passage

| LOVE | TOPIC | LOG | LINK | ME | OTHER |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    2014.07.19 Saturday ... - / -
    #三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
    JUGEMテーマ:今日観た映画
    ※ネタバレありなのでご注意!!

    まさかの応募した覚えすらない(それってどうなのよ!?)試写会に当選したいまして、
    明日10月28日(金)から全国ロードショーにて公開される【三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船】を観てきました!
     
    ってことで、超久しぶりの映画感想記事でございます。
    (まあだからといって今までと何か違うかと言われると違いはないと思うので期待はしないで下さい。あ、してないか;)

     *

    んー、この映画は話題性はあるのか?ないのか?ちょっと微妙な気がしなくもないんですが・・・;
    まあ強いて言うならば、「あのオーランド・ブルームが出演」っていうこと、「バイオハザードの監督&その主演であるミラ・ジョヴォヴィッチの新たなる作品」、あともうだいぶ飽きてきたけれど「3D上映化」されること、くらいですかね。っていうか、私今朝、この監督とミラ・ジョヴォヴィッチがリアル夫婦になっておられてことを知って、へえ〜って思ってたくらい知識あんまりなしで観に行きました。あ、でもなんかこの作品の新聞か雑誌の記事に、オーランド・ブルームが"あのパイレーツ"の出演を断ってまで、こちらの作品に出演することにした&初の(?)悪役って書いてあって、それもへえ〜と思ってましたね。

    まあちょっとオーランドさんと作品が気になったりはしてたんだけど、以前テレビで予告観た時に飛行船のシーンがあまりにも、「え・・・何これ・・・」って悪い方に感じちゃったりしたので、暇つぶし程度か時間とか余裕あれば観れたらいいかと思っていたので、まさかの試写会当選でお得でした。あざーっす!!(笑)


    とりあえず、この映画に"期待"は持たないで観たらいいと思います。
    わざわざ3D料金支払ってまで観る必要はないので、観るなら2Dで十分だと思います。
    あと、「バイオハザード」(これ観たことない人はちょっとそっち観て映像とか雰囲気の予習した方がいいかも?)組の作品であることを忘れずに、頭に叩き込んで置いてください。
     
    こんなもんかな・・・?うん。
    私自身、ゲームに詳しくないですし、知ってても名前だけでゲーマーじゃないからなのかもしれません。でもバイオハザードは映画でちょろっと(あれは・・・鹸僂燭鵑世辰院)だけ観てなんとなくは知っています。まあ知ったかぶりかもしれませんが;でもね、でもね、そっち系の映画化をした人が他の作品をどのように作るのかとちょっとは楽しみにしていたんだ・・・。
    でもさ、やっぱ、いやいや、ありえねえええええええ。

     
     超はちゃめちゃすぎる!!!


    なんだろうか・・・まあ面白いといえば面白いんだよ。でもなんかそれはねえだろうよ!!って思わずにはいられない、不自然さが目立ちまくりで、本当はちゃめちゃである!!!うーん、まあたしかに世界遺産でロケしただけあって、おおっこの世界!風景!衣装!雰囲気!たまんねえええ・・・とか思うところもあったけれども、それが薄れるくらいに半端なくはちゃめちゃで逆に清々しささえ感じてこれるように思えたりもしなかったり。あー、さすがバイオの人やわ〜って思うシーンが多々ありますからね。その時代にそんなアクションねえよ!とかそんなことしてる人いねえよ!とか言うツッコミはむしろ禁句なのかもしれない。うーん、例えるなら某少年漫画『銀魂』の世界のようなものかと。(あ、別に『銀魂』の批判じゃないので!あれはあれだから、面白いんだと思いますし。)まあ予告映像でもだいぶ分かると思いますが、お気になる方は時間と余裕、そして寛大な気持ちで観れるのでありましたら是非観に行って観て下さい。


    あ、まあ上記はどっちかつうと映像方面に対しての感想でありまして、ストーリー的にはまあまあ面白かったです。それなりに各々のキャラの性格が伝わってきてて、分かりやすい。まあ言い方換えてしまうと、こういうような話ってよくあるパターンじゃね?ですが。(殴)いや、まあ途中というか最初の方で出演キャラ各々の紹介みたいな部分があったから余計だと思うんだけどね・・・あれなしでもなんとかなったとは思うんだが、ちょっとこれはオーランドファンあたり(つっても年代幅広い気もするが)〜若者世代に重きを置いてるんかなあ、なんて思ったり。でもアトスもいいけど、アラミスかっこいいなあと思いました、はい。なかなかキャストの抜擢はいいと思います。あ、ダルタニアンも普通にかっこいいですよ。まだまだ青年・・・って感じの可愛らしい感じではありますが。で、このダルタニアンの人(ローガン・ラーマン)、どっかで観たことあるような・・・なんだろう?と思ってたら「パーシージャクソンとオリンポスの神々」の主役だった人だったのね・・・!ふむふむ。しかも次回作でエマ・ワトソンと共演するらしいので注目したいところです。

    って話だいぶ逸れましたがな;
    まあそんな感じで(どんな感じだよ!)各々のキャストが各々のキャラを上手く演じてはいらっしゃったので良かったです。まあ皆さんが一番気になるのは、やはりオーランド・ブルームだとは思いますが。(え?そうでもない?)

    もちろんオーランドさんも悪役、上手いことこなしていらっしゃいましたよー!!!
    というか私としては、指輪物語の王子的な彼やパイレーツの好青年的な彼よりも、今回の悪役の彼の方が好きだなあ。かっこいいっす!若干何故か北村一輝(この方好きなんですが、)っぽいと思ったのはどうしてだ!?(笑)って言っても、オーランドさん目当てで観に行きたい方に注意したいのは、思ったよりも彼の出演シーンが少ないこと。思ったより、ね?まあでも存在感バッチシなんで、あんまりシーン少ないように思えないとは思うんだけどさ。

    彼がパイレーツを蹴って、こちらの役に専念した(と書くと語弊がありそうだが;)のも納得はいくなあと思う。まあ脇役、準主役的立ち位置的なキャラをしてきたわけで、それでだいぶ人気も出て、ファンもいるわけで、あのままパイレーツにまだ出演しているのはそれはそれで「ん?」ってな感じもするし、彼自身そろそろ新しいことにチャレンジしていこうかなあと思ったんじゃないかと思っております。それが今回の悪役。まあ映画自体の評価がどうでるにしろ、彼の中でまた新たな演技が見えてきたんじゃないかなーと勝手に思ってたりします、はい。それにいつまでもジョニーの横にいるんじゃなくて、自分を主に見てほしいだろうしね。そういう意味では今回頑張ってらっしゃったんじゃないかなあ。次はどんな役演じるのかしらー?と思ってたけど、・・・そういえばホビット物語があるんだったorz・・・まあその作品は置いといても、彼もまだまだ若い俳優さんなので、これからのさらなる演技のふり幅が広がることに期待したい人ではあるなあ。


    うーん、でもやっぱこの映画のストーリーは面白い・・・と思う。はちゃめちゃだけど。でも展開はだいたいそうなるよねー、ここでそうならないよねー、とか読めてしまう。まあこれはどうしてもなかなか映画でもドラマでも本でも漫画でも飛び越えれない壁なのかもしれないんだけど。まあそれに辿りつくまでをどういう風に持っていくか、そこからをどういう方向性にしていくか、でだいぶ面白味は変わってくるとは思うんだけど。これについてはキリがないが;でも、なんちゅうかお決まりすぎる感じでした。
    最後の最後まで。
    (だいたいこう書いとけば、察しの良い人は分かるかと。)

    まあ"お決まり"も見方によれば、面白いですし。まあやっぱそういう風に落ち着くよね、って頷けて答え合わせ的なところもあるので、それでもいいやーって心の持ち主の方は観ても大丈夫かな、とは思う。あと何度も似たようなこと言うけれど、これは"単なる娯楽映画"だと思うことが大事かと。あはは。


    と、いった感じかな。
    制作費の無駄遣い(主に世界遺産のロケと衣装etc)を感じずにはいられなかったけど;はは。まあ洋画なので、こんなもんかーって思っちゃうあたり・・・どうなんだろう?邦画のことばかり馬鹿にしちゃ駄目だな。あともうはっきり言うけど、監督さん、この作品これで終わりにしとかな収拾つかなくなるんじゃね?といらぬ心配してしまうんだが・・・だってバイオもまだ続編あるっぽい終わりにしちゃってるし;

    あとさ、なんかね、そうじゃないと思いたいんだけどさ・・・これ、もしかして監督さんが妻のミラさんの美しさやかっこよさ、セクシーさを皆に魅せ付けたいがために撮ってんじゃない!?!?って思えてきてしまってさ・・・監督、どんだけ奥さん好きよ!とか一人で思ってた。
    こういう風に感じたのは私だけなのだろうか?(笑)そうじゃないと信じたい・・・。



    BGM:Natty Parade "Shaken Mix"/東京スカパラダイスオーケストラ
    (ふう・・・久しぶりの映画感想文なんで、昔何書いてたっけ?ってくらい忘れちゃったよ・・・;でもやはりツイッターだと超ネタバレすぎるし、長々とこんなことばかり呟いていれないので、こういう時はブログ書くべきだなあと思ったのか今日はなんとなくそういう気分になりました。(いつもそうであれ。笑)あと前回の久しぶりの記事(ラルクの「X X X」のやつ)に結構拍手頂きまして感謝感激です。とても嬉しかったです。ありがとうございます!!
     そして、まだここを読みに来てらっしゃるか分かりませんが、kazu-kazuさん申し訳ないですが、この記事に拍手お返事の内容書くのもあれなので・・・もうちょっと待っててくださいね。ごめんなさい;)
    0
      2011.10.28 Friday ... comments(0) / trackbacks(0)
      #スポンサーサイト
      0
        2014.07.19 Saturday ... - / -
        Comment








        Trackback
        Trackback URL: http://haru69.jugem.cc/trackback/842
        << NEW | TOP | OLD>>