passage

| LOVE | TOPIC | LOG | LINK | ME | OTHER |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    2014.07.19 Saturday ... - / -
    #L'7 DVD 感想
    JUGEMテーマ:音楽DVD
    ※思いっきりネタバレしてますので、ご注意を!

    レビューの記事、今読み返すとまだまだ表現仕切れてないし、語彙力がねえなあと改めて実感させられてしまう。まあ今の私が書けるのはあれが精一杯なんだと思う。あれでも推敲したし。そんな推敲なしで、今度はザーッと見た感想を書きたいと思います!っと言っても、1曲ずつの感想はかなりの時間がかかると予想されるので、見て、思ったこと感じたことをありのままに、ちらちらとだけだけど。
     

    さてさて始まり始まり。

    まずオープニング。
    懐かしい〜!!そうそうこんな海賊になりきった彼らの胡散臭くもあり(こら)、かっこいい姿を見ての始まりだったんだよね。そこからのセットへの突入が実に秀逸。今更何を言うかって感じだけれども、本当に凝ったセットと他演出スタッフクルー、骸骨船長がいて、そのこだわり方がさすがラルク!って改めて思わされる。もうこだわり過ぎて、どこからその考えとか思いつくのか脳みそパカッと開けてみたいね。そんでもって製作者側さんもそれに応じて、欠けてるところのないものに仕上げてくる職人技が素晴らしいなあと思う。こういうの仕事冥利に尽きるだろうなあ。
     
    で、ライブ自体なんだけれども、ああ、こんなライブだったのか〜と思えるほど私には"新鮮"でならなかった。いや、懐かしいと思えるとこも少なからずあったんだけれどもさ。でも一応京セラ2日間参戦はしているのだけれども、その頃ここも更新しないくらいだったと思うし、とりあえず行くのでいっぱいいっぱいな状態だったのもあるのかもしれない。あとだいぶ日が経ったし、収録が京セラじゃないから・・・?そんな記憶が結構曖昧な状態で見たので、ものすごく新鮮な気分で、行ってないツアー公演を見てるようだったなあ。まあ、同ツアーでも日によってセトリ違うし、メンバーのテンションとか音響も多少なりとも違ってくるけれどもさ。
     

    そんでもって、これまた何を今更っていうお話なのかもしれないけれど、今回の演出は「海賊」。・・・なのは分かっているんだけれども、その中でもAWAKEツアー並みにストーリーが成り立っているなあと思うんだよね。

    航海でテンションハイ→海賊らしさとそうじゃないところの半端さ→混同・混乱→海賊としての覚醒→永遠を願う禁じられた愛に揺らぐ→目覚め、革新へと→我らが進む道へ、まっすぐ→ちょっと小遊び程度に休憩→そのまま自我を突っ走る→楽しさに溢れていく→夢を描き、平和を願う

    みたいな。って皆さん、だいたい分かってらっしゃるだろうし、そう思わされる伝え方の上手な選曲方法であるし、演出だったと思う。でもね、「Sell my Soul」のフォーメーション的には、一時の安らぎみたいな感じかなあと思ってもみたりしたんだよね。なんかあの体勢は、夜、どこかに船を停め、砂浜で松明を焚き、休んでる時に歌ってるような様子。そんな海賊の姿が頭に浮かんだんだよね。でもさ、詞のこととか考えるとそうじゃないような気もしてきてさ・・・。まあどっちにしろ、あのフォーメーションは素晴らしすぎる!上出来。考えてくれた人、とってもありがとう!ってことで、あのフォーメーション効果もあって、大好きな内の一つです。
     
    あとは、「DRINK IT DOWN」。
    その中でもhydeと骸骨船長の顔がアップになるシーンは最高!なに、あの、かっこよさ!!
     
    それから「get oute from the shell」〜「forbidden lover」の流れがたまらなく良い。他のこと(ブログ書いたり)してても手が止まって、口が空いて塞がらない状態。ポカーン。ポカーン、ポカーンの連続。もう圧倒的なその凄みのあるオーラにただ寄らぬ何かを感じてるんだと思う、自分が。あまりにもそのhydeの歌唱力・表現力の上手さと、3人の黙々とでも内から発せられる熱い熱意のある演奏に、ラルクイズのあのおばあさまのように、痛いと言われ様が、神様ー!!と言いたくなるほどですもの。

    そんな中でもさらに絞るとしたら、上記に載せたタイトルの2曲「get from the shell」と「forbidden lover」かな。まず前者の時にラルク船の帆に"L'Arc〜en〜Ciel"が印字されたものに変わる瞬間があったと思うんだけど、あそこが好き。殻が破れたーって、そのまんまのことだけど思ったし、そこで変えるというタイミングが絶妙すぎて拍手。そして、後者の曲に関しては元からあのドラムから始まるトントコトントンっていうやつが好きだったんだけど、さらに好きになった!かっこいい!(さっきから、この言葉ばかりだわ;)あとは特にメンバー全員が熱く感じられたのもこの曲で、hydeの歌い込みがすごく胸に響いて、素晴らしすぎるという意味での溜息が出る曲でもあったなあ。はあ。(え)

    で、「MY HEART DRAWS A DREAM」はもうあれですね。映画でいうまさに泣き所であり、泣かせ所。しかもそれが不自然じゃないのよね。私も嗚咽泣きしました。よくよく考えてみたら、あんなドームで大合唱できるなんて、どこまですごいバンドなんだよって思った。あの時のドームの一体感は半端なく、恐ろしいね。それこそ、パリのどこぞで見た虹のよう。奇跡っていうものなのかなあと思うくらい、美しく儚いもののようにも思えた。でもすごく強く奥深いところで、ああラルクと繋がっているんだって、あの合唱を聴くと思えたりもする。そんな色んな感情が交じり合う曲。でもきっと皆の夢はラルク船が乗せていてくれているはず。だから、いつぞやかhydeさんは「ラルクはみんなの夢」なんて素晴らしい名言、残せてるんじゃないかなあ。

    そんでもって最後にマイドリの名残もあって、「星空」でまたうるうる。
    うわー。先程新鮮だとか記憶が曖昧だとか言ったけど、これ京セラドームで見たとき、ものすっごい綺麗であまりの素敵過ぎる演出にびっくりしたのは覚えているわ!その時とちょっと色合いとか違うけれども、でもやはり最後の最後までとっておきの演出で魅せてくれる際立ったバンドだなあと思った。
    ああ、今回も美味しいライブをありがとうございました、L'Arc〜en〜Cielさん!!

    そして、ここでもう一度今まで素敵な舞台へと導いてくれてありがとうございました、コメットさん。
    貴方の夢もまだちゃんとラルク船に乗って、次なる舞台へと行くはず。一緒にこれからもラルクを見守っていきたいですね。ラルクはみんなの夢ですもの。

     *

    ・・・っていうか、ごめんなさい。
    今回久しぶりにライブDVD見て思ったけど、疲れた〜!見るだけのくせに、よ?なんか元気とかその他諸々のもの貰えるんだけども、でも疲れたよ。久しぶりだからかな?いや、でもこれライブだとさらにさらに体力使ってんだよなあーって思うと、私の単なる体力不足なのか!?それとも集中しすぎたのか!?とにかくラルクのDVDで見てないの見たいんだけど、疲れそうで困る・・・;頑張れ自分。1、2回見たらだいぶ慣れるんだろうけどなあ〜。とにかく今はこの(L'7 DVD)を永遠リピート。明日は車で聴こうっと。

    でも、久しぶりに「AWAKE」見たいかも!?あはは。


    BGM:Killing Me(L'7 DVDより)/L'Arc〜en〜Ciel
    (毎度のことながらも、拍手ありがとうございます!)

    0
      2010.04.06 Tuesday ... comments(0) / trackbacks(0)
      #TOUR 2008 L'7〜Trans ASIA via PARIS〜
      JUGEMテーマ:音楽DVD
      ※ネタばれはないと思います。

      L'Arc〜en〜Cielの世界ツアーの凱旋公演の東京公演2日目の映像化した、今回のDVD。
       
      それはまるで映画の様。
      それはまるで映画のサウンドトラックの生演奏の様。
       
      こんな豪華な音楽映画を私は他に知らない。
      大ヒット御礼とでもいいましょうか、音楽DVDアカデミー賞総なめするであろうとでもいいましょうか。そのくらいに実にドラマティックで、壮大で煌びやかで人に魅せるオーラの強みがある感動を与えさせてくれる、いや自然と感動してしまう作品。

      まさに曲の一つ一つに、深く意味があり、濃くあり、私達の心に強く訴えかけてくる。そして曲間というものの存在すらが、まさに洗練されたような意味合いを持ち、一瞬たりとも息を吐く時間がないような面持ちである。また、演奏する4人のバンドメンバー自身がその曲自体を、身に持って、感情を時には全身を使い表し演奏するものだから、私達受けて側にはそれが強く伝わり、深く感情移入してしまいそうである。それほどにもメンバーの熱い演奏シーンも必見である。
       
      さて、このDVDを"映画"と称したのにはもう一つ。
      このライブ自体が彼らの今までの集大成とでもいえる、彼ら自身の今は大船になったが、小船からの軌跡であるであろうからだ。貫禄のあるビッグバンドになった彼らの軌跡はさぞ、難航だったに違いないだろう。それを表すかのような、静と動のはっきりとした、また時に不安定さのある、そして安らかな曲達が散らばめられているからである。だから、彼らの成り上がった、いや今なお進化し続けるストーリーでもあるのだ。
       
      そんな彼らのボーカルhydeはこのツアーの最終公演の時、
      「もっと大きな船になって帰ってくる」
      と言ってライブ会場から去った。つまり、この映画にはエンドロールがあるが、もうすでに次へと製作が始まっているわけである。

      2011年の20周年記念公演ライブでは、きっとその続きを見ることができるだろう。

      最後に、彼らはこのDVDに一人の大事な船員のためにとっておきのプレゼントを残している。
      そこにある、彼らが日頃大事にしている「出会い」というものに愛を感じてならない。きっとそこには、また私たちの知らないストーリーが隠れているのだろう。


      BGM:Believe/嵐
      (拍手ありがとうございます!
       ちょっとだけ拍手のコメント入れる欄とか編集してみました。

       今日は、ちょっとかしこまったレビュー文調にしてみました。なんかお恥ずかしい、まだまだな初心者な文章だけれども;ていうか間違えなどありましたら申し訳ないです;っていうことで、L'7 DVDすべて見終わりました。簡単な感想にはなるかもしれませんが、できたらまた書きます。でもその前に、何度も見直すのに忙しそうかも。(笑)そのくらい良いDVDだと思います。)

      0
        2010.04.02 Friday ... comments(2) / trackbacks(0)
        #ラルクの数式化
        JUGEMテーマ:つぶやき。

                  1    hyde
        L'Arc〜en〜Ciel = ― =―――――――――――― = ∞
                  3  tetsuya+ken+yukihiro

        (※"― "は割り算ではない)
         
        hydeさんファンじゃないので、いや彼のファンであろうとも、思いついただろうけど、上記のような方式をポンと頭に浮かんだのだ!何、これ、大発明!?って一瞬思っちゃってすみません・・・;でも式(?)にするとこういうことかー!みたいな、今更だけれども自分にしっくりきて納得のいくものができたと思う、うん。
         
        まあ、要は
        ラルクっていうのはボーカルでメインのhydeさんがいまして、 それを支えている強豪な3人の楽器隊のtetsyaさん、kenさん、yukihiroさんがいて、 この状態が保っていることによって、彼らのバンドは素晴らしくも無限大の可能性に満ちている
        んですよーってことなんだけど。

        でもよくよく考えたら、間違ってた・・・!滝汗。こっちか!
         
        L'Arc〜en〜Ciel =
        hyde : tetsuya+ken+yukihiro = 1:3 = ∞

        (But not 3hyde=1(tetsuya+ken+yukihiro))


        まあ、要は・・・上記とほぼ同じなので以下略。
        っていうか意味は今更過ぎることなんですけど。まあ式にするのも今更な気がするけど;なんていうか、L'7のDVDを中途半端にだけ見たんですよね。あ、今日ネタバレとかないですよ。これだああ!!って勝手に頭の中で上記のようなしょうもないんだけど、当たり前なことの数式化をしていて。それほどラルクの素晴らしさを伝えれないかって思ってみたんだけど、やっぱり数式化できないね!できないほど個々も、バンド自体も半端ない大きさで、数にするものじゃありませんね。
        どうも、変なことに付き合わせてしまって申し訳ありませんでした・・・。
        (これなら、1+1+1+1=∞の方が断然分かりやすいし;)

        そんなわけで少々、というかdisc1枚目だけという、中途半端なところまで見ました、L'7のDVD。いやー、買って見ないよりも1枚だけ見るとか、はるかに焦らしプレイをしてしまったじゃないか・・・。なんたること!まあ時間配分と家の都合、私の都合などなどが合わなかったりしたんで仕方ないので泣く泣く諦めたんだけどね。明日こそはじっくり最初から最後までライブを味わいたいなあと思います!

        BGM:SUNRISE/Mr.Children
        (拍手ありがとうございます!
         以下、続きは私のこれまた勝手なつぶやきな私信ですので、ちょちょちょいのちょーいとスルーして下さい。)

        続きを読む >>
        0
          2010.03.31 Wednesday ... comments(0) / trackbacks(0)
          #Gyaoでの配信
          JUGEMテーマ:L′Arc-en-Ciel

          昨日lmobileからメールが来た時、えっ!?全曲配信!?と勘違いしてしまった;(ていうかそう思った人多いはず。)その後のtetsuyaさんメールから詳細が分かって、「STAY AWAY」「MY HEART DRAWS A DREAM」の2曲のみがフルで配信だということが分かったんだけど。んーなんていうか、lmobileさんしっかり!!(笑)
           
          私はDVD見るまで、絶対Gyaoのやつは見ません!!!

          と、ここで宣言させてもらいます。
          だって、だってだって、選曲があまりにも良すぎるんだもの!特にマイドリ。そんなのネットで見るよりDVDで先に見たいわ!感動したいわ!でもね、早く見たいし、2曲ならいっかあ〜って思ったりもちょっとしたけれども、やっぱり駄目。どんなに目の前に美味しい餌が置いてあって、「待て」なんて言われず自由にしろって言われても無理。非常に辛い選択ではあるけれども・・・いや、そうでもないか・・・とにかく無理なもんは無理なんじゃああああああ!特にマイドリの合唱とか聞いたら、もう他のことに手をつけらんない状態になりそうだもの。んでもって「STAY AWAY」という曲(私のラルクの原点とでも言えるんです!)なんかやちゃってる楽しい演奏シーンとか見たら、余計ライブに行きたくなってしょうがないわ!

          って、あれれ〜。それじゃあDVD観たら、さらに、そうなっちゃうか;んでもとにかくなんとなく自分のポリシーで、DVDをゆっくりじっくりと観て、その世界に惹き込まれていたいのよ、観てる時間だけは。だから、そんな中途半端にセトリからぽっぽっぽーんと出された、素晴らしいシーンもあるであろう名曲を安易にネットで見たら、なんだか残念な気持ちになっちゃうのだ。なのでDVD観終わった後でもまだ遅くないだろうから(そういってまだ去年のDVD観てなry)、DVD観て、少し余裕の気持ちができただろう後からネットで見てみようと思います。

          しかし、この2曲の選択は私みたいな観たいようで観たくないっていうファンには苦しい思いさせるけれども、きっと一般の方々やDVDに手をまだちょっと出せないやーっていう人達や、まだ買おうかどうか悩んでいる最中という人々には良い刺激になるね!それこそペプシネクスのように、シュワ〜となにか訴えかけられるてくるものがあるんじゃないでしょうか。と、まだペプシを買ってない私が言うのも説得力がないんだけれども;とにかく毎回ラルクイズにしろL'7 DVDの配信にしろ、なんにしろ、ちょっとそこやり方違うんじゃないの!?もっと良い方法あるんじゃないの!?って素人の私は思ってしまうこともあるのだけど(すみません。汗)、でもやっぱりラルクはどことなく、『ファンには刺激的・一般層には実はさりげなく』、っていう感じの商法ができていて上手いなあと思う。ちょっと不器用な感じは否めないんだけどもね・・・!でも、そうやって一般層にも攻めこんではいるんだろうけれども、"さりげなさ"というものを忘れてないところがさすがプロさすがラルクって感じ。もうなんかとにかく恐れ入りました〜!!ってなるんだよね。で、ファンには常に"刺激的"だから飽きないのでありがたい。
           
          っていうことで、やっぱりこれ(=ラルク)が好き!っていう話になっちゃうわけです。ファンですもの。笑
          あ〜早くL'7 DVDが手に入って、観れるといいなあ。


          [拍手お返事]
          >初めまして(^-^)v〜の方
           初めましてです。拍手&コメントありがとうございます!
           はい、ラルクイズのツッコミうんぬん語っていたら、きっと何時間もかかっちゃいますねえ。笑
           でもそういうツッコめる面白さ・楽しさのあるバンドであるからこそ、やはり愛しく感じます。
           
          他、拍手してくださった方々もありがとうございました!


          BGM:空と糸/ムック
          (どうでもいい話ですが、前の記事引きずるようだけど、タイトルを「春の予感」にしたら、再放送していたNHKのドラマ『ツレがうつになりまして』の最終回のタイトルもこれだったので、ちょっと可笑しかった。ああ、やっぱり春はいいねえ。
           
           で、なんだかんだと言って、Gyao配信は見ないと宣言したけれども、この間ラルクイズ(公式のスペシャルページから観れます)の映像後にL'7 DVDのプレビューみたいなのが流れたのは見てしまった・・・・!まあこれは色々ちょいちょいだから、まだ許せる範囲・・・のはず。(笑)まあDVDが観たいのと、ライブが恋しいのには変わらないんだけどね。あれ観ただけでも感動したので、本編観たらどうなることやら。
           「観る」「見る」の使い分けがいまいちできてない・・・。ごっちゃで統一感がなく、すみません;)
           
          0
            2010.03.20 Saturday ... comments(2) / trackbacks(0)
            #ザ・ラルクイズ
            JUGEMテーマ:L′Arc-en-Ciel
            ※ネタバレ(になるのか!?ないかもだけど。)注意

            やっとこさ見ましたー、ラルクイズ!!

            何このシュールで、なおかつファンには美味しい素晴らしい番組は・・・!

            とにかく面白すぎるのですが。
            あ、やはりこのDVDは箭内さん監修のものだったんだね!どうしよう、ラルクさんはもちろんのこと箭内さんの作るこういった素晴らしき作品大好物で、彼がかなり好きなんですけど。なんていうか、こういうと失礼な話ではありますが、箭内さんもラルクと共に成長なさってきたんじゃないかなあと思えます。まあ他のミュージシャンとかの企画とかもしてはりますけど。でもこうやって長年関わってきた方が、まだこうやって何度も携わってきて下さっていることは嬉しいこと。っていうか、これはラルク側からのオファーでもあるのかしら?それほど双方の相性が良いってことでもあるんだろうなあ。とにかく箭内さん、今回も面白い作品にしてくれてありがとうございます!!

            で、肝心の内容なんだけれどもツッコミどころがありすぎて感想が書けない;

            とにかくそれなりに必死に頑張るhydeさん。
            早押しにかけながらも、しっかり答えているkenちゃん。
            予習もばっちり、さすがリーダーなtetsuyaさん。
            「頑張ります」「勝つ気です」と言いながらも、それが見られないyukihiroさん。

            このアルバムタイトルの日本語を誰がおっしゃったのか分からないけれども(うまいこと仰るなあ〜と思いました)、「四位一体」ならば、このザ・ラルクイズは「四者四様」だなあと思った。もうそれくらい、皆様々でまさにそれぞれの個性発揮してるんですもの!貴方達本当にあの「四位一体」の人達なの〜!?っていうくらい。まあ、それでこそラルクであり、そこがまた良いんですけどね。
             
            しっかし、このラルクイズの内容自体もありきたりな感じのクイズ番組ではありそうだけれども、でもちょっとしたこだわりがあって、そこがまたツボなんだよね。それこそラルクマジック&箭内さんマジックなんだろうけども。あとなんといっても、司会の大和田さんの天然さとメンバーへの振りっぷり、そして中田さんの素早いツッコミと流しっぷりが素敵すぎる!!!このお二方が司会者で良かったー!(笑)

            兎にも角にも、ファンにとってはとてつもなく美味しいDVD内容なので、まだの人は是非見てみてくださいな。
            あと、これ一般層の方々にも是非とも機会があれば、見て欲しいですね。というか、一度全国放送してほしいかもしれない。(笑)無理かもしれないだろうけど;
             
            あー、なんにせよ楽しい時間をありがとうございました!!
            (と言いながら実は今も見ながら、このブログ書いてた。集中してかけてないけど;笑。)
            肝心のCDの方は、1枚の収録曲が7曲と少ないけれども、じっくり今度は「四位一体」の方を味わいたいので1枚1枚少しづつ聞いていきたいと思います。
             
            BGM:ザ・ラルクイズ/L'Arc〜en〜Ciel
            (拍手ありがとうございます!

             ちなみに私がラルクイズの中で特にツボだったのは・・・・「神様?」かな。まあファンとしては、あってるような気もしなくもないけれども。(笑)あとtetsuyaさんファンとしては、イントロで「砂時計」を答える前の唸るところと、バナナ等の流れのあとの大和田さんが実際にやってみせるところが可笑しかったかな。(笑)あー、これ車で何回も見ようかしら・・・や、危ないな色んな意味で。とにかくこういう付録つけるラルク、ほんとに大好きです!)
             
            0
              2010.03.18 Thursday ... comments(0) / trackbacks(0)
              #L'7 DVD詳細発表
              JUGEMテーマ:L′Arc-en-Ciel

              うわあああん、結局ネットdeラルクイズしようとしてたの阿呆にも忘れていて、できなかったや;残念・・・。
               
              なんかシュールだとか力が抜けるような、みたいな壁紙欲しかったわ。というか、なんかこういうリリース時にネットでしょうものないもの(おい)から面白いものまで色々考えてくれてるので、ファンになった今は、せっかくなのでリアルタイムでやってみたいという気持ちが大きいんだよね。たしかまだ残ってると思うけど、(・・・って探したらあった!)「LOVE FLIES」や「Driver's High」や「Pieces」あたりの、なんかゲームや企画なんてのをファンになりたての頃検索したらでてきて発見して、なんぞやこれは?と思いつつ、参加してみたかったなーって思うもん。あとネズミベストの時の投票とか。あ、でもその頃は今ほどネットが普及してなかったから、逆に参加するのが困難だったのかな。どちらにせよ、なるべくならファンでいる今は彼らの活動に必死になって追いかけたいのです。例えそれが回り道にになって遅かれ、早かれ。
               
              あ、そういえば壁紙といえば、ペプシ公式サイトでも壁紙配布してなかったっけ?うん、たしかそう。あっちの方は忘れずにダウンロードしに行こう!あとインタビューもあるらしいので、それも見ないと!・・・っていうか今リンク貼るのにちらっと見に行ったら、スペシャル動画もあるの!?うはー、ありがとうございます、ペプシさん。私の家がコカ・コーラ派でも(というかそもそもペプシ飲んだことない)、ペプシ買いに行きますので!!ということで、このペプシ関連はまたじっくり時間のある時忘れずに見ようっと〜。あとそういえば昨日だか一昨日だかから始まった、ペプシの曲もダウンロードしないと!


              ・・・で、この間は15種類のCMではしゃいでいたけれども、L'7 DVDの収録内容詳細とジャケット写真が公開されましたね!
              予約したけれども、金欠になるし後回しにしようかなあ〜なんて思っていた私ですが、大変申し訳ありませんでした・・・。って思える収録内容。これはライブフルだよね!?嬉しいー!たとえ東京公演だろうが、買います買います。(なんで大阪公演じゃないんだよー!!って、ちょっと落ち込んだのだよ;)しかも、あの「ラブストーリーは幕間に」まで収録してくれてるし!!しかも全部。(笑)あの最終話の、「ラルクは〜」っていう石田純一の宣言大好きなんだよね。これはありがたし。今となってはあの宣言も懐かしく、今こうやってラルクが色々活動してくれていて、暇を持て余してないのでありがたいことこの上ないね。あと「ラルクは文化」発言もあったけ?あー、懐かしいよ〜。そして、さらにさらにL'7ツアーでのMCコレクションなるものが、収録されるみたいで。ってことは大阪のMCも入るのかな?楽しみーなんだけど、ここで大阪公演の内容も入るってことは大阪公演のDVD化はないってことなのかしら・・・?いや、でもカメラ入ってたし、最終公演だったわけだから是非ともいつかはDVD化して欲しいなあー。あれか?hydeの跳んじゃいけないのに「跳べー!」発言があかんかったとか?(汗)まあいずれにせよ、いつか大阪公演もDVD化されると信じて、今は東京公演で楽しもうじゃないか!!あと内容的に楽しみなのは、始まりの船のクルーになりきってる彼らの映像と「Sell My Soul」とマイドリの合唱と最後の「星空」の演出。これも上手いこと綺麗に映像化されてることを願うのみ。にしても、こうやってあれやこれやと思い出しながら語っていたら、今すぐ見たくなってしまったわ。
              早く発売日になってー!
               
              あとジャケット写真は、あの大きなラルク船L'7バージョンがどどーんと身構えている姿でなんとも凛々しくもあり、迫力があるなあ、と。ジャケ写だけども、改めてラルクはあまりにもでっかい巨船になったんだなあ・・・としみじみ思う。そんなに長いことファンなわけじゃないけど;なんていうか、今までの"過去"(前に"過去"の人達発言しちゃったけど)がこのラルク巨船を作っていく工程だったに違いないと思うんだ。それで、今はもう揺ぎ無い柱があるように、ちょっとやそっとのことじゃ壊れない良い船になったんじゃないかなあと思うと感慨深い。

              うーん、やっぱりこれ(=ラルク)が好き!!


              BGM:I Don't Have To Try/AVRIL LAVIGNE
              (拍手ありがとうございます!
               
               L'7 DVD見たい見たいと言ってるけど、去年リリースされたDVDを未だに見てないのは秘密のあっこry・・・;
               クオ・・・クオデリニティ(?言いづらい・・・)CDは今日買えるかもしれないけれど、予定がありがたいことなのかなんなのか詰まってて、念願のラルクイズ見れるのは当分お預けな予感。残念。)

              0
                2010.03.11 Thursday ... comments(0) / trackbacks(0)
                #15種類のTV SPOT CM
                JUGEMテーマ:L′Arc-en-Ciel

                ふひー。
                急いで日付が変わる前に何度も何度も再生してきましたよ、例のソニーのサイトジャック!
                 
                今回は、なななんと、例の今日(昨日になっちゃったけど)フラゲ日のベストアルバムのTV SPOT CMを、15種類(多っ!)も流すけど、1日限りよ?っていう過酷なサイトジャック。今日ネットできて良かったわー。(笑)いや、本当に。なんかもう何回「もう一度見る」のボタン押したか分からないくらい見た。さすが、ラルク。毎度のことながら、なんつー面白いCM作ってんですか!これはどこやらで見たか聞いたかだけど、噂なのでなんとも言えないけれど、箭内さんが製作に関わっていたらしいって?それはそうなら、なんか納得!!(笑)しちゃうんだけどなあ〜。真実はどうなんでしょう?あ、DVDのスタッフに名前あるか調べてみればいいのかな?まあ箭内さんだったら、私的には嬉しさ倍増なんだけれども、そうじゃなくてもとにかくラルクのCMのクォリティの高さはまだまだ落ちてないなあ〜と感心させられました。
                 
                サイトジャックで見た中でツボだったのは、ちょっとネタバレ(注意!)になっちゃうのかもしれないけれど、「角編」「ユキヒロさん頑張りましょう編」(これは少しラルクイズでも流れてるね!)「ダム編」「巣鴨(かな?)で聞きました編」「恋人にしたいなら・・・編」「hydeの声に似てる人編パート1・2編」あたりかなあ〜。

                っていうか、「巣鴨で聞きました編」で新たに恐ろしい発言が;ラルクは決して"痩せる薬"ではありません・・・!まあ経済的には痩せていく薬ではあるかもしれませんが。(え)あと「恋人にしたいなら・・・編」は、昔Link発売あたりでMUSIC JAPANで企画として似たようなのやってましたねえ、そういえば。懐かしい〜!あの時のアー写もあれだけど、今回の「BLESS」発売時のアー写を使うのもいかがなものか;きっと間に合わなかったんだろうけど、今回のベストアルバム用の新アー写で聞いてみて欲しかったなあ〜。あ、でも顔分からん人もいれば、性別分からない人もいるから無理か!(笑)あと、1番びっくりしたのは「hydeの声に似てる人編」の2つ!!あれって、あのYOU TUBEだかで有名になったhydeの声似の人だよね!?なんか1回mixiのニュースかなんかで来日したとか書いてあるのあったけど、まさかこのため!?いや、時期が違いすぎるか・・・。でもあれかなあ、ラルクさんと会ったんかなあ彼は。とにかくすごいね!これぞ国境を越え、さらにネットでの話題性を使っての、実現しなさそうでしてしまった、今のラルクがあるこその素晴らしいCM!なんか感動しました!!ああ、世界規模だあーって。ファンが公式のCM出るのだけでもすごいのに、他国のファンがCM出ちゃってるよー、って。
                 
                とにもかくにもどれもかしこも楽しめた、15種類のCM達ばかりでした!
                これ見るとますます、ラルクイズの内容が気になってしょうがないのは勿論のことなんだけども、これらの15種類ものCMをいつどこで放映するかの方が気になってしゃーないです。このCM達もペプシ同様、流れたら録画して保存したい!!どうなんですかね?VMCの3月のヘッドライナー(だっけ?)に選ばれたことなので、そこでいっぱい流れちゃうのかなあ?うーん、それだと残念。私の家では入らないチャンネルだわ。っていうか、こんなにも「ラルクです」っていうCMをいっぱい作ったんだから、普通のテレビ局でいっぱいペプシに負けずと流して欲しいところ。そして、もっと知って!痩せる薬じゃないってことを・・・!(まだ引っ張るか)そんなわけで、ソニーさんやらキューンさんやら頑張って下さいよー。お願いします。とりあえず今週のMステとCDTVあたりの音楽番組は録画しておいてみようかな・・・。

                そんなベストなんですが、フラゲすることもせず、まだ手に入れてません。
                でもこれだけは言えます。
                悪いけど、まず1番にラルククイズDVDを見るでしょう

                 *

                と、ソニーのサイトジャックに翻弄されていたわけですが、なにやらTETSUYAさんが今月の月末だかにある、ラジアンのイベントに参加するらしいですね。しかもよりによって、ツアーのファイナル公演SHIBUYA-AXでとか。そして入場料が1500円という格安。うぅーっ!!本心は行きたい気持ちでいっぱいだけれども、でもなでもな、ちょっと無理だなあ。・・・悲しいけど諦めます。なので、行ける人是非是非楽しんできてくださいな。きっと山ちゃんとでしか話せないようなお話があったりするかもだし、なによりあの山ちゃんとの共演なのできっと面白いと思うんだ。公開録音って形で、後日ラジアンDX(で今もいいのかな?)で流せばいいのになあ。どうなんでしょう。と、昨日のラジアン(モバイル会員にはラジアンで何かあると、情報流されてたのです!)さえ聞かなかった私が言ってみる・・・;とりあえず、レポート是非待ってます!!
                 
                で、結局私何時ネットdeラルククイズするんだ!?滝汗


                BGM:ALONE EN LA VIDA/L'Arc〜en〜Ciel
                (拍手ありがとうございます!
                 
                 ラルククイズ、今調べたら明日いっぱいなんだね・・・よーし、明日こそ頑張りますか!
                 あと関係ないけど、日本アカデミー賞について書きたいけど、タイミングが見つからないのでこれだけ。香川さん、最優助演男優賞おめでとうございます!!大好きです!とにかく色んなものに出演されてますが、貴方の演技は時に大げさにも見えるけど、でもうまく内容に溶け込めていて好きです。堺さんもね、助演男優賞とられていて良かったなあと思った。)
                 
                0
                  2010.03.10 Wednesday ... comments(2) / trackbacks(0)
                  #TETUYA 2010 TOUR 詳細
                  JUGEMテーマ:tetsu +ラルク+

                  思いのほかに早く発表されましたね、TETSUYAさんのTOURの詳細!!イェイ!!・・・っていっても、どこぞの冬ツアー発表とは違って、7月にあるツアーだし、こんなもんか時期的には。でも嬉しいのは変わりないこと。今日メール来てて、何だろう?って思ってたらツアーのことだったのでテンションハイになった。ありがとう、TETSUYAさん。
                   
                  そんなツアーの詳細。
                  うん、やっぱり北陸地方ではないよね・・・
                  なんとなく分かっちゃいたけど、実際スケジュール見て、ああやっぱり・・・ってちょっと落ち込んだ。しかも信越地方もないし。うん・・・分かってるさ、田舎だもん。しょうがないもの。まあそんなこんなで少々落ち込みはしたけれども、初めて参戦する予定のワンマンツアーなんだし、テンション上げていくぞオラー!!みたいな感じで、しっかりもう一度スケジュールを見直してみました。ありがたいことに土日祝日に開催される日が多いね!これはなんて優しい。が、しかーし、何故よりによって最終公演日は平日なんだよー!!って思った。絶対そう思った人多いと思うんだけど。まあ会場確保の都合とかなんでしょうかねえ;仕方ない。あとやっぱり、チケット代は"6,900円"なんだ(笑)とも思った。TETSUYAさんらしいや。ツアータイトルにしたってね。

                  で、えっと私の参戦予定計画は・・・う〜ん難しいんだな、これが!!とにかくどこに行くにしたって遠征という状態なので、それならファースト公演か最終公演の東京行きにするべきかなあ、と。でもファースト公演行ったら、絶対また行きたくなるだろうなあ〜と思って。それならどっちも行くか!?ってなると、ちょっとそれは2ヶ月連続東京行きになるわけで、自分的にNGなので、そうなると最終公演を狙っちゃおうかな〜と思ってみたり。それか大阪か。なんだかんだで、結構東京よりも近い気がするし。でも名古屋もいいなあ。初じゃないけど、遠征としては初の名古屋上陸!みたいな?でも名古屋の平日をとるなら、やっぱり最終公演の東京行きたいなあ〜。とにかく遠征になろうが、とにかく最低1公演(っていうかたぶん1公演だけにするけど)は行きます!
                   
                  とは言ってますが、結局のところまずチケットが入手できなければ物事始まりませんが;
                  最終公演、平日だけど倍率高いかなあ、やっぱり。しかしまずキャパがどんなものか分からないしなあ;SHIBUYA-AX(TETSUYAさんの公演の日だけ、TETSUYA-AXになればいいと思う。笑)なら結構他の日程の箱よりも人入りそうな気はするけれども。とりあえず、せっかく入ってるモバイル会員の特権でなんとか先行でチケット確保できますように!!神様仏様TETSUYA様よろしくお願いします!!

                   *

                  [拍手お返事]
                  >TETSUYAくんの〜のコメントを下さった方
                   拍手&コメントありがとうございます!
                   そして、ファースト(でいいのかどうか謎ですが;)ライブを祝っていただき、ありがとうございます!
                    TETSUYAさん本人ではないですが、本人になったくらい、お祝い嬉しいです。

                  他、拍手多数ありがとうございます!!幸せです。


                  BGM:Speed/Ken
                  (しかし、公式サイトにモバイル会員先行予約ありまーすとか書いてあるし、今から入会なさった方々も対象になるのかしら・・・?それはちょっとずるいな〜と思いつつも、まあライブに人来ないと悲しいから、そのくらいいっかって偉そうに心配しつつ思ってみたりした。いいライブツアーになるといいですね!

                   あ、ラルククイズ忘れてた・・・明日こそは・・・!
                   あとこんな企画ページを発見。→LOVE コブクロ!LOVE ペプシネックス!
                   コブクロの次に、ラルクさんなのかな。この順番だと。なんだかとにかくペプシの宣伝、頑張ってますねえ。すごい!あと東京と大阪では駅や電車内でも広告があるそうで、地方民にしたら羨ましいたらありゃしない。地方頑張れ。(笑)とりあえず地方民はスーパーでペプシコーナーを探すのに必死です;)
                   
                  0
                    2010.03.09 Tuesday ... comments(0) / trackbacks(0)
                    #『タイアップ至上主義』型
                    JUGEMテーマ:L′Arc-en-Ciel

                    「っていうか、この人達誰?」

                    というのが聞えてしまいまった、某大型スーパーのペプシコーナーで。若いご夫婦の奥さんがペプシを籠に入れつつも(ありがとうございまーす!)、ポスターを見ての一言。すごく即座に
                    「ラ、ラルクアンシエルですよー!!」

                    と言いたくなって言いたくなって、でも言えずに口を開けて一瞬凍ったように立ち止まってしまった。うん、答えていたにしろ(答えてたら、ラルクで分からないなら、「昔「HONEY」という曲ヒットした、あのhydeという人がボーカルのバンドですよ!最近ではバンクーバーオリンピックのNHKのテーマソング歌ってました。あ、旦那さんアニメ見られるんですか?それじゃあ、鋼の錬金術師で「REDAY STEADY GO」聴いたことありませんか?GTOで「Driver's High」とかは?え?お前は誰だって?」・・・っていうくらいペラペラ喋ってたかもしれん、私。恐るべし。まあ臆病なので無理ですが;ていうか明らかに怪しい人だと思ってひくよね、まず・・・;)、彼らがL'Arc〜en〜Cielを知ってそうな雰囲気は43%くらいだったと思う。悲しいけれども、見た目で判断は駄目ですが、そんな感じがした。というか、その一言でああやっぱり・・・とちょっと冷静に客観的に思った自分がいた。
                     

                    どうなんですかねえ。
                    倖田さんやコブクロさんは、割と"最近"のミュージシャンだと思うんですよ。良くも悪くも。だけど、ラルクっていうとやはり"過去"の人達っていうイメージの方が一般層には思われてるのかなあ、って思う。というか大半の人が「え!?まだ活動してたんだ!?」とか「あー"昔"好きだった!」とか「うわあ、懐かしい名前ー」とか言うんじゃないかなあと思うのよね。あの、ラルククイズの映像でもあったように、もしかしたら全然知らなくて、「化粧品の会社?」とか「下着のメーカー?」とか(これファンとしては面白い。爆笑)言われちゃうんじゃないかってくらいだとも思うんだよね。恐れ多くも。今でも私含め、どんだけいるのよー!!って叫びたくなるほど、ファンがいると思っていてもさ。世界はそんなことを思うと狭いようで広いんだなあ、と思ってしまう。ちょっと寂しい。
                     
                    でも、ま、今回遭遇したご夫婦が稀なパターンなわけかもしれない・・・とか思いちゃいたいけど、それはないと思う自分がいてこれまた悲しい。でもさ、tetsuyaさんが『タイアップ至上主義』型と自分でもはっきりと言っちゃえるほどなんで、なんだろ、それはそれでありなのかなあーって思う。やっぱりテレビとかのタイアップ効果というものはあると思うし、そのタイアップでの良さの左右で売り上げも違ってきたりもすると思うし。そんなことを思うと、あの若いご夫婦のように「この人達誰?」っていう疑問から、さらに発展してバンド名知って、そこでへぇーで終わる場合もあるかもしれないけど、曲とかも聴いてみよう!とかいう考えに行き着いて、そしたら「あれ?これ聴いたことある!?」とか「ああ、この曲のバンドかあ!!」とか「いい曲いっぱいあるじゃん!!」とかにまたまた発展して、どんどんはまっていくこともあるだろうし。そう思うと、あのご夫婦の疑問に感じてくれた点は良かったのかも!?そして、このタイアップ至上主義というのは、改めて思うに、なかなか賢いバンドセールスの方法だなあと思った。
                     
                    そんな今日でした。
                     L'Arc〜en〜Cielが10年ぶりにCM出演 タイアップ至上主義の裏事情、こんな記事を見つけて読みましたが、まさにその通りですね。

                     *

                    ちなみに今日はCMもしっかりばっちり見れたので良かった良かったー!曲も噂どおりかっこいいなあと思う。まだそんな聴いたわけじゃないけど。これ着うたとかで配信されるらしいので、絶対にダウンロードしようっと。この間CM流れていた時は、コンタクトもメガネもせずの裸眼だったので、遠くからじゃ何が何だか〜!!っていう状態だったので。今日はそう思うとばっちりテレビの近くでマジマジと見れたので良かったです。なにやらペプシのサイトでも見れるそうですが、やっぱりテレビで偶然遭遇しちゃうっていうシチュエーションが私にはハッピーにさせてくれるので、美味しいです。明日も見れますように〜!!
                     

                    BGM:野火/Cocco
                    (拍手、毎回本当にありがとうございます!
                     
                     しかし上記にあげた記事の中に出てくる某音楽記者は誰やねん!!って思ってしまう。鹿野さんあたり?笑(なんとなく)あとラルククイズはまだ全部してません;1問だけした。明日でも頑張ってしようっと。噂の壁紙がみたいわ。)

                    0
                      2010.03.08 Monday ... comments(5) / trackbacks(0)
                      #次から次へと
                      JUGEMテーマ:L′Arc-en-Ciel

                      もうー、なんなんですか!?(決して怒りではない)
                      バンクーバーで気にもせず流れてくるくらい普通に馴染んでしまってきた「BLESS」が、ああもうテレビでは流れなくなるのかあ・・・とオリンピックの総集編を見て泣きつつ思っていたら、もうそんなの水に流しちゃってーな勢いで、新しい情報。
                      ラルクさんにしたって、TETSUYAさんにしたって。
                       (VAMPSさんとacidさんあたりはあまりつかめてません、すみません。あ、Kenちゃんは本並んでるのを見たよ。)

                      そりゃあ嬉しいったら、ありゃしないんですが。でもねでもね、追いつくのに大変;「活動休止?」と噂されていたのは何のことやら、ぶっ飛ばして行きますねえ。何個、その恐ろしい爆弾を保持してるんだ?何を企んでるんだ?と、どうでもいいことまで詮索してしまうファン心。っていうかベストアルバムも発売来週なんだってね!?今月末のDVDと同じくらいの発売日だと勘違いしてたわ・・・;

                      えっと、ペプシのCM。まだ見てないんだけど、今回は曲提供じゃなくてラルク達ご本人が出演ということで。しかも10年ぶりらしい。前のCMがなにか分からないけど、私はファンになって初の彼ら出演のCMをリアルタイムで見れるので嬉しいなあ。あー、キャノン?ボス?どこかそこら辺だよね、10年前とか。(いやいや、前者と後者でもだいぶ時代が違うぞ?)とりあえず明日からCMが今か今かと入らないかとドキドキしながら見てたいと思います。あ、あと提供番組調べて録画確保もしなきゃー!!まだペプシの公式サイトには行ってないんだけど、CM見れるのかな?何やら曲もあって、それがカバー曲とのこと。シンプルにロックな曲として選ばれたらしいですけど、カバー曲。この曲フルで聴ける日が来るのかなあ?そこのところも気になりますね。
                       

                      そんでもって実はモバイル会員なので昨日から知っていたTETSUYAさんの始動ニュース。第一弾シングルっていう書き方ということは第二弾、第三弾とあるのか!?意味深。そして待ちに待ってましたー!!!!

                      2010年7月 FIRST LIVE TOUR 決定
                       
                      うはは、嬉しすぎるよ、これは。ごめんなさい、今回の情報の中で一番嬉しいかも?ついに、ついにツアーやるんだね!!たぶんTETSUYAさんがツアーをやるっていうことの意味とかはなんにしろ、彼がそれをそれを決断するに至るまでの時間は半端なく長かったんじゃないかなあと思う。きっと石橋を叩いて渡るような、几帳面かつ繊細さを持つ彼だから。それでもライブをしたいと思ったのか、ライブを待ってくれるファンのためなのか、はたまた違う意味があるのかどうか知らないけど、(前回の2回あったライブはとっておきの大切な約束のためだったみたいだけど)あんな彼がやろうという気になってくれたんだもの、大大大歓迎。単独ツアーはないものとばかり思っていた、実際はやってほしいけど期待はしていなかったので嬉しさ倍増。全国のTETSUYAさんファンの方々、ついにきましたね、この日が!!!まあまだ詳細は発表になってないので、どんなツアーになるのか分かんないけれども、せっかくあの2日間のライブも行かなかったんだし、絶対1公演は行きたいところ。

                      7月までとにかくしゃかりきに頑張ります!
                       

                      BGM:叙情詩/L'Arc〜en〜Ciel
                      (拍手ありがとうございます!
                       
                       NHKのオリンピック総集編のハイライトで流れた「BLESS」があまりにも良かった。さすがNHKさん。まさにその映像と合わせて欲しかったのよー!みたいな感じで、録画しておけばよかったと後悔。今回はラルクさんがテーマ曲だったおかげもあってなのか、結構色々な競技を見たような気がする。悔いがあるにしろないにしろ、選手の皆さん本当にお疲れ様でした!!きっと今回の大会で得たものは次のなにかに繋がると思います。)

                      0
                        2010.03.02 Tuesday ... comments(0) / trackbacks(0)
                        << | 2/24 | >>