passage

| LOVE | TOPIC | LOG | LINK | ME | OTHER |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    2014.07.19 Saturday ... - / -
    #TOUR 2008 L'7〜Trans ASIA via PARIS〜
    JUGEMテーマ:音楽DVD
    ※ネタばれはないと思います。

    L'Arc〜en〜Cielの世界ツアーの凱旋公演の東京公演2日目の映像化した、今回のDVD。
     
    それはまるで映画の様。
    それはまるで映画のサウンドトラックの生演奏の様。
     
    こんな豪華な音楽映画を私は他に知らない。
    大ヒット御礼とでもいいましょうか、音楽DVDアカデミー賞総なめするであろうとでもいいましょうか。そのくらいに実にドラマティックで、壮大で煌びやかで人に魅せるオーラの強みがある感動を与えさせてくれる、いや自然と感動してしまう作品。

    まさに曲の一つ一つに、深く意味があり、濃くあり、私達の心に強く訴えかけてくる。そして曲間というものの存在すらが、まさに洗練されたような意味合いを持ち、一瞬たりとも息を吐く時間がないような面持ちである。また、演奏する4人のバンドメンバー自身がその曲自体を、身に持って、感情を時には全身を使い表し演奏するものだから、私達受けて側にはそれが強く伝わり、深く感情移入してしまいそうである。それほどにもメンバーの熱い演奏シーンも必見である。
     
    さて、このDVDを"映画"と称したのにはもう一つ。
    このライブ自体が彼らの今までの集大成とでもいえる、彼ら自身の今は大船になったが、小船からの軌跡であるであろうからだ。貫禄のあるビッグバンドになった彼らの軌跡はさぞ、難航だったに違いないだろう。それを表すかのような、静と動のはっきりとした、また時に不安定さのある、そして安らかな曲達が散らばめられているからである。だから、彼らの成り上がった、いや今なお進化し続けるストーリーでもあるのだ。
     
    そんな彼らのボーカルhydeはこのツアーの最終公演の時、
    「もっと大きな船になって帰ってくる」
    と言ってライブ会場から去った。つまり、この映画にはエンドロールがあるが、もうすでに次へと製作が始まっているわけである。

    2011年の20周年記念公演ライブでは、きっとその続きを見ることができるだろう。

    最後に、彼らはこのDVDに一人の大事な船員のためにとっておきのプレゼントを残している。
    そこにある、彼らが日頃大事にしている「出会い」というものに愛を感じてならない。きっとそこには、また私たちの知らないストーリーが隠れているのだろう。


    BGM:Believe/嵐
    (拍手ありがとうございます!
     ちょっとだけ拍手のコメント入れる欄とか編集してみました。

     今日は、ちょっとかしこまったレビュー文調にしてみました。なんかお恥ずかしい、まだまだな初心者な文章だけれども;ていうか間違えなどありましたら申し訳ないです;っていうことで、L'7 DVDすべて見終わりました。簡単な感想にはなるかもしれませんが、できたらまた書きます。でもその前に、何度も見直すのに忙しそうかも。(笑)そのくらい良いDVDだと思います。)

    0
      2010.04.02 Friday ... comments(2) / trackbacks(0)
      #スポンサーサイト
      0
        2014.07.19 Saturday ... - / -
        Comment








        通りがかりのLファンです。困ります!金欠なので、L7DVDを我慢しようと思っていましたが、そうはいかなくなりそうです(笑) 素敵なレビュー、ごちそうさまです。
        | knows | 2010/04/02 2:29 AM |
        >knowsさん
        初めましてknowsさん。コメントありがとうございます!

        素敵なレビューだなんて言って頂き、ありがとうございます。素直に嬉しいです。
        って、困らせるつもりはなかったのにすみません;
        ですが本当に良いDVDだったので、是非金欠じゃない時にでもお買い求めになられるか、誰かご友人の方に見せていただくかをお勧めしたいと思います!

        knowsさんもあの世界にきっと惹きこまれていくと思いますし、近々そうなるであろうことを願っております。
        | 春菜@管理人 | 2010/04/06 2:02 AM |
        Trackback
        Trackback URL: http://haru69.jugem.cc/trackback/772
        << NEW | TOP | OLD>>