりの日』 神谷浩史


     4. 『Call My Name』 柿原徹也
     5. 『カモン×3(新曲)』 柿原徹


     6.『あの雲を追って』 CONNECT

     7. 『エスパーVSリッチマン -THE POWER OF THE WORLD-』 CONNECT
       
    (途中から他メンバー登場)

     8. 『Say Hello』 CONNECT

      (MC)

     9. 『Get together!』 Kiramune ALL STARS




    ハレはじきたああああああああああああああ!!!!!!!ヒャッハー
    >こんな日にハレはじ(「ハレのち始まりの日」の略)とか歌われたら、最高やろうなあ〜と思っていました。
    って言ってたら本当にそうなるとは…!!うひょひょひょ
    実はその前にRちゃんの呟きで既に昼の部であった神谷さんのセトリ知っていたんだけど、知っていたんだけど、も!
    でもでもやっぱりすごく嬉しかったなあ。
    しかも私、歌うアイドル神谷さんを生で見るのは今回が初だったので、特にどちらも楽曲の中でも上位のものをしてくれて、もうすっごく嬉しくて嬉しくて、たまらんでした!!!泣。
    しかも「あなたと分かち合いたい〜」ってところの歌詞の時、こっち側見てて、
    はい!そうですね!!分かち合いましょう!!と一人テンションMAXになってました。へへへ。殴


    あとカッキーの楽曲が結構毎回好みで、LIVE行ったら楽しそうだなあ〜ってついつい思っちゃう。
    なんかノリやすいんかな?っていうかカッキーがかっこいい。(結局そうなる)
    CONNECT兄さん達はさすがの貫録ですな。もう面白いし、楽しいしで。一緒に振りするのとかめっちゃ楽しい!!

    で、まさかのエスパーVSリッチマンの途中で他メンバーがせり上がって登場してくるとは思わなかったのでびっくり!
    その後は皆曲に合わせて、一生懸命に振りしたり、お客さんを煽ったりで、さらに盛り上がりました。
    そうそう神谷さんがみっちゃんの、カッキーが鈴の分のタオルも首に下げてて、CONNECTの曲が終わるまで、二重にタオル巻いてて、落ちないようにしながら動いてるのがちょっと大変そうだった。で、終わった瞬間すぐに渡してた。(笑)いや、CONNECT自身もゼェハァ状態だったんだけど。

    で、とりあえず一旦休憩ということもあってのMC。
    あ、この時にも神谷さんが鈴にこしょこしょ話してた気がする…!!何を話していたのやら…仲良しやなあ、もう!
    新潟ファンミはどうだったか?や、各々のこれからの活動(リリースものやイベント)のお知らせなどなど。

     神「え〜何にも覚えていません!」
     客「ええええ」
     神「いや、何にも覚えてないくらいに良かったってことです。
       後で振り返って、ここは駄目だったなあ〜とか反省することなく、記憶にないくらいに楽しめました!」


    って神谷さんが言ってたのがすごく記憶に残っているなあ。 そうだよね、それはすごくいいことだよね、って。
    実際私もその日ほっとんど記憶ないくらいに楽しめましたもん。
    (※これでもこのレポは、その次の日から脳内に微かにあるかないかの、記憶の奥底にまで潜り込んで頑張っています!)

    あとみっちゃんが、
     岩「いつか、なんとかドームってところでね、できたらいいなあと思っています!いや、します!」
    って言ってて、ああキラミューンすげえなあ、声優さんすげえなあ、キラミューンファミリー愛おしいなあとかとか思った。本当になんとかドームでやることになるまで追っかけていたいよ!いや、行くよ!!うむ。
    あ、えぐーは縦の大きさ的にドームには入らないであろうから、外より中継だそうです。笑


    そして、メンバーもお客さんも全員で最後に『Get together!』を熱唱。
    しかし、途中でまさかのハプニング発生!!笑
     鈴「あ、今のとこ俺(が歌うパート)やん!!!?」
    ってことで鈴が慌ててた。笑。
    それに対し瞬時に、「鈴、お前〜」って感じにツッコまんばかりの楽しそうに足蹴りする神谷さん。ほっんんとうううう、さっきから貴方たち何なの!!!????仲良しすぎて可愛いわ!!!

    そんな微笑ましい光景も見れつつ、最後はの銀テープがバキューンと飛んで、終わりにはメンバー各々が1人2個ずつくらいサインボールを客席に向かって投げてました。
    ちなみにカッキーが2個目に投げたのが、上手2階のバルコニー席側だったんだけど、壁にぶち当たってしまい、跳ね返って、思いもしない方向に飛んで行ってて笑えました。こら。
    あ、そのバルコニー席のことなんだけど、1階はいいとして、2階〜3階の人にかけて、
     岩「どうだ俺らを見下ろしてる気持ちは〜?笑」
    って言ってたわ。笑。

    あと、問題になった神谷さん使用のタオル投げちゃう事件、ね…
    これについては色々ファンの間で物議を醸しだしていますが…うううむ、なんていうか恐ろしや〜って感じですな。なんだか大事になって、ちょっと自分もえーってなってTwitterで呟いたんだけどさ、「切る」のは縁起悪すぎかと。まだ銀テープとか分け合うので切るのはいいとしてさ〜。
    タオルに関しては、まあ皆欲しくなっちゃうのは分かるけど、じゃんけんとかしようよ、って感じですかな。
    まあ投げた神谷さんも神谷さん、ってな感じではたしかにあるけどな…。本人も投げた後、微妙な顔してた気がするし。たぶん…
    だからね、たぶん、あれなんだわ!!(どれだよ)


    神谷さんね、本当はね、本当は、私に向けてタオル投げたかったんですよおおお!!!!!!
    だけど、コントロール間違っちゃって他の人のとこにタオルがいっちゃってしまって、あちゃーてなったんですよ!!!!



    おわかり?、って思ってることにしてます。え(妄想乙も甚だしい)
    まあそんくらい我を忘れちゃうくらいに、ファンミを楽しんで参加していたんではないでしょうか。
    (酔っていたから、という噂もあるけど、ね。苦笑)
    まあそんな事件もあったけど、本当ファンミ自体はすごくすごく良かったんです!!

    本当の最後の最後には、メンバー全員揃って舞台下手端から上手端まで挨拶しに来てくれて、舞台中央で手つなぎ挨拶をして下さいました!
    んでもって下手側舞台袖にはけていく時も、またお礼。
    もうこっちの方が、いっぱいいっぱいありがとう!!!っていう気持ちでいっぱいだったのにずるいよおおおお。
    神谷さんはいつものことながら、
    丁寧な90度でながーいお辞儀をしてくれました!そして投げキス!!!ふぁあああああ
    投げキスもいつものことなんですけど、ですけど、


    角度的にどう考えても私の方向に向かって、して下さりましたあああああああああああ!!!!
    タオルやボールのかわりですね、ありがとうございます!!!!
    ご馳走様です!!!(土下座)





    …と興奮冷めやらず、夜の部の公演は終了しました。
    本当に本当に今回のファンミ新潟は来て良かったなあと、楽しかったなあと、行けて良かったなあとつくづく思いました!!
    ありがとうございました、神谷さん、鈴、みっちゃん、カッキー、えぐー!そして来れなかった他メンバーも!!
    そして、一日付き合ってくれたKちゃん、途中から付き合ってくれたRちゃん、ありがとうございました!!

    すっごくいい思い出ができ、良かったです。
    銀テとポスカとチケ

     


    さて、次はファンミ○○に続く…、のかしら?笑

    とにかくもうだいぶ中毒ですけど、こんなに楽しいと本当さらにさらにってなっちゃうから怖いですなあ〜あはは。
    でも本当楽しかった!の一言に尽きるくらいに、楽しかったんですよっ!
    これ以上神谷さんを好きになってどうすんのよ〜って感じでもあります、はい。笑。
    そんなわけで、これからも地道に陰ながら応援していきます。


    それでは、こんな長々としたよくわからんレポとも言えたもんじゃないレポっぽいものを最後まで読んでくださって、ありがとうございました!
    0
      2014.07.19 Saturday ... comments(0) / trackbacks(0)
      #BRAVE10×新宿マルイワン
      JUGEMテーマ:BRAVE10

      ※ネタバレはもちろんありまくりにつき注意。画像も多いのでご注意を。
       ちょっとその日の行動記録(イベント前くらいまでの)も一緒にしてあるので、ご注意を。


      前日(6月23日)の夜行バス遠征→横須賀美術館遠征っていう流れで、遠征にさらに遠征を重ねた状態だったためかヘトヘト…汗。ということで、もう夜はホテルですっごいグダグダしてた。でもなんとか、お風呂入ったりして(もうそれすらいい!とか嘆いていた私…)2時前くらに就寝し、超爆睡。そうそう、疲れてヘトヘトのくせに、せっかく久しぶりに友人と会えたし、明日だとバタバタしてるだろうしって、居酒屋行って、アルコールを摂取したんだよね、1杯だけ。それで酔ったのもあるかも?…って、どんだけお酒に弱いねん!!っていう…苦笑。

      まあそんなこんなでアラーム全無視してました!(どどーん)

      友人がいてくれて良かった(笑)いやー、本当に。
      んで起きて、身支度して、池袋におさらばして…(ああ、デュラララ…!!ってなりつつ)新宿へ。

      新宿=臨也ー!!ってなってはいたけどね。(はいはい)
      そこで、朝食兼お昼食べて、ちょっとその駅ビル(ルミネだったかな?富山に駅ビルなんてないからわっかんねー!笑)の服屋とか、目的地に行くまでちょいちょいお店見て、無事、マルイワン新宿店到着。

      もう入り口からして、他のお店と違うただならぬ「ヲタク感」が漂っていました。(笑)
      とりあえず上から下へ降りていく方向で、上の階まで行くかー!ってなって、エスカレーターでじゃんじゃん上へ。しかし、その時チラチラ見てても、おおおヲタクー!ゴスロリー!!って感じなお店がいっぱいあって、なんか嬉しかったです。っていうか、なんつうか安心感があった、感じ?(笑)私は、普段そんなゴスロリー!とかな服装してるわけやないですけど、見るの好きだし、素敵やなあと思うこともあるし、着てみたい!欲しい!とか思うこともあるわけで、そんな私からしたらある意味、憧れの聖地だったのかもしれないです。だから、嬉しかった、んだと思います。あと、こう堂々とするのが良いとも悪いともその時によりけりだから何とも言えないけど、ここまで「オープンに楽しめや!ヲタク共ー!」って感じなお店だから、なんか"居場所"があるみたいで落ち着いたのかもしれないです。って言っても所詮私はおのぼりさんなのですが; と、まあそうこうしてる内に一番上まで着いたんだっけかな?(あれ?どうだっけ?)

      sxB1
      エスカレーターで上がった先に、今回のお目当ての「BRAVE10」とのコラボショップの看板があって、テンションがさらにさらに急上昇!

      そしたら友人が、「あそこじゃない?」って教えてくれて、お店発見!!
      ひゃっほーーーーーーー!!!!!!!
      エスカレーターんところのでテンション上がって写メったけど、お店前にもっとでかいのあったあああああああ!!!!!
      sxB2
      ってことで、テンションマーックス!!!になって、お店の中に足を踏み入れる。
       
      もう、そこには明らかに、これ目当てで来ました!っていう他の方もいらっしゃいました。
      今思えば、同じ(イベントの)夜の部の人だったのかな?もしくはライブビューイングか。
      その方たちが、早速六郎さんに対して「出たよ!18禁!!」みたいなこと言ってて吹きそうになった。
      と、まあ周りを気にしてるようで気にしてない私。え

      とにかく、嬉しくてテンション本当にMAXくらいだったので、お店の隅々まで嘗め尽くすように見てまわりましたよ!

      コラボショップコーナー自体は、結構小さめのスペースでしていたんですが、壁にはキャラ各々のポスターが貼ってあり(でもアナいなかった…シュン…)、グッズ置き場とかにはアニメのシーンパネルがいくつか置いてありました。
      sxB3
      とりあえず六郎さんのみアップ。
      見よ、この際どい衣装とただならぬ色気!!!!!!そりゃ18禁言われてもしゃーないわなー笑。

      sxB10
      グッズは、上田でのコラボの時の(本当は行きたかった、いや行く予定だったんですが行けなかった…のだが、心優しいフォロワーさんがお土産で下さったのである…!!泣)やイベ会場にもあるやつ(でも、私はこの時にまだイベント会場先に行ってなかったけど…)とかもあったり。
      でも、私がイベントの日に行っただけで、これから(ってあと2日間だけど;)行く人にはそれは関係ないか;ご、ごめんなさい…滝汗。
      gouk.との服のコラボのやつは、違う階にあるgouk.のお店で試着するだけで、すぐ購入はできないような感じだった。あくまで見た感じなので、間違ってたらごめんなさいな;

      sxB11
      コラボケーキ類は、そのショップでどれが欲しいか写真付の紙のやつをレジに持っていって、そこで支払いして、そのお店に行く、って感じ。ここですぐ気づけばいいものを、私、そのケーキとか、カフェになってて、その場で食べれるもんだとばかり思っていたのね!でも違うのね!!
      本当に"お持ち帰り専門店のケーキ屋"さんなので、ご注意を!!

      sxB4
      sxB5
      アクセ系はすごく素敵で、六郎さんとか幸村様の欲しいー!!ってなったけど、値段も値段なので泣く泣く諦めました。でも、私、髪短いから(短いのばっかだから)簪は使えないなーって、ネットで数日前に見た時から思ってたんだよね。しかーし、ネックレスは使えるやん?結構いいやん?うん、お金があればなー…って思ったけど、我慢した。 泣


      sxB5sxB9
      で、ショップの真ん中のガラスケースには、アニメの台本や原画が中に入っていました!!!

      私はコラボスタートした次の日に行ったわけですが、
      お店の方によると「沢山の資料を送ってもらった(というか貸してもらった?)ので、中に全部納めれなくて、毎日変えてるんですよー」って言ってらしゃったので、その日その日で違うの見れるっぽいです。

      ちなみに前日は主なキャラ達の立ち絵の原画だったそうな。
      私が行った二日目は、才蔵・伊佐波・佐助・幸村様・六郎さん・鎌ちゃんの、アップ(顔の)原画+六郎さんの例の徳川のお茶会の時の正装服の立ち絵の原画でした!!!!
      sxB14sxB8
      まあアップ画もそうだが、その正装画にハァハァしまくったのは言うまでもない。(笑)
      しかし、茶会にまで、正装でも、あの安定の腰だし袴…!!!おまっ!!けしからん!!!いい腰…!美腰!!!ハァハァ

      sxB7
      あ、あと台本は日替わりするかは分からんけど(たぶんそこまではしないんじゃないかなー?)、第一話の才蔵と佐助の戦闘シーンのところでした。

      っていうか、もちろん今ここに写真上げてるものは、写真撮影OKだったからなのだが(当たり前だ画)、この原画までOKとかすげえええええ!!!って一人感心してました。ありがたや、ありがたや。
      (まあ、でも、光とかケータイのカメラ性能とか私の不器用さがあいまって、うまく綺麗に撮れんだわなー)
       
      sxB12
      あと、すっごく気になってた3Dパネル!!
      あれの六郎さんお持ち帰りしてえええええええって、最初から最後まで言ってた気がするわ(笑)

      この3Dパネルは、そのショップで売ってるものではない只の(っていうと言い方悪いけど;)展示品やって、ああああああああ・・・ってなってました。
      sxB13
      プライズ景品の見本品として飾られてました…プライズ景品……ってことはだいたいゲーセンにあるやつですね。それしか思いつかないんですが。ってことは、こんな富山みたいな田舎にはやってくる気配がないじゃないか・・・・・・・!!!!うわああああああ。(泣)

      しかも他にもプライズ景品のサンプルあって、一番最新(?)のは(ゆーぽん先生による)デフォルメプチキャラフィギュア(公式のTwitterでも呟かれてましたが)みたいで、めっちゃかわいいいいいんですよううううううう!!
      sxB15
      (↑これこれ)
      半蔵すら可愛いとかどういうことだ!!?(笑)
      あと、もう発売中のロングピローケース(写真のバックにあるやつ)も袋に入ったままの状態で(あれか?六郎さんがけしからん格好だからか!?笑)置いてありました。あれはね、最近他アニメでも添い寝シーツとか流行ってるのか出されてますが、色んな意味で恥ずかしいわ!!実家暮らしには余計きついものがありますよ!!

      ショップ内容はこんなものかな?うん。

      まあなんだかんだで、小さいスペース内をあっちこっちはしゃいで見て周り(超迷惑…)、記念にグッズ購入する気満々だったので真剣に選び始める。んでお会計などなど。
      途中で友人が教えてくれて、その後自分だけでの購入金額でも3,000円手前だったので、お店の方が薦めてきて下さったんだけど、実は、そこに行くまで知らなかったんだが、グッズなどをそこで3,000円以上購入兼マルイ(マルイワンの、か?)のカードをお持ちの方、もしくはその日入会なさる場合は、くじを一回引くことができるそうな!!
      (でさ、実家帰ってきて思ったんだが、もしかしたら、本当にもしかしたらだが、姉がマルイのカード持っていたかも…orz)

      くじの賞は、A賞B賞C賞の3つ。
        ・A賞が、原作者の霜月かいり先生の色紙。
        (でも、分かんないけど、その日すでに3枚(才蔵と佐助と鎌ちゃん)しか飾ってなかった…それはさすが写真撮影駄目になってました!)
        ・B賞が、そのショップに置いてあるアニメのシーンパネルのどれか一つ。
        ・C賞が、ティッシュにアニメ画の紙がいれてあるやつ。


      まあ、そんなこんなで結構な長い時間コラボショップにいて、その後色々ありつつ、おやおやそろそろ移動するべきじゃね?って感じで去る準備をする。

      で、途中で服のコラボをしてるgouk.のお店を通ったので、ほーんの数分だけ見た。
      本当にちらっと見て、一つ手に取ってみただけ、って感じ。うん、でも手触りがよく、あー高い分素材もいいんだろうなあ…って思ったり。本当はお金に余裕あれば(そんな時は一生ない)、一着は手に入れたかったかも…いや、でもそれならアクセかな…いや…うん、分からんわ。(おいおい)

      そして、肝心のコラボケーキ!!貰って食べるぞー!!
      って思ってたら、上記でも述べたように、カフェ系のところではなく、お持ち帰り専門なケーキ屋さんなのね…!!えええええええ。ちょっ、それは困るよー!!って思ってたけど、友人がカラオケ行くなら(予定に入れてたのである)、そこで食べればええやん!って大切なことを思い出させてくれたので助かりました。でも、あれ、知らないで行くと、まじで困るよね…特にマカロンやクランチはまだしも、才蔵ケーキとかだとね…。だからご注意を!!

      ってことで、「ここで食べれないのかーい!」って思いつつも、すでに代金支払ってあるし、それ目当てでもあったりしたので、ケーキを受け取る。そして、ここでコラボケーキ購入者特典のポスカを一枚選択!二種あって、才蔵と佐助組のと、六郎さんと幸村様組のがあったんだけど、まあここまで読んでいただければ分かるかと思いますが、私は六郎さん好きなのでそれを選べばいいだけの話。…にも関わらず、なぜか無駄に悩む私…笑。さーせん。だって絵柄的には才蔵と佐助組の方がかっこよかったんだもん、もん…。まあ、そうは良いながらも、六郎さんと幸村様組の選んだけどね!結局!!爆笑

      ってことで、これにて新宿マルイワンとおさらばし、イベント会場へ電車でれっつぎょー。



      ということで、ここで一旦区切りますね。

      あ、でもこれだけは言わせて!!
      才蔵ケーキ食べる方はね、炭チョコが土台あたりにあるんだけど、食べたら口の周り黒くなってるから気をつけて!!超気をつけて!!歯もお歯黒みたいになってるかもしれないから!!笑
      では、次回(いつになるやら;)は、今更感いっぱいな気もするけど、その日にあったイベントのレポしますね!
      期待はされてないと思いますが、しないで下さい。笑
      そして、新宿マルイワンとのコラボもあと数日(っていうか、あと2日間くらいか・・・)のところにレポ投下してごめんなさいな。
       


      BGM:津軽海峡・冬景色/平和島静雄(こと静ちゃんの中の人、小野大輔)
      (拍手、いつものことながらありがとうございます!!
       本日のBGM曲なんですが、最高に好きです!!やばいです!!めっちゃリピートしてます!!)
      0
        2012.07.06 Friday ... comments(0) / trackbacks(0)
        #シド TOUR 2012『M&W』preview 6月12日(火) 本多の森ホール
        JUGEMテーマ:V系・シド
        ※ネタバレありまくりのはず、なので注意!
         また、途中途中記憶が飛んでいたり前後がごちゃごちゃしてたりしてるし、こんな感じだったはずーっていうので書いてるところもある、
         まさに「妄想日記」なので、しっかりしたのをお求めの方は注意!!


         【シド TOUR 2012『M&W』preview 6月12日(火) 本多の森ホール】

         SID2012@金沢

        行ってきました!初ワンマンなシドLIVE!!

        数ヶ月前かな・・・なにかイベント情報もしくはちょっと気になるミュージシャンの情報などを公式サイトなどで調べたりしてて、シドが石川(というよりも、金沢って言ってしまう。笑)来るってのを知ったんですよね。んでその後にKioonの20周年イベントとか発表あって、TETSUYAさん(+ピコ、井上ジョーさん)LIVEの前日だし、どっちも行けたらなあーでも東京…ってなって、色々考えた末諦めて、それからあんまりなんも考えてなかったんです。だけど、いつだったか、その後やっぱ石川だし行こうかな〜どうしようかな〜、っていうよりもその前にチケットなくなってるんじゃね?って、とあるところ探したらまだ一般発売でも残ってて、これは少し考えておこうかな・・・?ってなってたりして時間過ぎていって、そしたらTwitterでフォロワーさんからのRTで、ちょうど自分がTL上にいたか見てた時に金沢公演チケ1枚ありますよーお譲りしますよーっていう呟きがRTされてきまして、こ、こ、これは・・・・・!!ってなって、とりあえずお気に入り入れて、その日ゆっくり時間とれるようになった時にその譲ってくださると呟いていらっしゃる方に連絡したら、なんと見事にオッケー!!いただいて、やったああああああああ!!!!
        ってなって、なんだかんだで行くことに決まったのでした。(笑)(長いわ!)

        しかし、そのお譲りしてくださる方、その後フォロワーさんになったんだけど、実は男性の方でして、そこははじめ分からなかったのでなんか申し訳ないけど、びっくりしました!そして、なんだか申し訳ない気持ちでいっぱいに…汗。


        と、まあそんなこんなで時は流れ、
        前日からマオにゃんやShinjiさんがTwiitterで前のりしたことを呟いてて、いよいよ明日だーってなってました。
        そして、とりあえず金沢をどういう方法で行こうか色々考えてました。(笑)
        車で行くと、駐車料金かかるわ帰り混雑してそうだわ富山と道違って怖いわだし、
        電車で行くにも、どこの駅から乗るかとかそれにしても車どっかに置いてかなきゃだわバスちゃんと乗れるか不安だわ。
        まー結局、県内の途中まで車→電車→バスっていう交通手段でなんとかなりましたがね!
        バスがいつも不安でしょうがないのです、はい。
        しかも今回一人で行くのだったから余計、自分でどうにかしなきゃ!!ってなってて。(普段人に頼りすぎ。殴)


        そして、当日ー!
        睡眠時間いっぱいとっておこうと思ったら、遠足行く前の小学生かよ!ってっくらいにあっという間に目が覚めてしまって、後々眠気がいきなり襲ってきてだるーんとしてて、結構危なかった; 金沢到着後、遅めのお昼をとってまったーりして、アニメイト行ったり、マックで目覚ますのに珈琲飲んで、わざわざ毎度のお決まりのように金沢21世紀美術館に寄って、例のプールを眺めて、ちょっとうろちょろして、会場へ…

        って思ったけど、実際に今回の会場である本多の森ホールに行くのは、石川厚生年金会館だった頃のラルクのまー火以来だっていうことに気づく。そして、以前の記憶がぶっ飛んでるのか、単に年をとり体力が衰えただけなのか、思ったよりも、思ったよりも、遠いよううううううこんにゃろううううううううううううう!!!!!!泣
        うん、侮ってたよ…兼六園横のあの坂を。友人がhydeが好きそうな坂、っていうくらいの坂を・・・トホホ。
        でも、そう言いながらもなんとか会場に到着!
         
        16時半過ぎだったので、だいぶファンの人もいらっしゃって、あーLIVEだー!!って実感沸いたよね、うん。
        とりあえず物販で、タオル(水色)のみ購入。あと記念にガチャガチャを1回だけした!
        呟きでシールがShinjiさんだったと言ってたが、よく見たらゆうやでした。さーせん;
        その後はボーッとして体力温存しつつ、今回のチケットを譲って下さるフォロワーさん兼相方さん待ちしてました。まあ緊張してたよね…
        男性のファンの方との交流って、そんな持ったことないのもあるので、結構不安でしたね。

        で、17時過ぎにご連絡頂いて、初めましてー!とか今日はよろしくですー!的な感じでぎこちなさも残しつつ(私だけ)、お逢いしてなんやかんやと話したり、チケット頂いたりしてました。チケットが届いた際にも座席のお話はしてたんだけど、ちょっと記憶があやふやになってしまっていたので、もう一度座席表とか見て確認してたら、結構良い席じゃない・・・?ってなったり。
        入場開始後は一旦お別れして、私は物販はもうよかったので、そのまま席へ。

        そしたら、席が、さ、席が、すっげードセンター!!!!!!!!!!!!!(列じゃなくて、ね)
        列は、L列!!(通路あって、すぐの1列目!!)

        ひいいいいいいい。めっさ良い場所やないですかー!ですかー!!ありがたや、ありがたや。
        相方さんもグッズ購入後、合流して、席に感動してはりました!(当たり前)
        もうテンション上がりまくりましたね。んで、まーシドの話やらラルクの話やらと色々してたら、あっという間に時間が過ぎていって、客電が落ちました。
        一気に会場がざわめく。「きゃああああ」っていうよりも「ぎゃあああああああ」ってイメージ。(こら)


        ごめんなさい、マオにゃんが出てきた瞬間に、
        「この人、ほんま清春さん好きすぎやろ!!!!!!!!ワロス!!!!(爆笑)」
        って一人脳内で思ってました。
        服装がもう、明らかにそんな感じで、豹柄シャツに黒ジャケ黒パンツ、極めつけに軍帽!!
        明らかに清春さん意識してまるよね?そうですよね?って言いたくなるくらいに私にはそういう風に見えた。
        (後ほど相方さんに教えていただいたのだが、MAO's TVの開局一発目の服装と一緒そうなーそっち見てみて下さい。)
        あと、明希様が髪をピンで留めてて、ベーシスト=ピン留め?とか、超勝手に思ってました。さーせん;

        ってことで、前半(アンコ前まで)のセトリがこちら。



          1. タイトルもまだないのかな?(新曲)
          2. 誘感コレクション
          3. Dear Tokyo
         
             (MC1)

          4. レイニーデイ
          5. 冬のベンチ
          6. モノクロのキス
          7. 合鍵
          8. sleep
          9. 残り香
          10. 嘘
          11. アリバイ

             (MC2)

          12. ゴシップ(新曲)
          13. smile
          14. one way
          15. S

         


        って書いてはいるけど、私、ほんと初心者で曲とタイトルとか一致してなかったりするからね。
        ちょっと調べて載せました。すみません;
        あと、MCの箇所とかもあってるかどうかは定かじゃない。たしか、こうでした的なのです、はい。


        (MC1)の内容は・・・
        その前にやった「Dear Tokyo」でファンに歌わせるところあって、それが今までの公演したとこで一番元気あったと言って頂いた。まだ最初だからね?これだけでの判定では、だからね?って言ってて、最後までその調子でこいやーっ的な感じ。あと、2階席っていうか後ろの席(ここの会場の2階席とかはややこしいのである)の子達のことをすごい気にかけていて、ちゃんと見えてるからねーって言ってたかな。そんで、次の曲に入る前に、「今日雨降ってるー?振ってたー?」って聞いてきたので、ここでまさかの「レイン」くるーーーーーーーー!!?とか思ってたら、「レイニーデイ」でした。おっとっとっと。んで、そうそう、雨降ってないよーとか言ってたら、「じゃあ、明日降るってことで!」っていう風に無理矢理持っていったね。(笑)
        でも、公演終了後、外出たら、ほんの少し小雨が降っていて、ほんまに降った!!?ってなって、すごっ!って思いました。

        (MC2)の内容は・・・
        金沢名物の金沢カレーやらギョーザのお話から始まった。
        (っていうか、私、金沢?石川?でギョーザ名物とか初めて聞いたけど…って後で相方さんにまた聞いたら、ホワイトギョーザとやらがあるそうな。へえへえへえ…(富山の「ブラック」に対抗したんか?とかちょっと思ったのは内緒。))
        それで、今日の夕飯が美味しかった、っていう話になった。なんだっけ…ハンバーグに白身魚のフライにグラタンだったっけ?なんか超こってり、がっつり!!な感じ。で、ゆうやにその話とかいろいろ振ってた。ゆうやはあんましカレー食べないなーとか言ってたっけ?そしたらShinjiにもあんま食べないよね?とか聞いてたかな。んで、えーなんでー!!って。あと白身魚のフライめっちゃ美味しかったのに食べてなかったらしい、ゆうやは後でタッパーに入れてかなきゃ!!とか言ってた。んで、いきなり昨日は何食べたの?ってマオにゃん、振っておきながら、ゆうやが喋り出したら、「うん知ってる!ブログ読んだし!」とか言って、色々話を遮ったり、中断して、違う方向に持っていったりとか、なかなかのSっぷり見せてました。(笑)
        ゆうや、頑張ってた!!超頑張ってたよ!!
        あー、あと、ゆうやが前日に何してたか(マネと釣り、だそうな)も聞かれてたけど、それ後のMCで話そうと思ってたのに言わされてました。(笑)しかもそのことも知ってて話を振っているマオにゃん。お前さん・・・。
        ゆうや、お疲れ!!本当お疲れ様!!
         

        曲に関しては、頭にそれなりに入れてきたつもりだけど、やっぱりタイトルすぐ出てこないのとか多かったなあ。
        とりあえず「モノクロのキス」「嘘」は分かった。(なんとも一般層。笑)
        特に後者の「嘘」に関しては、ハガレン観てうはああああってなってたので、ハガレン曲は1曲は聴きたいと思ってたので嬉しかった。ごめん、なんかありきたりなパターンで。
        あとこの曲の演奏が始まるまでの間とモニターの映像が素敵でした。
        ああいう間をとって、次の曲に行くの好きだわー。
        あと本編は、中間に少し聞くのみソングありつつも、どっちかっていうと盛り上がるような、はしゃぐような曲が多かったようなイメージ。
        とにかく会場全体のボルテージを上げる(そして本人たちも共にボルテージを上げていく)ような内容だった気がします。

        で、最後に「S」。
        聴いたことなかったまま、その日を迎えたんだけど、
        これは、これは、私的にはおおっ!!シドでもこういう激しいのあんのね!!って感心したくらい、ヘドバンの似合うかっこいい曲でした。
        ムッカーさんとか好きなんじゃないかなあーと思ったりしなくもない。(※当社比率)
        ラルクでいう、Shout〜あたりの位置づけですかね、うん。


        まだアンコ前なのに余談失礼しますが、
        私、本当にシドのLIVEの振りとかお決まりの行為とか知らない状態(ちょっとJACK〜で見てたりはするが)で行ったわけですが、
        「咲く」とか、あのー両腕を縦に動かしつつ、体を横に動かすのとか、やってみたはいいけど、いまいちピンと来なかったのです。申し訳ないですが…汗。
        なんか私はLIVEに対して、こういう動きを求めてない!!っていうか、初心者で気恥ずかしいというのと慣れてないのもあったからなのかもしれないけど、違和感があって。
        なんで、ここで「咲く」んだ!!?とか結構思ったりしてました。
        まあ曲によっては、それがあってて自分も一緒にするのが楽しかったりもしたんですが、ね。
        でも、なんか、その…ぶっちゃけ自分には可愛らしすぎた!(笑)
        だから、なんかすっごいアクティブなファンの方々見て、すごっ!(もちろん良い意味で)と思ったし、やっぱ曲によっての振り付けって決まってるのもあるけど、ノリ方とかは自分の好き勝手でいいんやない?って思ったり、と。
        まあこうやって体験したからこそ思えたんですが。人好き好きってことで許してちょうだいなー。

        あ、でもたぶん真後ろの子かな?どんな曲終わるたびにも余韻とかなしで、メンバーコールしてたのはちょっと…;
        まあこれもシドに限ったことじゃないと思いますが。
         

        と、まあ私がなんかそういうことも分かったよーって言ってるわーって話を流してもらって、
        気を取り直して、次はアンコ!!
        (あ、このアンコ始まる前の、本編終わってすぐから、本当すぐにファンの子達が「アンコール!」って言い出して、超はやっ!!って驚いてしまいました。(笑)元気だなー若いなーって。(完全に年を感じる私;))  


            (MC3)

          16. 土曜日の女

            (MC4)
          17. 罠
          18. 妄想日記
          19. Sympathy
            (MC5)
          21. 涙の温度



        客電がまた落ち、メンバーがステージに出てきて、まず衣装が違った。たぶん、ゆうや以外…?
        マオにゃんは、麻でできたような灰色の夏ジャケ&ベスト&半ズボンでした。足ほそっ!美脚…!!
        明希様は、ほぼ半裸に近いくらいに、鍛え上げられたかっこいい男性ならではの肉体美を魅せるように白のノースリーブジャケをただ羽織っておられました…!!はうううううう。にのうでえええええ!!
        Shinjiさんはシンプルな白シャツに黒パンツだったんですが、その白シャツがボタン上から三つくらいは開いてたんじゃないかなー?
        なんか哀愁漂う情緒ある装いで素敵だった。
        んで、元々細いから、汗かいて、密着してる白シャツが余計はふーんってさせてました。
        言うならば、「Speed」時のkenちゃんに近いものがあった気がします!!


        そして、マオにゃんが一言二言…って最初書いてたけど、そうじゃなかったわ!!すみません!笑。
        どこだったかなーっと思ってたんだけど、たしか記憶が正しければ、このアンコで出てきた時にマオにゃんがすごい金沢公演に対して喜んでくれて、その本編の服装のことでもチラッと言ったMAO's TVに動画を載せたいとか言い出しまして、私物のiPhone(だった気がする…)を手にする。
        「なんか5文字で褒めてー」っていうのに対し、誰かが言い出したのか本人から言い出したのか分からんが、「「へんたーい」はいやだ!やめて!」って笑いながら言ってたわ。
        そんで結局、「マオ好きー!」って言って収録。
        それがLIVE後、結構すぐにそのMAO's TVにアップされとりました!
        相方さんがめっちゃ映ってるらしいことを言ってたので、私も超映ってることになるはずだけど、私は自分で観てもよく分からなかったや(笑)。
        (※あ、携帯スマホ専用動画なので、PCでは見れませんよー!)

        で、そういうことしていてからの流れで、
        「いやー金沢いいねー!!熱いねー!!」的なこと言って、「ちょっとかなり久しぶりの、懐かしい曲を歌いたいと思います。」って言って、曲紹介。「聴いてください、土曜日の女」。
         



        ぎゃあああああああああああああああああ!!!!!!!!!
        生「土曜日の女」きたあああああああああああああああああ!!!!!!!!!!





        まさかのまさか!
        えっと、申し訳ないですが、たぶん、いや絶対、私が一番本日テンション上がったところはここでした!(どーん)

        私はまずチケットお譲りしていただくまで、シドの曲ってハガレン曲と、アルバム「hikari」くらいしか聴いたことなくて。そのアルバム「hikari」もすっごい聞き込んでたわけでなく、やはりシングル曲が主になってて。でもこれだけじゃあさすがにLIVEの時、ワンマンなんだし、サッパーリになってて分からんよなあ〜ってなって、少しは予習しようぜ!!ってなって、その後アルバムを少しずつレンタルしては聴いて、の繰り返しをしてたんです。まあ聴くタイミングとか回数もそれによりけりだったんですが、その中でもアルバム『憐哀』がかなり私のツボをついてて!!!たぶん聴いたアルバムの中で一番好きです!!(というか、アルバム一応全制覇したと思ってたら、『play』とやらを聴いてなかった件…泣。レンタル屋にあったかなあ?汗)そのアルバムの中でも、「土曜日の女」はすごく好きだなーって思ってたんすよね!!(この頃の曲、今よりさらに女々しいよね?笑)だから、相方さんにも『憐哀』がいいだとか「土曜日の女」がいいだとか言いまくってて、その日始まる前も歌詞に「バーボン下さい」とか(これは違う曲だけど)とか「環状八号線」だとか(と言いつつ、はじめ私「さいきょうせん?」とか言ってて違うって指摘受けたけど…笑(おいっ!))言ってたんすけどね。まさかのまさか、今日、聴けるとか思わなかったので、そりゃあもう、すっごい、すっごい、嬉しくて嬉しくて!!いやー本当来て良かったあああってしみじみ思ったね、あの時。最高でした!!
        ご馳走様でした・・・・・・!!!!


        そして、この曲歌い終わって、マオにゃんがまた色々発言。
        「いやーすごいねー、日曜日の女にはなれないんだよ?それ、俺最後3回も言うからね〜」とか「懐かしい曲だけど、これは数十年後、年食ってから(50歳くらいのおじさんになってから、だったかな?)アコギ一本とかで歌えるね!」とかも言ってたー。うん、いけるね!!
        で、「次も"また"懐かしい曲しようかな〜と。聴いてください、罠。」ってな感じで「罠」へ。
         
        その瞬間、相方さんはもちろんのように、周り皆、さっきよりもさらにどよめいて歓声がすごかった、です。
        私は先ほどの「土曜日の女」にすべて持っていかれてたので、え?えっ!?そんなやばいの!!?って完全に浦島太郎みたいな状態に。(苦笑)
        後ほど、相方さんに聞くと、「土曜日の女」以上に希少価値のある存在だったそうで・・・罠。
        そして先ほども述べたように、私その「罠」の入ってる『play』を聴いてない・・・罠。そりゃわからん罠・・・。


        でも、それだけ貴重なものが聴けたことは素直に嬉しかったです!
        んで、そのまま皆テンション上がりまくってたので、その勢いで「妄想日記」に突入。
        これはもうシドのLIVEの定番曲なんだろうなーって思ってました。
        (さっきからラルクで比べてばかりで申し訳ないが、ラルクでいう「Link」あたり、かな…?)
        この曲に関しては、ちゃんと振りが他の曲よりもしっかりと決まってるらしく、皆もメンバーも楽しそうでした。
        んで、たしか、この時の途中だったかな?次の曲で…はなかったはず?私は下手側にいたマオにゃんやステージ上の明希様とかを見てるときやって。


        な ん か い き な り 、 め の ま え に し ろ い ひ と が あ ら わ れ た ! 

        うん、颯爽とテンションがハイだったのか、ご機嫌よくShinjiさんが、目の前の通路を通過していきました…!!
        超びっくりしたああああああああああああ。
        不意打ちすぎ・・・!ひー!!!今、目の前で何があった!?って夢のようなドッキリで!もう本当びっくり!相方さんと、はじめ「えっ!?えっ!?」ってなって、「うひゃああああああああ」ってなったね。そりゃなるね。いや、本当心臓飛び出しそうなくらいの不意打ちっぷりで。やられたわー!!!笑
        そのままあっという間に「Sympathy」が終わり、ラストのラスト。
         
        その前のMCの内容があまり思い出せないのは何故だ…orz
        (たぶん、白いシャツの人のせいだと思いたい)
        とりあえず、初めの方からも結構言ってたんだけど、また金沢くるね!ありがとう!!的な感じのと、ゆうやが白身魚のフライを持ち帰らなきゃ!って言ってた気がします。
        とまあそんな感じで最後はやっぱり、しっとりと、「涙の温度」。

        ワイワイしたり、じゃんじゃん騒げるような曲をLIVEで聴いて体がそれにあわせてノるのもいいけれども、こういうしっとりした、まさに"生で聴く""生音を体感"っていうことに専念したような曲を味わうのもこれまた良いもので。体に音源よりもやはりガツンとドカーンと伝わってくるものがあって、好き。

        にしても、この時の曲途中でベース休みのところでの、明希様が超エロいこと、エロいこと!! 
        歌詞に合わせるように体現してくださってたんですが、
        半裸にノースリーブジャケをオープンにしてるだけというものの、やはり一応は服は着ている状態なわけですよ?その状態で、ジャケをチラつかせ、右側美体を魅せまくったと思ったら、今度は左もきたーーーー!!ってなって。こうジャケをバッ!!って脱ぐよりも、そうチラ見せ、いやチラ魅せさせるなんて、エロさ倍増でごやんす!! けしからんのです!!!!もっとやれ、状態なのです!!!!ハァハァハァハァ(落ち着け)
        もう、そこのところは明希様に釘付けでした!!

        ってちゃんと曲も先程述べたようにしんみりしつつ、ハァハァしつつ(だからお前…)、あー終わっちゃうんだなーって思いつつ聴いてました。

        そして、曲が終わって、マオにゃんが「ありがとう金沢ー!!愛してるー!!」みたいなこと言って終わりかと思ったら、違うんですね・・・・・・!!!(笑)
        とりあえず一番先にマオにゃんがそう言った後は、
        明希様も「ありがとうー!またくるぜー!お前ら最高!」みたいなこと言って、
        いつも(?)のようにお手てを狐にさせたりしてコミュニケーションをとった後、捌けていかれました。
        と思ってたら、


        その間にいきなりマオにゃんがさっきのShinjiさん同様、通路に走りにきたああああああああ。
        うわああ微妙にタッチしてしまった。たぶん左胸あたりの服を。(笑)
        んでもって、またShinjiさんもまたきたあああああああああああああ。
        そんで、これでゆうやがしないでいるはずもなく、ゆうやもきたあああああああああ。


        っていうか、私はその通路列の席だったからいいんだけど、皆やっぱ近場の席の人たち(?)なのか触りたいわけで、すげええ飴に群がる蟻状態でぶわああああと人が集まってきて、怖かったです…はい。いい席にいて、すいませんでした…!!泣。あれは、かなりぶっちゃけ怖かったです;

        っていうか、最後のゆうやの時、あまりにも人が来すぎてさすがにスタッフついてたしね。途中で中断するんやないかと思ったわー。で、なかなかステージに戻って来れないゆうや君をマオにゃんとShinnjiはなにか二人で笑ってこそこそ話してました。
        んで、ゆうやが無事帰還してこれそうなところまで来たら、Shinjiが一言二言、やっぱり「ありがとう!!」的なことを言って捌けていきました。


        んで、次はどうやら、ゆうやの番らしく、
        そのちょっと前に相方さんがなんか(おい)言ってくださったんですけど、理解できず。
        でもなんか知らないけど、ゆうやが会場にいる人皆に確認を取り始め、「オッケーやね?うんうん」とジェスチャーで言い、お立ち台のところだったか、スピーカーだったか忘れたけど、なんせマイクスタンド前のなにかに座りました。
        相方さん含め、小さい声…っていうか数人の声で、ちょっとだけ聞けただけで、「んっ?」って感じになる会場内。ゆうやさん、がっくり…;「ええええー」ってそりゃ芸人負けしないすっころびな感じの驚きにあふれんばかりのズコーでした。

        なんか彼曰く、前の公演場所仙台(だっけ?)から決めたらしいんだけど、
         
        「俺ドラムじゃん?後ろにばっかいるじゃん?皆とコミュニケーションがなかなかとれないから、ここでとれたらなあと思うのね?だから、そのインターネットのブログ?mixi?facebook?Twitter?(ここら辺の単語すべて、なんか発音良さげに言ってた。笑)とかに皆書いて、他の人に広めて欲しいんだよねー!よろしくー!」
         
        とのこと。
        「あ、今日の君たちのは15点くらいだね〜。え?もう1回?やらないよーそんなのー何回もしてたら駄目じゃん。」みたいなこと言ってたけど、皆の「えー」って声や「もう1回!」って声がおさまるはずもなく…
        「えー、じゃあ男性はすごいかっこいい声で「お願いします!」、女性はめっちゃ可愛い声で「ゆうや〜おねがい〜!!」みたいに言ってくれたら…」
        って言うと、即「お願いします!!」って男前な声でマオにゃんが入ってくる仕打ち。(笑)
        ちょっ、え…ほんとこの人…(笑)
        まあそうは言いつつも、皆がいっせーいのーでな感じで、ご要望どおりお願いしたことで、ワンモアチャンスきたー!!
        ちゃんとまたマイク取りに行くところからやってくれるゆうや。や、やさしい…!!
        で、まあ当たり前だけど2回目はちゃんと皆大声で言って大成功!
        そんなことをして、ゆうやも「ありがとう!また来るねー!」っていうようなこと言って捌けていきました。
         
        そして最後にボーカル・マオにゃん。
        (以前シドLIVEに何度か行ったことがあるフォロワーさんが、マオにゃんはすぐ捌けないんだよなーっていうのが記憶に残ってて、ああこういうことか!!って一人納得してました。笑)
        とりあえず本当に金沢最高でしたー!とか、また絶対来るからね!的なこととか、愛してるー!!とか言って、投げチューしてたかな…?
        で皆のマオさんへのコールやら咲きやら投げチュー返しやらを、
        体にすべて受け止めるようにして腕を広げてたのを自分の体を抱きしめる状態にしてました。
        んで、もう一回ありがとうー!!って言いながら去っていかれました。


        そして、すぐに客電がつき、エンヤっぽい(エンヤだったような?そうじゃないような?)のが流れ、場内アナウンスで「本日の公演はすべて終わりました」って放送され、公演内容すべて終了!

        名残惜しいけど、帰りのこともあるし、キリないので退散。
        んで結局、その相方さんと興奮冷め止まない状態で、でも私のバス+電車の時間もあったので急ぎつつ、夕飯を居酒屋で。
        それでも結構色々ライブのことやらなんやらと話して楽しくお食事もでき、良かったとです。
        たぶんバスとかの時間気にせずやったらキリなかったんじゃないかなー?(笑)
        まあそんな感じで、ほどほどの時間で相方さんとも別れ(ちゃんとバスも教えていただいたので大丈夫だったー!助かりました。)、バス+電車+車で帰宅。
        それでも帰宅したのが0時前…!!!!おおおっ・・・・!!素晴らしい!!!
        地方でのLIVEだからこそできる日帰り参戦ありがたし。遠征は遠征で楽しいけど、なんかホッとするんよね。

        ってなことで、帰宅した時点で「LIVEは帰るまでがLIVE」っていうのも解き放たれ、無事終了。
        お疲れ様でしたー!!!
        いや〜今回は初ワンマンにも関わらず、かなり良い席で、楽しませてもらって、ありがたかったです、本当に。ありがとうございました!!!!!
         

          *  *  *  *  *  *  *  


        で、終わりにしないのが私。え

        どこまでのどのような方が、このド辺鄙なブログのこの記事を読んでいらっしゃるか謎でありますが(本当謎…)、
        今回度々シドのLIVEにも関わらず、ラルクのLIVEとちょいと比べさせて貰いました。ここに文章として書いてないとこもあるだろうけど。
        そうやって比べてしまうと自分自身も萎えるんじゃないか…って感じもあるかもしれませんが、私は結構平気かな?
        ただここを読んでて平気ではない方もいらっしゃるかもしれません、ので。
        各々のミュージシャンに各々の特性つうものがあって、それに関してあーだこーだとか言うとそれこそキリのない話だろうし、結局は自分自身の受け入れ方の問題だったりするとも思うわけで。
        だけど、ついついシドさんは特に、その「特性」自体を私が知らなかったという点もあり、また彼らがラルクにある意味近しい(っていうと語弊あるかもだが;)道をたどってるような気がしたのもあって、余計に気になったのかもです。
        ムックさんの時もそういうのはあったかもしれないけど、あれは箱LIVEだったのでなんとも言えないんだよね;

        で、何が言いたいかっていうと、
        シドさんは今、メジャーして名が知れ渡ってきてる最中なんだろうと思ってます。そこそこ?(偉そうですいません)
        そして、これからもうちょっとしっかりとした己たちの立ち位置を作る時期なんだと思います。
        そういう意味では、まだLIVE演出にも"幼さ"を感じずにはいられないところがありました。
        それが悪いとは言わない、よ?
        だけど、大変なのは分かってるけど、頑張って欲しいから言わせて貰うわけで。
        なんていうかそろそろ、このままでいいのか?とか考えてく頃なのかなーって思ったりしたわけ。
        とにかくそういう思いもひっくるめて、今後良い方向に進んでいくこと期待していたいなあと思うばかりです。

        でも、それこそ、あれよ?
        「S」みたいな曲とかもできるんやし、じゃんじゃん色々挑戦していくのもいいね。
        (っていうか、ラルクばっかのLIVEに行き過ぎてるんだよ、私は。そして、ラルクはまた別格だろうよ!っていう;)


          *  *  *  *  *  *  *


        ってことで、今度こそ終了ー!!
        ここまで読んでくださった、超素敵であり変わってる(おい)そこの貴方、ありがとうございます!!!
        久しぶりのブログ記事書き、しかもそれがLIVEレポとか、ぶ、ぶっちゃけ疲れたぜ・・・orz
        (実は味スタのレポ途中でやめてあるのとか、MSG公演のLVレポ途中でやめてあるのとかあるんだぜえええ。あはは)
        でもやっぱこうやってTwitterで書きとどめれないことをわあーって書くのもいいね。私だらだら書くから。苦笑
        ってことで、気が向いたら更新!って感じで、なるべく、ほんとうなるべくですが、まだまだ頑張ります。


        さて、今週末土日は東京へちょっくら行ってきます!

          土 → 「横須賀」とかいうから都会だと思ったら辺鄙なところにあるところの美術館へ
          日 → 真田十勇士をモデルにしたアニメの声優さん出演イベントへ
         
        さらに、これにちょこちょこなんか観光っていうか買い物とかするし!東京行くんだから!!
        それも味スタ一日目に初会いして以来、実は会ってない友人と久しぶりの再会+一緒にいる二日間なのです!ワクワク
         


        BGM:X X X (hydeless version)/L'Arc〜en〜Ciel
         (何も書いてない間も拍手ありがとうございます!!感動・・・!!)
        0
          2012.06.20 Wednesday ... comments(0) / trackbacks(0)
          #森山直太朗 コンサートツアー2010 『真っ白な鳩を九十九羽飼っていて』
          JUGEMテーマ:森山直太朗

          【森山直太朗 コンサートツアー2010『真っ白な鳩を九十九羽飼っていて』 10月11日(月) 富山オーバードホール】



          タイトル長っ。
          ということで、ここでもツイッターでもつぶやいていなかったけれども、急遽友人がチケットをある方から譲り受け入手したとのことで、森山直太朗の富山公演に行ってきました!まあ以前友人にこのコンサート行きたいって、さらっと言ってたのもあったのがきっかけなんだけど、その後色々あって行く気が薄れていってたんだけれども、友人がチケット欲しい?ってありがたくも聞いてくれたので、あ、やっぱり行こう!という感じで、参戦することになったわけです。ちなみにいつぞやの、たぶんこの コンサートの会場の下見&宣伝がてらに来てた無料トークショー的なのに行く気だったんだけれど、それは結局行けなかったんだよね・・・。なので、今回がお初の生森山でした。
           
          でも、ニューアルバム『あらゆるものの真ん中で』を引っ提げてのツアーなんだけれども、そのアルバム自体は買おうかどうか悩んで買わずじまいだったので、行く間際になってから某レンタル屋でCD借りて、ちらっと予習しただけだったので、曲分かるかな〜って心配だったりしたんだけれども、けれども、なんとかそのアルバム曲と初期の頃の曲が分かったので、不安はどこへやら状態。ま、あれだよね、曲を知らないと面白くないのもあるけれど、ライブで聞いてそのあと復習がてらに曲聴いてみたら、ああ!!これ聴いたやつじゃん!!とかそういう感動もあるので、それはそれでいいんじゃないかと。それによって違う風な印象を受けたりもするだろおうし。まあでも、やっぱり私は予習しとかな不安だけどね;
           

          ちなみに今回の席は2階O列の上手より。
          来たことある方はご存知の通り、オーバードホールの席はちょっと特殊で、通常1階といわれるところの後方が2階なんだよね。
           
          これに関しては、森山んも語った。で、お客さんから「5階もあるよー!」ってしつこく言われてて、えっ!?ってなってた。(笑)しかもしつこく5階のこと強調されていたから、「うん、それは後でメールするから」とか言って聞き流してて面白かった。そう、彼は歌がうまいだけじゃなくて、MCのトークも面白いのだ。もう喋りだけでも頑張ったらライブできるんじゃない?と思うんだけど。第二のさだまさしを目指せばいいと思う。なんつって。あと、皆が皆、ラルクのライブとかみたいに名前を叫んだりするような感じじゃないので、一際目立って叫んで質問とかしてる人がいて、その人に「あの人よく喋るよねえ〜」とか言ってた。(笑)あと、途中くしゃみをするお客さんにも「大丈夫?本番中くしゃみするとかすごいよねえ」とか言って、さっきゲップしそうだったみたいなことも話してたなあ。
           
          でも、あれだよね。まー火の金沢のhydeさんのことも思い出したんだけれども、MC途中で相槌とか欲しいわけじゃないところで、話を遮られるのはちょっと・・・なんていうか困るよね。彼らはそういうのを何度も経験してるから受け答えとかうまくかわす術を知ってるだろうけど、でも話の腰を折られるのって、いい気しないんじゃないかなあーって思うんだよね。そりゃあなにか聞きたいとか場をもっとよくしたい気持ちも分からんでもないけれど、でもタイミングをもうちょっと考えて欲しいなあと思う。実際、そんなお客の問いかけよりも本人の話を真剣に聞きたい人もいるんだから。ってことを、その例のお客さんを見て思った。まー、それもライブの醍醐味といえばそれはそうなんだけれどもね。
           
          そんなグダグダした話はどうでもよくて、ここでセトリを。



            1.知らないことが多すぎる
            2.ラクダのラッパ
            3.雨だけど雨だから
              (MC)
            4.花鳥風月
            5.生きてることが辛いなら
            6.夏の終わり
            7.例えば友よ

            <弾き語りコーナー>
              (MCも交えつつ)
            8.愛し君へ
            9.花
            10.人のことなんて

            11.トニー・マイフレンド
            12.なんにもないへや
              (たぶんMC) 
            13.四月になれば
            14.グングルパーニャ
              (ちょっとMC)
            15.夜の公園で渡すつもりのない手紙を書いてる
            16.トルコの人形
              (MC)
            17.言葉にすれば(最新シングルの両A面の)
           
            <アンコール>
            1.フォークは僕に優しく語りかけてくる友達(新曲)
               (MC)
            2.さくら(独唱)


           と、こんな感じです。

          ぶっちゃけアルバムひっさげてのツアーなんだから、アルバム曲メインかと思えば、そんなにメインでもなく、要所要所に初期曲や新曲が入ってきて、拍子抜け。アルバムの曲数多いんだから、もう少しアルバムの曲してくればいいのに〜と思ったのが本音。「優しさ」と「涙」がちょっとなくてがっかり・・・。でも、「夏の終わり」や「愛し君へ」や「花」が聴けたのは嬉しかったなあ〜!とくに「夏の終わり」は大好きなんで、生で聴くことができて最高!
           
          あとはやっぱりアルバムの中でもシングル曲の「生きてることが辛いなら」は胸に響くものがあったね。この曲は問題作として、昨年メディアでよく取り上げられていたけれども、私好きだなあ。だって、メディアでとりあげてるのははじめの"いっそ小さく死ねばいいのに"っていう一部分だけなんだもの。そりゃあ私も簡単に「死ね」なんて言葉使う人は嫌いだけれども、この曲の根っこの部分は歌詞をしっかり読み取ればわかるわけで。実は「生きろ、生きろ」と訴えかけてるわけで。そこを分かって批判するのなら分かるけど、それを知らないでなんてひどい歌詞だ!って言われるのはどうかと思う。
           
          ちなみに森山んの歌詞(まあ1人で歌詞を書いてるわけじゃないが)というか曲には、だいたい3パターンにわかれると思うんだよね。1つは上記のように「生きる」ことなど社会問題を皮肉めいてるもの。2つめは、自然美、風景美といったような美しさを綺麗に歌ったもの。そしてもう1つは、ちょっと作られた不思議ちゃん的な変わったもの。私はその中で、前者の2つが好きなんだよね。だから余計に「生きることが辛いなら」とか今回は歌われなかった「生きとし生けるものたちへ」(だっけ?おい)や「夏の終わり」、「風花」などが好きなんだよねえ。うーんと、不思議ちゃん系は正直何を言いたいんだよ!!ってツッコミを入れたくなるときもある。けど、その不思議さの中にあるふとした歌詞にはっとさせられる部分もなくもないと思うわけ。でも、今回のアルバムは不思議ちゃん系が多かったので、もうちょっと昔のように前者の2パターンを製作してほしいなあ・・・。


          と、またライブの話じゃなくなったけれど;
          でも最後の最後に「さくら(独唱)」を持ってこられて、ああやっぱりそうなんだ〜と思う半面、あのさくらが生で聴けるとは!!と嬉しかったです。やはり、彼の代名詞みたいになっちゃってるもんね、この曲。いい意味でも悪い意味でも。でもそういうこと関係なしにして、この歌はやはりいい曲で、鳥肌たった。というか色々な曲を聴いて、好き嫌いなしにほんとこの人は歌がうまいなあ、とつくづく思った。よくもまああんなすらっと綺麗にさらっと上手く歌い上げることなんでしょう。やっぱ、ほんとすごい!の一言につきたね。

           
          ということで、そんなレポにもあんまりなってないレポでしたー。
          ここまで読んでくださった方々ありがとうございます。すいません、こんなレポで;
           
          いつもノリノリ系な席があっても立ってみるライブにいってるけど、こういうしっとり(っていうほどしっとりでもないけど)としたライブもいいなあと思った。というかライブというよりも、コンサートだなあ。てことで、久しぶりのコンサートだったのもあって、やっぱ生演奏を聴くのは、CDとまた違うよさがあっていいなあと思って、他にもじゃんじゃん行きたくなってしまった・・・;また何かいい公演がありますように。


          BGM:涙/森山直太朗
          (拍手ありがとうございます!
           なんかうまく最近拍手ボタン表示されてなかったみたいだけど、ブログ記事すべてにつける方法を知ったのでそちらにしました。なので、二重になってるとこもあると思うけど、そこはさりげなくスルーして下さい。(笑))
          0
            2010.10.12 Tuesday ... comments(0) / trackbacks(0)
            #JACK IN THE BOX 2009 12月27日(日)日本武道館 その2
            JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE!

            【JACK IN THE BOX 2009 12月27日(日)日本武道館】
             
            その1の続きです。
            詳しいセットリストやメンバーなどは公式サイトへ、ごーして下さい。
             

            9.カラス
            初カラス。
            逹瑯がボーカルというのもあって、すごい興味はあったんだよね!他のメンバーはあいにく知らないんですが;そんな逹瑯さんは、ムックの時とは違ってがっつりカラス用メイクして、服もカラス仕様のものへ。髪も巻き巻きしてた。PVと同じ衣装かな?1曲目はもちろんの如く、シングル発売決定になった「LASTICA」。映像紹介で流れてたのも聴いたり、夏JACK参戦のSちゃんにどんな感じか教えてもらったけど、なるほど、そうきたか!みたいな。確かにムックの時よりもキャッチャーでどちらかというとJ-POP系に近く、耳に残りやすい曲。私なんて、その日の夜寝る時思い出して頭の中で「ラスティカ〜君を連れて〜♪」流れてたくらいだし。シングル買うぞー!
             
            2曲目に関しては、逹瑯が「分かるかな?ちょうどその世代っぽいね」みたいなことを言って始まったアニソン。私は分からなかったんだけど、どうやら「幽々☆白書」(字違うかな?)の主題歌だったみたいで。結構知ってる人もいて盛り上がってました。


            10.Session D
            セッションで、ベース明希=ボーカルhydeと思ってたら、ボーカルはなんと逹瑯!!!そうきたか!みたいな、期待をいい意味で裏切ってくれたよ。しかも今回Shinji君セッション参加できてるし!(笑) 1曲目は何の曲か分からなかった。(んだけど、後々調べたらどうもBUCK-TICKさんの曲みたいで。)そのまま2曲目もなんだろう、知ってる曲だといいなあ〜と思ってたら、まさかの

             THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの「バードメン
             
            ・・・!!!衝撃と感動で頭の中が真っ白になりそうだった。もうねえ、逹瑯か誰が選曲したのか分からないけど、ナイス!!!ナイス過ぎる!!私ミッシェル好きなんだけども、その中でも「バードメン」はカラオケでよく歌わせてもらったりしてる曲で特に好きなんだよね。だからもう感激で。まさかここで、しかも逹瑯がボーカルのセッションで、聞けるとは思いもしなかったんで、もー最高に嬉しかった。しかも逹瑯の声がすごい曲に合ってて、うまいんだよね!めちゃくちゃ良い!ってことで、ここでまた最高のテンションになった私でした。
             

            11.ギルガメッシュ
            ごめんなさい、この時はセッションでハイになってて、頭の中はその残像が残ってばかりいたんだよね;でも去年聞けなかったので今回は聞いてノれて良かったー。特に炎出した(よね?)最初の曲と、あと最後の曲かな?この2曲が良かったなあと思う。まだまだ知らないづくしだけど、この時間帯に出演できて(本人達自身も言ってたけど)おめでとう!
             

            12.TETSUYA
            やっときたあああ!と思い、早速紹介映像の間にサイリウムを準備。そしたら同じように待っていた人がちらほらとサイリウムを光らせていて、客電が落ちた時、L'7の時ほどではないものの綺麗だった。
             
            サポートメンバーが準備完了した後、やっとのことで我らの林屋ペーさんことTETSUYAさん登場!曲はまず今まで「Fresh(仮)」だった「New Song(Untitled)」をお披露目。これはタイトル変わるのか?というかむしろ、発売決定したとか!?正式なタイトルがそろそろつくのかなあ。その後はこれは初聴きの「Roulette」。相変わらずなポップなソングで、と初めて聞いて思った。・・・というよりも、ノッてタオル振り回してるのに必死であんまり曲ちゃんと聞けてないかも;あはは。でもこのタオル廻すの楽しかったー。周りにぶつからんよう気をつけなきゃだったけどね。そして次は

             「TIGHTROPE」

            きたー!!!正確には「TIGHTROPE〜SCARECROW」のメドレーだから、少しだけなんだけどね。でもね、でもね、生で「TIGHTROPE」が聞ける日が来たなんて思うとすごく嬉しくて嬉しくて。ちょっとうるっとした。えっと、説明すると長くなるんだけれども、短く言えば、今の私があるのはこの曲を知ったことからだったので、すごく思い出のある曲なんだよね。だから嬉しくて嬉しくて。あーもう、フルでなくても聞けたことで十分嬉しかった。ありがとう、TETSUYAさん!
             
            その後は「lonely girl」へ。
            この曲のサビ(だったかな)でお馴染みの銀テープが噴射。うわ〜っと、浮遊する銀テープをぼーっと眺めてた。そんで持って、ありがたいことにアリーナなので、こちらに向かって落ちてきて、まさかの銀テープ(緑色)という戦利品をGET!初ですよ、初。初の銀テープGETがTETSUYAさんとか・・・!なに、この贅沢は!もう申し訳ないくらい、ありがたすぎる。ここでまたテンションハイに。とにかく一生大事にします!!
             
            この曲が終わった後、MCだったかな。とりあえず、「TETSUYAでーす。TSUTAYAじゃないよ!」って本当にまた言った。(笑)本当、この人同じこと言うなあ〜。予感的中。あと、「(武道館に人が)入りすぎじゃない!?」と言ってた。うん、でもまだ空いてる席もあったから、きっともっとすごい入ると思うんだ。空席があってもったいない;仕方ないんだろうけど。そんな感じでMCは少なめ。
             
            そして最後に「15 1/2フィフティーンハーフ」で〆。この曲を聞けたのも初めてで嬉しかったんだけど、切ないねえ。なんだか色んな思いがあるけど、見守っていくよって思った。しかし、新曲に関してはなんとも言えないけど、今年歌ったアルバム曲は以前よりもうまくなっていたような気がする。ライブもあることだから、いっぱい練習してんのかな?とにかくまた歌がうまくなってると思って、TETSUYAさん頑張ってるなあ〜と思った。来年のライブが楽しみですね。
             

            13.Shinji
            ちょっ・・・!!!!爆笑
            『金曜シンジロードショー』って!なんか映像とかついてパワーアップしてるんですけど!笑

            しかも"東映"ってなるところが、ちゃんと"現役"になってるし!まさか今回もこのコーナーが来るだなんて思いもしなかったので、不意打ちすぎて、しかもさらにパワーアップしてて笑ってしまった。何、この美味しいとこどりみたいなコーナーは!もうShinji面白すぎる。
             
            今年は髪を久しぶりに金髪にしたことからネタをだしていて。昔、十年前ほど(?)、金髪にしようと美容院行ったけど、失敗して髪チリチリになっちゃって、しかも白髪で、ひきこもったり、バイトさぼったり、近所歩いてたら見ちゃいけませんって子供に教えてるお母さんがいたりしたりなどなど。そのネタで「僕とロンゲとカツアゲ」(しかもタイトルはじめ間違えて言ってしまってるし;)を弾き語り、最後にいつものように「幸せってなんだろう・・・」で、ロードを熱唱。しかもお客さんに歌わせる。(笑)あの時の武道館の一体感は素晴らしかった!!そして、最後はもちろんの如く、マイクスタンドの下に太田○酸を置いていくという・・・。

            もうねえ彼には毎回このコーナーやってほしい。むしろDVD化してください。
            とにかくおかしくておかしくて、皆をほっこりさせてた。笑いすぎてお腹痛くなったよ、まったく。笑


            14.Session E
            ん?そろそろhydeさんが出演か?とか思ってたら、ボーカルとベース一緒に発表されて(たしかそうだったよね?)、まさかのまさかtetsuyaさん!ボーカルはマオ!何、この新鮮な組み合わせは!?
             
            1曲目はtetsu名義でシングル化してる「Can't stop believing」。あらまあ!今日この曲歌わないんだーって思ってたら、まさかのまさかでこんなことになるなんて・・・!すごい。マオが緊張するのも分かるよ。しかし、出だし緊張しすぎてたのか、真矢のドラムが迫力ありすぎたのか、声が小さかった。けれども、それは本当に最初だけで、素晴らしい歌唱力で歌い上げるマオ。すごい!あの緊張するメンバーで頑張ったなあ、と思った。

            で、次の曲する前にマオとtetsuyaさんがMC。マオはとにかく「緊張してます。」とかそんなの。tetsuyaさんは、「え?なに?お前はベースだけ弾いとけって?」とか言い出す始末。なんていう自虐的なんだ・・・;そんなことないけど、やっぱりベース弾いてるtetsuyaさんを見るのが嬉しいんだよね。本人もベースを弾けるのが嬉しいのか、「こうやって久しぶりにベースを弾ける状態にしてもらえて、嬉しいです。感謝してます。」みたいなことも言っておられたなあ。そして、「何の曲やろうか〜って、YOU TUBE見てて、"そいつ"が特に好きだった曲を1曲・・・」ってなって、2曲目に突入。

            曲自体は知らなかった(後でセトリ見たら、「蜃気楼」だと分かった)けど、tetsuyaさんがいう"そいつ"っていうのは例の彼のことだろうって分かって、聞いていたので、なんだか非常に切なくもあり、悲しくもあり、でも皆こうやって前に進んでいるんだなあと頑張っているんだなあと思ってみたり、と感慨深いものがありました。きっと天国から今回のJACKも見守っていてくれていたと思うよ。

            tetsuyaさんはよっぽど、このセッションが嬉しかったのか、セッションメンバー皆と握手したりしてた。ああ頑張ってるなあ、と。ああ幸せなんだ、と。なんだかセッション2曲目は切ない感じだったけれども、でもなんか微笑ましくも感じるセッションでした!
             

            15.Ken
            やっとこさ、Kenちゃんの出番きたー!
            結構遅めな時間だったはずだと思っていたけれども、こんなにも遅いとは思わなかった。ていうかオールスターズを抜かすと、トリだったんだね今回。紹介映像の時に、ライブDVDの映像も流れて、やっと他のブログさんとかで読んでいて知ってた、ファンになっちゃいそうなコーラスのTomoちゃんのことが見れて、ああこれはやばい!と思った。というか実際生で見て、皆がそう言うわけが分かった!セクシーでかっこいい!こんな女の人、よく見つけてこれたなあ、Kenちゃんと思った。それほど魅力的な女性でした。
             
            そんなもんだからKenちゃん見るか、Tomoちゃん見るか、JOEさん見るか(去年知って一目惚れした。笑)悩みつつ、とりあえずキョロキョロしつつ、曲にノってました。Tomoちゃんが、皆をノりやすくしてたのもあって、ノリやすかったー。素晴らしいはTomoちゃん。そして、どうしたらそんなに素敵な女性になれるのか教えて下さいな。

            曲自体も1曲目(カバーだったんだね)以外知ってるのだったから、余計に良かった!「Spin Along」の時、Tomoちゃんが鞭を振り回してるのもドキドキもの。楽しかったし、なによりKenちゃんが楽しそうに満足そうで、そのまま一気にはけていったんだよね。あれーMCなし!?みたいな。あっという間の時間だった。
             

            16.MAVERICK DC SUPER ALL STARS
            Kenちゃんのライブ後の転換で、JOEさんのドラムセットがそのままになってたから44MAGNUMかな?って思ってたら、マイクスタンドが総ざらいのようにステージの上に置かれていくので、ああ・・・これはオールスターズだなあと一人納得。
             
            そしたら、デンジャーが25周年を迎えますって告知みたいなのがスクリーンに流れ、44MAGNUMが映った後、若い最近のレコーディングをしたバンド順に映像で紹介されていって、ラルクの映像が流れる。この時の会場の叫び声の、どよめきのすごさといったら、なんともいいようのないくらいすごかった。どれだけ、ラルク待ちのファンがいるんだ!?ってくらい。そうだよね、映像だけでも流れたらそりゃ喜んじゃうよなあ。そして、44MAGNUMの映像になり、「すべてはここから始まった」というテロップが流れ、44MAGNUMメンバー(ベースは大石社長)登場。

            その後、PAULさんが順に出演バンドのヴォーカルのメンバー紹介をしていき、最後に「hydeー!」と紹介され、hydeが登場。
             
            もう武道館だけ、地震か台風起きたんじゃないかっていうくらいの、皆の嬉しそうな叫び声。ああ、やっぱりこの人出ると美味しいところ全部持って行っちゃうよね、仕方ないんだけど;ってな風に感じながらも、やっぱり自分も喜んでしまう。反則だよね、彼はもう。(いい意味で)だからこの最後に出てくるだけでも十分なんじゃないか、って思うところもあったりする。まあセッションしたり、普通にhydeかHYDEとして出てくれても嬉しいんだけどさ!あ、今回ももちろん当たり前のように、豹柄コート着てきてました。好きだなあ、豹柄(笑)
             
            そんなこんなで、最後は皆で44MAGNUMの「STREET ROCK'N ROLLER」でボール投げやら紙吹雪(GETしちゃった!!しかも結構いっぱい。というか席に落ちてた。これも宝物。)やら電車ごっこやら。
             
            いい年したおじさん達が電車ごっこって・・・!

            でもなぜかニヤニヤしてしまう自分がいるわけで。いやー、あれはなんかまさに事務所忘年会ならではって感じで良かった〜。なんちゅう貴重なショットなんだよ!みたいな。もう皆悲鳴がすごいのなんの。これぞ、忘年会!って見せ付けてくれました。ありがとうございます。
             
            そんなこんなで2009年のJACK IN THE BOXは終了しました。
            お疲れ様でした!

             
             *

            ということで、レポとは言っても所詮感想文程度のレポは終了。
            ここまで読んでくださった方、ありがとうございます!めちゃくちゃ贔屓目で主観的な感想文だけども;

            これでJACKは、一昨年と今回の(去年)2回参戦したことになるけれど、一昨年は慣れてなかったし途中抜け出したりと忙しかったけど、今回はちょっと分かってるところもありつつ、新しい発見もありつつ、ゆっくーりとすべてのバンドやセッションを見れたので良かったなあと思います。なんだろ、去年ほど、うわーおっ!っていう感じのサプライズな豪華メンバー出演(でも今回も人によっちゃサプライズゲストが豪華だったかもしれないけど)があったわけではないけれども、とても楽しい時間を過ごせたので良かったです。行って良かった!!なにより楽しかった!!

            いいね、この忘年会ライブは。
            今年もまた参加したいなあと思います。なので、皆さんまたよろしくお願いします!
             

            BGM:シヴァ/ムック
             (拍手ありがとうございます!
             今年は、昨年祖父が亡くなりましたので、申し訳ないですが、年始のご挨拶は控えさせていただきます。)

            0
              2010.01.02 Saturday ... comments(0) / trackbacks(0)
              #JACK IN THE BOX 2009 12月27日(日)日本武道館 その1
              JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE!

              【JACK IN THE BOX 2009 12月27日(日)日本武道館】
               
              jack2009 
              待ちに待ってた、年末の大イベント忘年会ライブ、JACK IN THE BOX 2009!!
              行ってきました!

              夏JACKやイナズマロックフェスに行けなかった今年ですが、無事このライブには参加することができて良かったあ。とにかく楽しめたので、レポにはなれないような感想文を書かせてもらいます。
               
              当日、私は9時近くに会場へ到着。
              そしたらグッズの列が、すでに長蛇の列で大変なことに!これは急いで並ばねば!!と思い、速攻並ぶ。まあグッズ販売が開始していなかった状態だったから、余計長蛇の列に思えたのかもしれないけど、皆9時前に来てるとか早すぎる!!かくいう私も結構早めに行った方だと思うけど。(笑)一人で並んでいたら、お隣さんもお一人だったみたいだったのでお話してたら、な、なんと泊まるホテルが一緒とのことで、さらに話が弾んで仲良くなりました!メアドも交換したし、待ち時間一緒にいたし、夕飯も一緒に食べちゃった!すごい。なんていうかこうやって人の輪が広がるのは良いことだなあと思う。
               
              そんなこんなでお話してたら、途中で友達のSちゃんと無事合流。それから数分経って11時になり、グッズの列が動き出す。やっとだー!!ってめちゃめちゃ嬉しかった。でも途中時間間に合うか心配だったけど、なんとか大丈夫で助かったあ〜。やっぱ早めに来て正解でした。ちなみにグッズは前書いてたとおりのものを購入。さすがにムックの福袋は売り切れだったけど;残念。グッズ購入後は一度ホテルに荷物を預けに3人で行った。そのホテルがね、なんかそれなりに良いホテルで対応もよくて、非常に良かった!来年もあそこにしたいな〜。
               
              ホテルから、また武道館に戻り、その道の途中で今度はまきこと無事合流。そしてチケットを譲ることになっていたNちゃんとも無事に会い、受け渡ししておしゃべり。合計5人でわいわいと喋って、ちょっと腹ごしらえにご飯食べたりしてました。なんか本当何度も言うけど、こうやって知り合って仲良くなれるっていいなあと思う。それだけでも楽しい一時だったし、ライブの醍醐味だなあとも思った。そんなわけでこれからもよろしくお願いします、皆さん。
               
              それで開場時間もだいぶ過ぎて、開演に間に合うように、とグッズ列で知り合ったTちゃんとは一回お別れして入場。
              今回の席はアリーナBブロックの若干上手側。
              なんかアリーナの席って、入場する時VIP待遇みたいな気分ですごくドキドキしてしまうなあと思った。で、いざ席を探すと、上手側というものの、結構正面近くで、しかもやはりステージが近くて!もうビックリ!皆でテンション上がって大変だった。もうねえ、本当に今年の運使い果たしてしまったような気がする。ありがたや。
               
              で、開演時間まで皆と話をしたり、服を薄着にして準備したりしてた。
              そしたら途中で、そろそろ始まり間近ですよ的なアナウンスが入り・・・時間が経ち、客電が落ちる。
              一気にどよめきが。
               

              1.acid android
              最初にユッキーきたあああ!!!
              なんかグッズ売り場にacidのグッズがあるから、あれ〜?とは思っていたけれども、本当に来るとは思ってなかったのでうはうは状態。ステージはまだ正体完全現さず、薄い垂れ幕が張ってある状態。そこに最近のユッキーの新アー写が映し出されている中、フードを被って、彼は現れ、歌ってた。でもどの曲も聴いたことないなあと思ったら、公式セトリ見たら、全部新曲みたいで。あれですね、来年のライブとかでもやるんじゃないかなあ?もしやアルバムできてたり!?なんて思ったり。にしてもMCもなく、歌い終わったらさっさと捌けて行くユッキーは、らしいなあと思った。それも彼の持ち味だなあ、と。
               
              その後、幕がはずれ、ステージが現れる。
              今回のステージは北1階のところに壁がなく、広めにとってあって見やすくなってた。その代わり、スクリーンはだいぶ上の方につけられていたけど。でも、2階席で見たのと比べてるから、気のせいかな?とにかく今回はスクリーン見るのに首がちょっと痛かったです;まあいい席なんだから文句は言えないけど。
               
              それから、次の出演者の紹介映像が流れる。
              今回はこの映像が某音楽戦士のミュージシャン紹介みたいになってて、結構凝ってて良かった!
              でもその映像がずっと流れてればいいものの、転換作業の途中で終わってしまうから、あれー?だった。ずっとああいう映像とか流しておけば、転換中暇にならなくていいのになあと思うんだけど。
               

              2.ゾロ
              そんなわけで映像紹介されたのはゾロでした!お命頂戴されました!笑
              とにかくゾロといえば、たつひちゃん!可愛すぎる!!私よりも、かなり女の子らしすぎる!!スカートのあの絶対領域みたいな、かがむと見えそうで見えないやばい感じが、ドキドキもの。目がね、ついつい彼女(彼?)に行ってしまうの!足をぴょこぴょことしながら、ベース弾いてる姿もやばかった。もう私変態くさいなあ。でも彼女にやられてしまう人、多数だと思うんだけど。あと、ボーカルの龍寺君も足かなり細かったなあ。
               

              3.シド
              転換中、お立ち台(?)があることから、まきこやNちゃんがシドじゃない!?ってなったら、本当にシドだった!
              もっと後から出るものだとばかり思っていたのでびっくり。
              マオも「自分達はいつも夜頃だけど、今日はち○こち○こという雰囲気じゃなくて、昼の雰囲気で。ジャポニカ学習帳の表紙みたいあなバンドで。」みたいなこと言ってたし。(笑)あとは、よく出演者も分からないようなチケット買ったねえ〜お客さんよく入ったねえ〜とか、どうするの?全然違ってこども店長とか出たら?みたいなこと言ってた。まあ確かに(笑)。曲は「嘘」「怪盗ネオン」「one way」の3曲。(シドはちゃんと覚えてた。)「嘘」は聴いたこともあるからなのか、聞き入りやすくて、結構好きだなあと思った。あと「怪盗ネオン」もなかなか好印象。ちょっとだけ、シドに興味が持ちました。最新のアルバム買うか借りてみようかな〜。


              4.Session A
              シドのマオとゆうやとシドのサポートキーボードさんとその他V系バンドの人達でのセッション。なかなか紹介映像流れないからセッションかなあと思ってたら、本当にそうだった。焦らしプレイですか・・・!

              で、はじめクリスマスソング流れての登場だったから、これ歌うのか!?と思ったら違って、まさかまさかのEXILEの「Ti Amo」!!しかもちゃんとダンス付き!すごい、意外な歌を持ってこられてたのでびっくりしたー!しかもダンスが面白いこと、この上ない。皆頑張ってた。(笑)

              で、もう1曲はさすがにバンド体系で歌うとのこと。それがなんと、これまた意外、ミスチルの「抱きしめたい」!!!うはっ、こんなところでミスチルの曲が聴けるとは・・・・!26日、27日の東京ドーム諦めてきてよかったあああ。しかもマオさん、うまい。ごめんなさい、去年興味なくてシドのこと軽く考えてたけど、やっぱいいかも!?って思った。本当偏見ってよくないね、すみませんでしたー。にしても選曲がナイスすぎて、嬉しかったあ。ここでまず一つ、最高にテンション上がった私。


              5.ムック
              ムックきたあああああ!!!!
              まさかのまさか、こんなに早く来るとは!やはりあれはSATOちのドラムだったんだあ〜と映像で紹介される時に納得。客電が落ち、「球体 -instrumental-」が流れ、心臓ばくばくに。なんかどうしようもないくらい、私ムックにはまってしまっているみたいで、ここでまた一つテンション上がりまくる私。逹瑯登場(化粧薄め。サルエルパンツが短いやつで、股広げた時の伸びようが変だった。笑)した時とかほんとやばかった。

              その勢いのまま「咆哮」へ。久しぶりのムック嬉しすぎ!楽しすぎ!その後、大好きな「ファズ」へ。めちゃめちゃ飛びまくったー!!そして「オズ」。もーなんていうか、贔屓目もあるのかもしれないけれど、ムックは盛り上げ方すごい上手いなあと改めて思った。もーもー本当楽しすぎて、楽しすぎて。汗かいて疲れるのは分かってるけど、体がテンション上がって動きまくった!ああ、やはりまたライブ行きたいなあ、この人達の。いつかまた行くぞー!

              そんでもって、最後は「ジオラマ」。これは例のあの人への歌らしく、スクリーンには歌詞が出てて、ステージ見ようかスクリーンで歌詞見ようかと悩みつつ、聴き込んでました。いい歌で切なかった。


              6.Session B
              転換してるのを見たら、3つドラムが並んでて、「え!?えっ!?!?」ってなった。この時、すでに皆のどよめきすごかった。 一つのドラムはSATOちのだと分かってたから、これはまさかのドラム3つでのセッション!?そういえば真ん中のドラム、ユッキーのっぽいかも!?そしたらあれはゆうや?、と思ってたら、本当にそうなったー!!!

              まずはじめにゆうやとSATOちが出てきて、抱き合ってた。(笑)んでなかなか真ん中の人が出てこないなあと思ったら、ユッキー登場!!!

              まさかのまさか、本当に3ドラムセッション!はじめは皆同じように叩いてるんだけど、途中からそれぞれ違う自分達の持ち味で叩いていく形。ものすっごいかっこよかった!!半端ないかっこよさ。これはね、後でTちゃんにも教えてもらったんだけど、北側の席の人はタム(?)とか踏んでるのとか見れて、良かったって。そうか、それは正面から見えないもんなあって思うと、どこの席も今回おいしい感じがした。そして終わったら颯爽と去っていくユッキーはかっこいいなあと思う。SATOちとゆうやには和んだし。とっても貴重でJACKならではの、いいセッションでした。
               

              7.Creature Creature
              初の生クリチャークリチャー!
              モーリーさん、存在感ありすぎて、目を合わせるのが恐れ多い感じ。もうえらいかっこいい。オーラはんぱない!!っていう。1曲目は分からなかったけど、「MABOROSHI」「パラダイス」「RED」は分かった!というか後半2曲はシングルやアルバムで何度も聴いたのもあって、すごい嬉しかった!テンション上がった!「RED」が特にかっこよかったなあ。あんなかちょよいカリスマおじさんいないよ、ほんと。ああ素敵過ぎる・・・。喋ったのは意外だったけど。あとSakuraがドラムで出てたね。


              8.Session C
              豪華メンバーっぽいなあと思ってて、1曲目は分からないけど、ああkyoさんもかっこいい!と思っていたら・・・2曲目に。ん?あれ、何の曲だっけ!?って一瞬思ったけど、すぐに分かって興奮!!まさかのジャニーズ!しかもKAT-TUN!「Real Face」!何、この私のためにあるようなライブは!?と、思い込んでしまいそうになるくらい、ここでまたさらにテンション上がりまくり。原曲も好きだけど、バンドでこんなかっこよく歌ってくれるとか最高すぎる!あまりにもドツボな選曲すぎて。もー、ありがとうございます、ありがとうございます。私の為に。ああ最高。
               

              ということで、今日はここまで。あとは次回に、また。
               

              BGM:空と糸/ムック
              (拍手ありがとうございます!
               もう明日で今年終わりか〜。早いですね。明日は例年の如く、紅白とジャニーズカウントダウン見ます。)
               
              0
                2009.12.31 Thursday ... comments(0) / trackbacks(0)
                #フォルツァでハローなアコライブ〜僕らの日常はユメミゴゴチなアイノウタ〜
                JUGEMテーマ:音楽イベント

                さて、前記事で最後につぶやいていたイベントとは、これのこと。『フォルツァでハローなアコライブ〜僕らの日常はユメミゴゴチなアイノウタ〜』。フォルツァ総曲輪という、今富山大和の新しくできたところの近場にあるビルとでもいったところだろうか?そこ主催のイベントに二千花が出演決定!というニュースが舞い込んできたので、しつこくも友人のアブさんと行ってきました!(しかもtetsuさんの誕生日に!って別に関係ないけどさ;とにかくアブさんありがとうございました!)

                今回このイベントは、二千花以外にはタニザワトモフミ・諌山実生・ワマミト(タニザワトモフミ・諌山実生のユニットらしい)・シアター・北川修幹が出演。あと司会進行的な役割に何度か何かで聞いたことのある虎平太さん。そうなんだけど、なんだけど、このお馬鹿な私は途中ものすっごい眠気に襲われていて、半分意識朦朧としてました・・・(ちーん)そういう理由+お目当ては二千花じゃ〜ってことで他の方の感想は省略させていただきます。申し訳ありません・・・。でも、途中から目覚めて(おいおい)二千花以外もちゃんと聴いてたんだから、ね!!

                で、本日の二千花さん。
                こういうイベントだと色んな人が出演するので、どこで出てくるか分からないのでどきどきしてたら、あっさりトリだということを虎平太さん達が喋りの中で、言っちゃったよ・・・!ていうかトリですか!!??すごい。なんかね、今年4月に行った金沢でのイベントでも(ブログにレポート書いてないけど)二千花がトリだったんだよねえ。なんかこう、成長してるんだなあと嬉しく思いつつも、なんだかだんだん遠くの人になっていく(前から近くはなかったけど)なあと思うファン心理。でも、うん本当にこういうイベントではトリに似合うなあと思う。すごいもの、彼らの世界感。圧倒されるってこういうことなんだろうなあーって思うほど。是非機会があれば、ライブで聴いてほしいなあ。いやCDもいいんだけど、ライブがいいね、やっぱり。ライブでどこまで魅せれるかってところの問題なんて、かっさらって唄っちゃうんだもの。あんな(失礼だけど;)MCからどうしてそんなんになれるんだ!?って疑問を抱かざるをえないよ。


                    1.NOBODY'S OFF THE HOOK
                    2.Painful

                   (MC1:虎平太さんが一粋さんのことをなんか変わってるみたいに紹介してて、それを否定してたかな。
                        あと業務連絡でノムさんの右のアンプの音が出てないので確認を〜!ってなってた。
                        あと、自己紹介。
                        それで、なにやら富山には前日から来てて、昨夜は「だるまや」っていう居酒屋に行ってきて、
                         そこでだるまを触ってきたので、今日来てる皆さんにもいいことがあるといいですね〜的な。)
                 
                   3.エーデルワイス

                   (MC2:さらに業務連絡(笑)。ノムさん、左のアンプも音が出てないかも・・・!?一粋さん話延長。
                       今日は富山ブラック(有名なブラックラーメン)を食べた話。(昔hydeもしてたんだっけ?)
                        で一粋さん曰く「酸っぱかった!」と。ノムさん&会場のほぼ皆が「え!?」って状態。
                       ノムさんに突っ込まれつつも、それでも必死に酸っぱかったと主張する一粋さん。(笑)
                          あと今日着てるワンピースは、総曲輪フォルツァの(近くの?)古着屋で購入したらしい。
                       しかも1980円!
                          ノムさんは前富山来た時にも離してたように、飛騨古川出身で
                       富山で中学の時にブーツ購入したらしい。それを富山来るたびに毎回履いて来るんだよって話。
                       しかもその靴売ってたお店がまだ残ってて、
                       自分の買った靴の棚にも他の商品があった感慨深かったとか。
                       そんなこんなで富山でいっぱい思い出つくって帰りますな勢いで主に一粋さんは来たらしい。
                        で、ここで富山ならではの曲を1曲。)
                 
                   4.少年時代
                  
                 5.あたらしい水
                 
                   (MC3:一粋さん曰く、富山来る間の景色で川を見たらしい。
                        (ここでやはりすかざず、ノムさんから「海でしょ!?」って突っ込まれてた。笑
                        でも一粋さん曰く、やはり"川"だったらしく、
                        その景色を見て、次の曲が早く唄いたくて唄いたくてしょうがなかったと。そんな最後の1曲。)

                   6.リバーッズエッジ

                   (MC4?:で、ここで終わって虎平太さん登場。
                        そしたらナイス!な進行で「アンコールの曲とか用意してないの?ね?」みたいな話に。
                        そこで突然、一粋さんが「今日誕生日の人いますか!?」とアンケート開始。
                        え、え、え?みたいな。笑
                        で、誰も手をあげなかったので、「じゃあ10月生まれの人!?」と質問。2人くらいいたのかな。
                        「じゃあステージへどうぞ!!」と突然言い出す一粋さん。皆大困惑。
                        結局シアターのやすこさんがステージにあがられて、ここで唄のプレゼント!羨ましすぎる・・・・!)
                 
                  EN
                   7.Happy Birthday

                   (MC5?:皆、拍手。
                        え、でもこれがアンコール?と思ってたら、
                        平太さんが「これ以外にもあるんんでしょ?」とまたまたナイス!
                        「あ、はい」と一粋さん。ということでもう1曲披露されることに!やった!!!!)
                 
                   8.A Happy New Day
                    9.空き地

                   (MC6?:拍手、拍手。
                        「じゃあこれで終わりなんだけど、他の出演者も出てきてもらいましょうか〜」と皆集合。
                        そんな中、一粋さん・・・・笑。
                        「あ、私一本締め!?一本締めやったことないんですよ〜。やりたい!」とのこと。
                        いきなり何言い出すんだ、この人って皆が皆思ってそうだった。笑
                        し、か、も、 

                        「それでは皆さん"ご立腹"お願いします!」

                        なんてことを言い出す始末。ヒー、ハライタイ!!!!爆笑。
                        うん、"ご起立"って言いたかったんだよね。うんうん。
                        でも、最後の最後でこんな笑わせてくれるなんて!!!
                        結局、客は座ったまま念願だったらしい一粋さんの「よー」って掛け声で、終了。)


                といった感じのなんとも充実した内容。そうそうこの間富山でしたライブよりもさらに楽しかっただか良かっただか言ってたけなあ。で、そしたらまた次があったら次がさらにいいライブに!みたいなのを平太さんとお話。本当そうなので、また富山来て欲しいなあー。もう第二の故郷みたいな感じで。もうじゃんじゃん来て欲しいね、富山に。まあ色々なところで今は活動して、ライブしてるみたいなのでまたその成長っぷりを(偉そうだけど;)見させて欲しいなあ。
                 
                そんなこんなで期待はしつつも、どうかなー今日はするのかなーって思ってたら、やはり最後に物販でお二方からサインを!!!そして一粋さんとは握手も、会話も!!!緊張したあああああああああ。でもね、でもね、その話した内容が「この間金沢のライブの時に、富山にも是非って言ってた者です。本当に来てくださってありがとうございます!」的なことだったのね。そしたら一粋さん、嘘か本当か(疑ってごめんなさい)別としてでも、「あ、覚えていますよ!!」なんて言ってくれたんですよ!!!!興奮。めちゃめちゃ嬉しかったー!が、それにはまだ続きがあって、彼女のブログ一粋の華のある話今回の感想とか書いてあるんだけど、そこにさ、

                 
                 『前回の金沢でのライブに来てくれてた方もいて 再会できてテンションが上がりました』

                 って書いてあるんですけど!え!え!これって私かな!?!?!?もうかなりの勘違い野郎なのかもしれないけれども、私のことっぽいんだよね。うぎゃああああああああ、嬉しい通り越して嬉しいです。テンションこちらの方があがりまくりですよ!!!!あわわ、もうどうしましょう!?(いやいや)なんか本当嬉しくて嬉しくて、何回もこの富山の記事読んではニヤニヤニヤニヤしてるんですけど。もしも私じゃないならすいませんだけど、本当ありがとうございます!!今日も明日もニヤニヤして気分良くいれそうな気がします。ああ、ありがとう二千花。知って、好きになって、良かったなあと思う。
                 
                それこそ話は戻って、アブさんも良いね!って言ってくれたように。彼らには特に生で見たら迫力のある雰囲気を醸し出すなにか不思議なオーラがあるんだよね。それをこれからも多くの人に見せて、魅せていただきたいなあ。これからにも期待!

                BGM:Painful/二千花
                (ちなみに「ニチカ」と呼びます。少しでも気になった方は是非公式サイトへ。→公式
                あと「少年時代」を歌ってくれたのは、すごい良かったあ〜。じーんときた。あの曲自体好きだし。)
                0
                  2009.10.07 Wednesday ... comments(0) / trackbacks(0)
                  #MUCC JAPAN TOUR 2009 『球体』 6月14日(日)金沢EIGHT HALL
                  【MUCC JAPAN TOUR 2009 『球体』 6月14日(日)金沢EIGHT HALL】


                  行こうか行くまいか悩みつつ、いつの間にか時が過ぎ、チケット一般発売日になり、時間ギリギリになって焦ってチケット確保をしようと試みるも、そんなので取れるはずもなくあえなく予定枚数終了。あー仕方ないか、諦めるかなあ・・・と思って、一般発売日から数日間は思っていたものの・・・その後アルバム聴いたり、唯一録画して持ってる映像であるアルバム『球体』発売時のWEDNESDAY J-POPを何度も観たりしてると、「ああやっぱりライブ行きたいなあ〜せっかく近場の金沢に来るし。」なんて思い始めてきてしまって。んでも一人で行くのもちょっと不安だったりするしなあ〜と思ったりもして。こうむんむんと悶えてしまい、もうこれは!と思い、仲が良くてムックの存在を知ってて、しかも失礼ながらも金沢にそれなりに詳しい友人あぶさんに相談してみたところ、OK!というなんとも素晴らしく有難いお言葉を頂いたので、とにかく2枚チケットを譲ってくださる方を探して、無事譲っていただきまして、行ってきました初ムックのワンマンLIVEー!!初スタンディングLIVEー!!(前置き長っ)


                  あぶさんと逢うこと自体も久しぶり(年末以来かな?)だったので、当日は会ってからなんやかんやと色々おしゃべりしつつ移動。あ、この時とりあえずムックのメンバーを覚えてもらおうと思って説明してたかな。あとLLIVEに行くくせに違うLIVEの話したり。(笑)

                  まず金沢に着いて、近場のフォーラスに入り昼食を食べて、まったり。それからタワレコで雑誌みたり、あーVAMPSだーでも今買ったらポスター邪魔じゃない?とか言ってたり、あとは服屋とか雑貨屋ちらほら見回る。んでフォーラスもそろそろ飽きてきたところで、これからどうする?って話になって、とりあえず会場近くまで行こうっていうことになり会場近くへ。で、とにかっく会場の場所を教えてもらい(当日までちゃんと分かってなかった私(笑)・・・すいません;)、あれ?グッズ販売は?と思いつつも、まあ分かったしいっかーってなり時間潰しにカラオケ屋にごー。

                  これまた久しぶりのカラオケ。(こちらも年末以来かも?) 時たま「ああカラオケ行きたい」っていう気持ちになるものも、いざ行ってみると何歌いたかったんだっけ?となって選曲にめちゃめちゃ悩んでしまう・・・はっ!メモっておけばいいのか!!そんなこんなで悩みつつ、あぶさんの歌声に惚れつつ、せっかくなので今日やるであろうムックの曲を少しでも知ってもらおうと歌うことに。ということで、『球体』に入ってて、なおかつシングル曲だった「アゲハ」「空と糸」(しかもPV!)を声量足らずではあるが、なんとなくこういう曲あるのよーって紹介。あとは好き好きに思いついたもの歌って、そろそろ時間だし出るかーってなってなぜか最後はラルクの「SHINE」で締めて終了し、また会場へ。
                   
                  先程会場に行ったときとは違い、あからさまにムックのライブ目的よ!っていう人達がいっぱいいらっしゃった。その人達を見て、一瞬目が合った(勘違い)人がいて、あれっ!?!?となる。で少し時間を置いて、冷静さを取り戻し、よーく考えてみても間違ってなさそうだよなあ・・・と思い、挨拶をしに。そうなんです、実はラルクの方でお知り合いの美羽斗さんとまさかのまさかの偶然の再会!!びっくりしましたー。まさかこんなところでお逢いするとは思いもしなかったので。いやあ、本当びっくり。そんなこんなで軽く挨拶させていただいてたら、スタッフらしいお兄さんが会場入り口から現れて、整理番号に並ぶよう呼びかけを始めたので、それに従い、列に並ぶ。あぶさん曰く、ライブがある度に会場近くにファンが並ぶので面白い状態になるとのことだったんだけど、まさにその状態。(笑)あの付近に行き慣れてたりしてる人には不思議じゃないだろうけど、その他の人達にとってはやはりなんのこっちゃ?って感じだろうなあ〜と思った。ま、これはどこの会場に行ってもそうなんだろうけどさ。でもやはりホールじゃなくて箱だと余計にそう思うんだよね。あと、EIGHT HALLの場所が場所だけに。
                   
                  そして、開場したらしく列が前へ前へと進む。そしていざ自分達も入場。
                  入ってすぐに狭い廊下(?)にコインロッカーがあったのでそこへ荷物を入れて、いざ中へ。
                  どの位置にいようか悩みつつ、最初は下手側よりにいたんだけど、人が居なくなったので、今度は上手側よりに。
                  そこで開演までおしゃべりしつつ、緊張しつつ、SEを聴きつつ・・・。
                  そうそうこのSEの時に、ムックっぽい曲のリミックスされたようなのが流れていいなあと思ったんだよね。
                  (これ後日調べて分かったんだけど、「リブラ」って曲のremix(?)曲なんだね。んで次出るカップリングベストに入ってるとのこと。)
                  で、照明が暗くなったところでだったかそれよりちょっと前だったか忘れたけど、最終的にはドセンターのところへ。


                  「球体 Instrumental」が流れ、いざ開演。
                  一気に、皆どよめく。
                  そしてミヤ、YUKKE、SATOちが現れ定位置へ準備。Instrumentalが終わる頃に、逹瑯が飛んで現れる。

                  そしていよいよ曲へ!初っ端はものっすごい勢いづけていただいた。
                  えーと、セットリストについてはこれまた後日調べましたが、なんせアルバム『球体』の曲&「ファズ」とあとちらっとしか曲を知らないのでここには書きません、ね。全体的にみると、アルバム『球体』の曲を主としてはじめにやり(そりゃこのアルバムのツアーなんだもんなあ)、たまーに1曲ほど違う曲を入れて、最後らへんは定番の曲なのかな?、そういったものを入れてきてたね。んで、本編終了は「hanabi」。その後アンコールで「優しい歌」で始まり、もう1曲歌い、「流星」(これ去年のJACKでシドのマオが歌ってたよね?)で終了。

                  特に良かったなあっていう曲(というか知ってる範囲の中で特にっていうやつ)は、まず「陽炎」
                  この曲の前の曲はアルバム曲じゃない、激しい曲だったんだけど、というかそれまではほとんど激しい盛り上がる極だったんだけど、一気に静まり帰り、しんみりと曲に聞き入るような感じだった。この曲に限らず、激しい曲→静かな曲へと変わるとき、ファンの皆が息ゼーハーとしてたのが違う意味で印象的だった。(笑)ファンの人達元気いいなあ〜!とね。この曲はなんといっても、マイクスタンドを使って歌う逹瑯のその叙情的で色気のある歌い方が良かった。なんていうかね、マイクスタンドの扱い方とか、歌う時の手や顔の動きなどでの表現力がすごく上手くてね。哀愁のある曲がさらに哀愁さを増していて、すっごく私のお気に入りの一曲になっちゃいました。

                  その次「賛美歌」
                  これもしんみりとした、静かな曲だね。なんだろう、ライブは激しい曲とか盛り上がる曲とかもいいけど、こういった聞き入る曲がさらによく感じられるなあと思った。これはまず照明が良いお仕事なさっていて、最初逹瑯だけ照らすんだよね。ちゃんと曲に見合った感じで、それはないだろうよ!って思われそうだけど、一瞬逹瑯が本当にマリア様のように思えるくらいなんだよね。そうだね、ラルクでいう「叙情詩」的な位置なのかな。壮大で、なにか浄化されるような気分になって、先程までの盛り上がりは一体どこへやら?って感じだった。そのくらい他の方たちも棒立ち(悪い意味じゃないので)で聞き入ってたなあ。

                  そして、最後に「優しい歌」
                  なんだろう、この曲聴いてるとムックというバンドが余計に分からなくなる。それがいいんだけど。偏見で申し訳ないけど、このバンドをちゃんと知るまではいわゆるヴィジュアル系(tetsuさんではないけど、それを音楽のジャンルとして作るのはおかしいけれど・・・けれど、やはりそういう系統というものはあって、なんとなく自分達の中でああこういうのはヴィジュアル系だ、って決めてしまうじゃん?)とかいうので、少し陰湿な雰囲気のある曲しかないバンドだと思ってたんだよね。初期と今とでだいぶ違うのかもしれないけど。だけど、ムックというバンドは、すごいハードロックなバンドなわけでもなく、まさにヴィジュアル!!というバンドなわけでもなく、青春くさいようなバンドっていうわけでもなく、なんだか知ってみると謎のバンドだなあとしみじみ思い知らされたなあ。特にそう思わされる曲であるのが、この一曲。え!?これもムックなの!?みたいな。主体としてる揺ぎ無い音楽の要素はあるにせよ、なんだかすごく新しい一面を知った感じ。自分の中ではMONGOL800かよっ!みたいな感じだった。

                  でも、こういう曲もあるんだなーってことで、なんだか逆に嬉しくなった。ますます興味が沸いたのも事実だし。 そして、この曲の歌詞で"ラ〜ララ〜"と歌うところがあって、ファンとムックが一体化しててなんだかすごく気持ちがよかった!あと、その"ラ〜ララ〜"って皆で一体化してるところで、SATOちが興奮のあまり(ドラムスティックでリズムを取りつつ、歌いつつ、ファンを眺めてて、ちょこっと前に体を乗り出そうとしたのか)に天井に頭ぶつけて、一気に一体化してた皆を笑いへと持って行ってくれたのもいい思い出。(笑)いやあ、SATOち自身も笑ってたけど、ぶつかって大丈夫かいな?と思う半面、失礼ながらやはりこの人アホの子(褒めてます)だーって爆笑してしまった。なんかとにかくそんな思いがけないこともあって、微笑ましく楽しめた一曲です。


                  後は、やっぱりシングル曲の「アゲハ」「空と糸」や「ファズ」(これWEDNESDAY J-POPでしてたの何回も見てたから、すごい嬉しかった!)「流星」あたりが生で聴けて嬉しかったかなあ。あとしゃがむのが定番(?)の曲なのかな?そんな曲もしましたね。あとアンコールの2曲目の皆の盛り上がりがどの曲よりも半端なかった気がする。レア曲だったのか、なんなのか。

                  MCは
                  「今日はセミファイナルなんで、盛り上がっていこうか!」みたいなのとか
                  「皆でEIGHT HALLを泣かせようぜ?まだまだいけんだろ?」みたいなのとか
                  「昨日夜中に金沢入りして、ライブだったのでどこにも行っていません。」みたいなのとか 
                   (ファンの子に「兼六園は〜?」とかって聞かれてた)
                  「EIGHT HALL先輩(先輩連呼してた気が)が泣きました!皆見た?・・・・・・・・・(ボソッと)湿気だよな」みたいなのとか
                  「今日は特に喋るネタがありません。(ファンの皆「えー」状態)  
                   あるとしたらYUKKEが前髪切ったこととかー(YUKKEが「そんなん分かんないでしょ?」みたいなこと言ってた。笑)
                    リーダーが楽屋でPlayerっていう雑誌を読んでいたこととかー(一瞬PLAY BOYだと勘違いしてすいませんでした。)
                   ってな感じで喋ることないんだけど、その分楽しいんで!!」みたいなこととか言ってた。こんなもんかな。
                   
                  とにかくほとんどずっとドセンターあたりにいたので主に逹瑯を見てた気がする。なのでSATOちはほんのちょっとしか見れなかった気もするけど。でもなるべく均等に見るようにはしてたんだけどね。でもやっぱり一番目についてたのは逹瑯だったなあ。もうなんていうか、あれなんですよ。初EIGHT HALLだったんだけど、やっぱ箱だけあって、あと自分の位置から(別に最前なわけでもないんだけど)しても近いんだよね、ステージとの距離が。だからねえ、痛いとかなんといわれようが言われようが、確実にメンバーと目が合った気がする!しかも何度も!(え。特に逹瑯とね。彼、化粧のせいもあるけど、元から目でかいから、余計にそう感じた。まあ妄想は自由なので。笑)そうそうあと、どの曲か分からないけど、逹瑯が途中でステージから抜け出して後ろのスタッフのいるフロアよりちょっと高めのところにある場所に移動して、そこの壁に乗っかって、歌ったのでびっくりした!!どこ行ったんだ?と思ったら・・・ステージも後ろも見なきゃで忙しいったらありゃしない。(笑)でもあのドッキリ移動大作戦も本当びっくりして、テンション上がったなあ。

                  と、まあこんな感じの初ムック&スタンディングLIVEでした。
                  スタンディングだから激しいだろうし、ちょっと怖いなあと思ってたけど全然。たしかに激しいんだけども、それもそれでありで、すっごく楽しかった!色々初めての体験して、学んだこともあるしね。あ、そういえば途中で「(肩車して)あげれますか?」って聞かれたなあ。残念ながら、それはしてあげることができなかったけど。モッシュやらダイブやらなんやら。体力は使うものの本当楽しいLIVEでした。あ、あと初めて人転がすっていう動作をしたよ。なんか色々と経験を踏んだなあと思った。(ってまだ一歩目ですが)あー、もう兎にも角にもすっごい楽しめて良かったです。ほんと行ってよかったー!

                  ライブ後飲んだコーラとメロンソーダ(こっちは会場でじゃないけど)、最高に美味しかったあああ。
                  あと会場出るときに貰ったチラシにアンケート入ってたのをあぶさんが発見!それもこれはきっと逹瑯が描いたであろう絵付きの。これは勿体無いので保管して、コピーして、コピーした方に記入して送ろうかなあ〜。
                  あと、この初スタンディングを経験したことを、今度のJACKやイナズマに活かせそうかなあと思うと、そういった意味でも行ってて良かったなあと思った。
                   

                  同じく金沢参戦した方々お連れ様でした。
                  そして、なによりも付き合ってくれたあぶさん、本当に本当にありがとうございました!! !

                  BGM:アゲハ/ムック
                  (どんだけ時間かかっとるねん・・・これ書き始めたの1時近くだったはずなんだけど;)
                  0
                    2009.06.23 Tuesday ... comments(0) / trackbacks(0)
                    #FMとやま「VINTAGE LIVE COLLECTION VOL.22」
                    行ってきました。ただいま。
                    行くまで結構色々あって予定変更して次の電車に乗ったり、行く途中気分が優れなかったりもしたけど、そんなのなんのその。行ってよかった!

                    初、富山Club MARIO。
                    HYDEが全国ツアーした時ってここでライブやったのかな?
                    やはりといっていいのか悪いのか、街のちょっと奥まった怪しい感じがしなくもないところのビルの2階(じゃないような?)にあった。でも金沢の時のように下がまた違うライブハウスってわけじゃなかったのでひとまず安心。1階はパチンコ屋なんだけど、あんまり音聞えてこないし、音をたてなければ結構静かな空間だった。んで開場前ちょっとギリギリについたけど、開場がはやまってることもないし、すごい人だかりってわけでもなく、階段に来た人から順に並んでいたのだ。でいざ開場。案外広いなあって思った。ロッカーも結構あったし。ホール内に入ってみれば、な、なんと椅子が置かれているではないか!これは意外だったので嬉しかった。金沢の時はソファが端に置かれていたけど、あとは立ちんぼだから荷物とかドリンクどうしようとか思ってたけれど、問題なしだった。まあ今回は激しいバンドのいるライブじゃないし、ゆっくり座って聴きなさいなってことなのか。はたまた富山の県民性でそうなっているのか(笑)。ドリンクはホール内では飲んじゃ駄目っていう、これまたライブハウスでは意外な感じのところがあったので、やっぱその場所その場所に寄るんだなあと実感し、また学習したのであった。で、案外順番についでるのが早かったのか椅子を確保できた。あとからはやっぱり混んできて、後ろで立ち見してる人もいたのでラッキーだったなあと思う。

                    開演時間が迫る。
                    ステージの真ん中にスクリーンがあったんだけど、それは真ん中だけしか隠せてなくて横はまるっきりわかるという・・・なんともライブハウスらしい感じ。そんで脇の方を見てたら、右側から順番に人がステージへと・・・

                    って、ええ、二千花1番目!?!?

                    そう一粋さんの姿が見えて、驚いてしまった。今回のイベントの当選メールとかRYTHEMが先に書かれてたし、勝手にRYTHEMが一番手だと思っていたので予想外で。一人あわあわしてしまった。その後、もちろん顔はにやにや。てか一粋さんのワンピースが可愛くてさらににやにやしてしまった。

                    本日のセットリストはこちら。
                     1.「Garage」
                     2.「あたらしい水」
                     3.「ABC」(ジャクソン・ファイブの)
                     4.「ライ麦畑で朝食を/Sugar Cube」
                     5.「NOBODY'S OFF THE HOOK」
                     6.「Painful」
                     7.「愛情」(新曲。11月26日発売。)
                     8.「エーデルワイス」


                    最初から聴きたい曲の「Garge」だったのでテンションがさらに上がる上がる。「ABC」はもうおきまりのって感じだけど、やっぱそれだけ一粋さんの思い入れが強いのを感じることができたし、うまいなあと思う。あと新曲初披露がすっごく嬉しかった。二千花にしてはストレートだ、って言ってたけど、ライブじゃ聴き取れないところもあるし(ラルクのhyde語みたいなものだ)、早くでCDでじっくり聴きたいなあ。んで、新曲で終わっちゃうの?終わっちゃうの?エーデルワイスないの?って思ってたら、最後の最後にきたきた!!!やっぱりこの曲の存在から二千花のことを知っていったわけだし、特に聴きたいなあと思っていたので良かった。やっぱ一粋さんは只ならぬオーラがあるというか、二千花全体の演奏する時の雰囲気に惹かれるものがあるなあと改めて思った。しかしライブバージョンなのか、たまに「ヤイヤイヤ〜」って歌うのはちと気になってしまう;

                    MCでは野村さんが岐阜県出身、キーボード(皆川?)さんが福井出身ということから話が広がり、富山の名所(8番ラーメン、アピタ、西部、総曲輪通り、太鼓山ランド、魚津水族館など)のお話に。マイナーな感じの話題が一粋さんにはちょっと分からないようなかんじだったけど、でも面白かった。あとライブまたやりたい(でも曖昧な感じで、なにか決定してるのかな?っていうのは憶測かもしれないけど)って言ってくれてたので、楽しみに待ってよう。


                    で、次にRYTHEMさん。可愛らしいお二方だったけど、声がすごい出てるの。澄んでて二人の声がマッチしてて良かったと思う。やった曲は「夏メロ」「猫背」「アイシカタ」「あかりのありか」「Love Call」の他3曲。「Love Call」はFMとやまのパワープレイだったからなのか、今有名な(?)キマグレマンとのコラボだったからなのだろうか、聴きなじみのあるような曲だった。この曲がやっぱり一番印象に残ったかな。


                    という感じで(文章の量に贔屓さがあるのが申し訳ない)ライブは終わり、アンケートを書き、退出。
                    CD売り場で二千花のシングル「エーデルワイス」「Genius Party」を購入。






                    ・・・となんと今日はここでサプラーイズ!
                    ていうか開場したときから、宣伝されてたのだけど、思ってもみなかったことなのですごくびっくり。まさかのまさかのCD購入者にはサイン会があると!!!ぬおおっ!!


                    ってことでありがたく、サインいただいちゃいました。2枚にも。しかも名前つき。しかもサインだけじゃ終わらない。握手まで!!!なんだこのビッグサプライズは。野村さんの手はやはり男性なので大きくて、またギター弾きであるせいかとても繊細な感触だった。一粋さんは・・・もう覚えてません。(どーん)というかあの数分間はなんだったんだろうかというくらい、記憶がぶっ飛ぶくらい、すごいサプライズであり、とても貴重な時間だった。サインしてる時とかも話せばいいんだけど、うまく言葉が出てこないんだよね;あー有名人に会うとこういう感じになっちゃうのかあって思った。そんな貴重な思い出も残せた、素晴らしいライブでした。



                    ああ、手あらちゃったよ・・・。

                     *

                    後日談。
                    アナウンスでもちらっと言われてたし、一粋さんもちょろっと話してたけど、実は写真もオッケーだったとか。今日のブログにも書かれていた。でもそんなことを頼める勇気がなかった自分・・・。まあ昨日のあれだけで十分最高だったけどね。

                    BGM:Snow Hug/二千花
                    (人を置き換えて比べるものではないけれど、HYDEのオフ会とかKenちゃんの握手会とかもやっぱ緊張のあまりすごいのだろうなあと思った。)
                    0
                      2008.10.03 Friday ... comments(0) / trackbacks(0)
                      #二千花との出会い
                      今月の6日に金沢(KANAZAWA Manier)で行われた、FM石川主催のNEXT BLOW UP Vol.15というイベント的なライブに行ってきたのだ。

                      ちょっと気になってた二千花がライブ出演する、しかも金沢で招待制のほぼ無料ってことに惹かれて応募したみたら、見事当たりまして。で、行ったもののなかなか場所が分からず迷子になってしまう。なんとかたどり着いたけど、こんなところでやるの?みたいな辺鄙なところというかなんというか・・・ビルの中にあったんだけど、それより下の階にもライブハウスがあってすごい床から音が響いてきてたし、振動してた。ああライブハウスってこういう感じなのかーと、ラルクしかライブ行ってない私としては未知への遭遇みたいだった。

                      で、この日の出演者はタイナカサチ、二千花、Chicago Poodleの3組。

                      タイナカサチさんはキーボードでの弾き語り。普段は違うみたいなこと言ってた気がするけど。スペースの問題とかのせいかな。細くて可愛らしい女子大生な感じだった。(今調べたら同い年だ!)主に男性客から支持を受けてた。印象に残ったのは、ある男性がライブ終了後彼女のCDを大量買いしてたこと。なぜか記憶に残ってる。曲は5曲ほどしたけど、曲名覚えてるのは「一番星」「抜け殻」かな。で、この人よく見ると精霊の守り人のエンディング歌ってるんじゃん!!(これも後日分かった・・・)だからどうしたって感じだけど、ちょっとラルクに近い発見があったので嬉しかった。でも精霊オープニングしか毎回見てないという;もう少し予習して聴きに行ったほうが良かったなあと思った。

                      Chicago Poodleは3人組のバンド。このバンドのファンの人たちが客の半分は占めていたと思う。何歌ったかは残念ながら音響の悪さ(このバンドが悪いというよりも環境かと)により分からなかったけど、こちらも同じく5曲ほど。どこか古風というかレトロな雰囲気が漂うメロディを出すバンドだと思った。あと全国周ってるだけあるのか、MCもすごく慣れててなかなか上手だったと思う。なんていうか優等生の人たちでできたバンドというか、真面目でまだちょっと初々しいところあるのを感じたなあ。

                      で、メインの二千花
                      「にちか」と呼ぶのだ。上記でもちょっと書いたけど、このユニットがふとしたことから気になり始めて。でこのライブに行くことにしたんだけど、行く前もちょっと視聴したくらいでまだ音源ちゃんと聴いてなかったんだよね。そんでもっていざライブで聴いてみたらビンゴ!かも!?みたいな。中途半端だけど、まあまだ聴き始めたばっかりだしなあ。でもライブで二千花が出てきた瞬間(2番目に出てきたんだけど)のオーラがすごかった。タイナカサチさんのふんわりとしたゆるやかな空気が、パッと、スンと只ならぬオーラに変えて皆が注目してた。あ、なんか他の人たちと違う。失礼ながらもそう思った。一粋さん(ボーカル)の声や歌い方は独特で、野村さん達が作る不思議な新しいサウンドに合っていて素敵だった。そんな彼らもやはり5曲ほど歌ったんだが、覚えてるのは「ABC」(ジャクソン・ファイブの)「エーデルワイス」「あたらしい水」「NOBODY'S OFF THE HOOK」「ライ麦畑で朝食を/Sugar Cube」あたりかな。で、その日もCDは会場で売っていたんだけど、急いでいたので買えず・・・そんなこんなであの音響だけじゃわからん!CDでちゃんと聴いてみたい!と思い、その週に買い求めに行き無事購入した。うん、買ってよかった。なんて言えばいいのかわからんけど、私の中では新しいし、これからどうなっていくのか楽しみだなあっていうユニットだなあと思った。

                      そんなこんなでもしここ読んで少しでも気になっていただけたなら、こちらを聴いて見てみて下さい。おすすめは1stシングルの「エーデルワイス」。あとこちらでも試聴できるので、よかったら是非!
                      エーデルワイス

                      あたらしい水


                      そんなこんなであまりいい音響環境ではなかったけれども、新しい音楽とミュジーシャンとにまた出会えたので良かったと思う。こうやって少しずつ色んな曲やミュージシャンに出会って、もっともっと深く味わっていきたいなあと思った。3年間のうちに結構できると思うしね。(笑)

                      BGM:エーデルワイス/二千花
                      0
                        2008.07.29 Tuesday ... comments(0) / trackbacks(0)
                        | 1/2 | >>