passage

| LOVE | TOPIC | LOG | LINK | ME | OTHER |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    2014.07.19 Saturday ... - / -
    #あしたのジョー
    JUGEMテーマ:今日観た映画
    ※ネタバレありかと、

    観てきました、【あしたのジョー】。
     
    「立つんだ、立つんだジョー!!!」
    という御馴染みの台詞しかしらない、原作の漫画もアニメも見てない私ではあるけれども、香川さんと伊勢谷さんという「龍馬伝」でも一際素晴らしかった俳優さんが出ているというのをお目当てで。そして、ほんの少し山Pこと山下智久の演技にも期待しつつ。

     
    これは以前観たキムタク主演の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の時と同様で、その原作漫画やアニメをみていた世代じゃない、内容の知らない若い(そうでもないだろうよ・・・;)世代の私にもなにか予習することもなく、すんなり映画は映画として別物だと考えて、飲み込めるようなお話だったのでそこはよかったなあと思う。きっと原作ファンの方々からしてみると、がっかりしたり批判したりしたいところがあるのかもしれない。だけれど私は頭の中真っ白な状態でこの映画を観ることができたので、そういう気持ちはほとんど起こらず、思ったよりもとても面白く観れた作品でした。
    (そういえば関係ないけど、ヤマトもTBS系映画だったような・・・?)

    香里奈演じるお嬢さんの服装が時代にあってねええとか、香川さん演じる丹下さんとジョーの出会いが突然すぎるし、二人の関係が一気に縮みすぎ!とか、無駄に食堂の夫婦でしゃばってるなあとか、怪我したはずの顔が治るの早すぎとか思ったりしたんだけれども、けれどもそういう細かい指摘はもうどうでもいいくらい、伊勢谷さん演じる力石がすごすぎてびっくりした。
     
    真の主役は力石徹、彼で間違いないでしょう。

    そのくらいに伊勢谷さん演じる力石の圧倒的な存在感と迫力がすさまじかった。特にジョーと戦うために過酷すぎる減量をするわけなんだが、その成果をみせる計量でのあの引き締まりすぎているボディといったら、もう!唖然!なんじゃこりゃあああ、ってなるというのはこういうことを言うんだと思う。あれはたぶんCGじゃないんだよね・・・?おそるべし。
     
    そして、彼が待ち望んでいた試合で倒れ、亡くなってしまうという展開にはちょっと驚きました。倒れるまでは分かるけれど、そこで彼の命が絶えるとは思いもしなかった・・・。あまりにも衝撃的。
     
    まあ最後はわかっていたとおり、ジョーが立ち直ってまたドヤ街に戻ってくるんだけれども、なぜかそういう読めてるストーリーでも嬉しく感じるのは、きっと彼らの2時間ちょっとの映像の中でのボクシングする姿になにか胸打ちひしぐられるものがあったんじゃないかなあと思う。そこに"あした"というものがあると確信できたからだろう。


    ということで、結構想像していたよりも非常に良い作品になってたと思う。
    「また漫画の実写化かよ」、って思う方々も多いと思うけれど、なかなか楽しめる作品なのでお勧めです。
    でもエンディングテーマが宇多田ヒカルの曲にするのは残念ながら合ってなかったような気がする・・・;


    BGM:潜水/Mr.Children
    (拍手ありがとうございます!
     伊勢谷さんは龍馬伝で高杉役で亡くなっているのもあって、なんだか今回もそのパターンなのかよって思うとちょっと悲しいですね。だけど伊勢谷さんもさながら、アイドルであるジャニーズの山Pの顔へのパンチで歪んだ顔も怪我してぼこぼこの顔もスローモーションにまでして出すという、その映像の撮り方に拍手を送りたい。)
    0
      2011.02.14 Monday ... comments(0) / trackbacks(0)
      #スポンサーサイト
      0
        2014.07.19 Saturday ... - / -
        Comment








        Trackback
        Trackback URL: http://haru69.jugem.cc/trackback/836
        << NEW | TOP | OLD>>