passage

| LOVE | TOPIC | LOG | LINK | ME | OTHER |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    2014.07.19 Saturday ... - / -
    #GW旅行記3
    JUGEMテーマ:旅行

    Mステ見逃してしまったー!しかも録画し忘れてたー!!

    すみません、私がこんな旅行記ばっか書いてVAMPSさんのことをスルーしがちだったからに違いないんだろうけど・・・でも覚えていたのに・・・!が、急いで出掛けてしまい、もう戻ることも連絡を取ることもできない状態だったのでどうしようもなく、呆気なく諦めるしかできず・・・残念すぎる。ああ、タイムスリップ下さい・・・!!って昨日VS嵐で言ってた山ちゃんの気持ちがものすごく分かる気がする。(ちょっと違うだろ)そんなわけで、この旅行記は今日で終わって明日はMステ感想書こうと思っていたんだけれども、どうもそうはいかないみたい。いや、でも申し訳ないですが、どんな画質であろうと文明の利器であるようつべさんに頼ろう。ごめんなさい。

    そんなわけで色々ソロ関係の情報がまたわんさか届いている中ではありますが、GW旅行記をどうぞ。
     
     *

    3日目。
    帰宅日なので、そこそこ見学したらもう高速乗って走ってくぞーっていう予定だったんだけれども、まあ結局・・・予定は予定であって、この日もフルで活用して色々と見学。というか、途中の移動時間がどうしても長くて大変だったのもあるんだけれどもね;まあでもそう言いながらも、予定していたところをそこそこ見れたので良かったのだ。

    あと、2日目〜3日目に泊まった某ホテルが1日目の時との差がありすぎるほど、心地よい空間で。もう私が泊まるには文句なしだったので、すっごい嬉しかったなあ。(自分が探して予約したのもあったので。)やっぱ宿はただ泊まるところといえ、本当に「ただ泊まる」か「ゆっくりくつろいで泊まる」かで選ぶと全然違うなあと思う。まあ確かに「ただ泊まる」わけであるので混んでる時は予約できただけラッキーなのかもしれないけれども、でもやっぱりそこでサービス精神とか問われてくるわけで。やはり「ただ泊まる」にしろ、それがゆっくりくつろげれる最適な空間だったらやはり嬉しいものだなあと思うのよね。なので、やっぱお手頃かつ程よい空間というものを探し求めていきたいな、これからも。

    っていうホテルの話はそろそろやめておこうか。
    そんなわけで3日目のメインとでもいいましょうか、まず最初に行ったのは倉敷なり。
    いやー、ここも人でいっぱいいっぱい。どこもかしこもきび団子売ってたり、うどんが有名らしく、そういうお休み処が多かったかな。あとは工芸品のお店とか。にしても、なんといってもお店があーだこーだと言うよりもなんといっても倉敷有名な白壁の土蔵造りが素晴らしいこと!この日もありがたいことに晴天だったのもあったからだと思うけれど、柳に真ん中の川に白壁が映えること、映えること。まさに映画やドラマで使われるようなシーンが浮かびました。いやー、本物は違うねえ。

    そんな街並みを歩きながら、目指したのはここで一番有名であろう「大原美術館」。
    どどーん。
    でっっかっ!!
    迫力満点。もうその敷地内からして、佇まいが違うような雰囲気。そんな美術館におそるおそる入ってみると、そこは宝物でいっぱいで。とにかくもう貴重な作品があれよこれよと飾ってあって、その作品自体もすごいんだけれども、それを飾り付けている額縁にまでお値段いくら!?といらぬ心配をしてしまったり;でも本当、作品もすごいんですが額縁自体も展示物と言えるほどに、凝っていて品のあるものだらけでした。

    そんな大原美術館で一番私が気になった作品は、フレデリックの「万有は死に帰す、されど神の愛は万有をして蘇らしめん」っていう7枚もの絵が一つになった大作。(HPで小さいのなら見れます。)これは誰しもが見たら、ものすごく印象づくと思うほどのもので、なんかぐぐっと引き寄せられるものがあるんだよね。そんでもってタイトル通り、皮肉がありつつも納得せざるを得ないような大迫力。思わず、HYDEの作品「FAITH」を思い出してみたり。あとは、エル・グレコの「受胎告知」。これは色彩豊かってわけでもないんだけど、その色の使い方とタイトルから想像するよりも美しく綺麗な絵で、すごく惹かれ惚れました。ってなわけで、その「受胎告知」を含んだポストカードを6枚購入。
    何気に蜷川さんのも。(笑)もうこれはラルクファンだからっていうのもあるのかもしれないけれど、なんだかんだで彼女の色彩の強く物を言ってるような写真や繊細に鮮やかなものだったりとか素直に好きなんだよなあ。蜷川マジック、ですね。実際冬JACK2008の次の日に彼女の個展を観に行きましたもの。彼女の撮る写真の中でも、やっぱり花のある写真が好きかな。でも人物写真もその人の個性を無くさず、でも蜷川マジックで変化していて、これまた華のある写真になっていて好きだなあ。

    と、話はずれたけれども、そんなこんなで大原美術館をあとにして昼食を食べ、いざ次のところへ。ってことで長〜い道のりを終え、ようやく夕方に着いたのが姫路城!
    やったー!やっと見ることができた姫路城!!っていうテンションだったんだけれども、入館時間内ではなかったのであろうということで、駐車場から少し歩いてとりあえず来たゾという記念写真を撮ったのだった。ちょっと空しい・・・;なので、今度リベンジして、中までしっかりと見に行きたいなあと思う。

    そんなわけで、姫路城からは自宅まで休憩入れつつ、私はウトウトしつつ(運転してないから)帰宅。
    そして、GWの家族旅行は終わったのであった。
    っていうか、自宅に到着したのも真夜中だったけれどもね;やっぱ中国地方は遠いなあ〜って実感させられた旅行でした。でも、なんだかんだで色んな観光地を良い(良すぎた)晴れた日に見ることができて幸せでしたし、やっぱり疲れたけど行ってよかったなあ〜と思った。小学生並の感想ではあるけれども;
    さてさて、今度はいつどこに行くことやら?
     
    というわけで、これにてGW旅行記終了です。
    ここまでお付き合いしてくださった皆様、ありがとうございました!!
     

    BGM:マリオン/THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
    (拍手いつもありがとうございます!)

    0
      2010.05.15 Saturday ... comments(0) / trackbacks(0)
      #スポンサーサイト
      0
        2014.07.19 Saturday ... - / -
        Comment








        Trackback
        Trackback URL: http://haru69.jugem.cc/trackback/787
        << NEW | TOP | OLD>>